FA・ロボット

2009-02-13

ライバル出現!?

ある地方の会社を訪問した時のこと。

約束の時間よりも早く着いたので、受付の近くで
待機していると、若い男女2名が現れて、

「○社と申します。○○部長をお願いします!」

そんなに大きな声を出さなくても聞こえるよーと
言うくらいデカイ声で・・・。

「もしや、同業の?
 人事部長さんかな?対応するのは?」

と思いながら、様子を見ていると、3人は来客エリアへ
移動して、早速打合せが始まった。

やっぱり大きな声で・・・。
求人内容の会話が受付まで漏れ聞こえてくる。

「やっぱり!ライバル出現か!
 負けられないな!coldsweats01

 
 
僕はというと、この会社の社長さんにアポ!

「先程、待っている間に、求人内容がわかりました。」

「そうそう!じゃ説明いらないね。」

「いえいえ、ビジネスや業界のこと、求人の背景、
 会社の雰囲気、紹介に当って気をつけないと
 いけないこと、etc. いろいろ教えてください。」

   ・・・・・

「次回は、人事部さんともご挨拶させてください。」

とお願いして、帰ろうとした時に、社長さんが、

「ちょっと待ってて、・・・」

と出て行ったかと思ったら、人事部長さんと一緒に
戻ってきて、ご挨拶ができた!

当然、人事部長さんから質問が・・・。

「北田さんは、東京の会社ですよね。
 紹介の殆どは、東京ですよね。
 紹介できる人材はいるんですか?」

そんな質問をいただいて、ちょっと苦しい返答を
したのだが、

「でも、ちゃーーんと実績があるから!
 紹介できそうな人がいるから!
 来ているんです。
 わざわざ交通費を払って来る訳ない!」

なんて内心思いながら、帰りのタクシーの中で、

「これは勝負だな!
 あの人事部長さんは、ダメだろうと思っている。
 紹介したい!やりたい!
 どうだ!って言いたい!

 候補者になるのは、誰がいる?!」

グルグル考えながら帰ってきた。
 
 
さて、これで紹介できなければ

「やっぱりね!」

となるし、

紹介できれば、

「なかなかやるじゃん!」

と思ってもらえるだろうし・・・。
 
 
○社さんと鉢合わせになったこともあって、
僕の負けず嫌いがムクムクと起きてきた。
 
 
頑張るぞーーー!!!punch

地方の方、連絡お待ちしていますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-05

『北田のキャリア相談室(有料)』  いよいよ始めます!!!

北田のキャリア相談室(有料)』  
いよいよ始めます!!!


30歳で人材紹介のお仕事を始めさせていただいてから
早いもので20年が経過しました。


今までどれくらいの数の人にお会いしただろうか?
いろんな経験をさせていただきました。
いろんな悩みを持った人がいらっしゃいました。

(1)具体的に転職を考えていて、具体的な求人情報を
  求めて相談に来る人。
(2)転職は考えていないけれども、自分のキャリアや
  お仕事の中で何らかの悩みがあって、
  どうしたものだろうか?と相談に来る人。
 例)人事異動、社内申告、早期退職、定年、家族、etc.
(3)自分で転職活動をしているのだけれども、
  冷静な第三者の意見が欲しいと相談に来られる人。
(4)転職後もいろいろアドバイスをして欲しい・・・と
  相談に来られる人
(5)知人や家族のキャリアやお仕事のことで相談に
  来られる人etc.

幸い、(1)は私達のビジネスとさせていただき、
大変お世話になり、感謝しております。


(2)~(5)につきましては、私自身、人材紹介に
長く携わってきた人間として、ビジネスというよりは、
私自身のライフワークとして、これから、もっと積極的に
取り組んで行きたいと考えています。

転職を考えていなくても、キャリアやお仕事のことで、
悩むことはたくさんあるし、逆に、キャリアやお仕事の悩みを、
即、転職に結びつける必要はないと、常々思っています。
今のお仕事の中で、考え方や行動を変えることで、
解決に向かうことも多々あると思います。

もっと早く会って、アドバイスができる機会があったら、
あの人は転職しなくても良かったかもしれない・・・とか、
転職に失敗しなかったかもしれない・・・とか、
いろいろ考えさせられることもありました。

そんな思いを、何人かの人に相談もし、このブログでも
皆さんのご意見を頂戴し、今回、「北田のキャリア相談室」を
始めさせていただくことにしました。
少し料金を頂戴しますが、何卒ご理解の程、
よろしくお願い申し上げます。

尚、オフ・ビートの転職相談(無料)も、今まで以上に、
気楽にご利用ください。


それでは、始まり!始まり!

平日の夜、土日祝でもOKです。
お会いできるのを楽しみにしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-12-26

もらい泣き・・・

大変お世話になっているクライアントの
10周年記念パーティーに行ってきました。

パーティが開かれたホテルのツリーです。
     ↓
20071222180126


どうも年令のせいか? 元々の性格か?
涙腺が緩んでしまって・・・。


社長さんの挨拶、最初から社長さんが
ハンカチを目に当てている。

・・・と言え、持ち直して話始めた社長さん、
創業時のメンバーとの出会いについて話す時、
再度、目にハンカチを・・・。


「一度、一緒に仕事をしたが、どうしても
 立ち行かなくなって、解散したこと、

 何でも自分でできると慢心でやっていたが、
 どうしても仲間が必要になって、創業メンバーに
 話に行ったところ、快諾してくれたこと、
 その代わり、株を入れさせて欲しい・・と
 言われたこと、・・・」


涙をこらえながら話そうとする社長さんを見て、

「さぞ、大変だったんだろうなー・・・」

と思った瞬間に、僕の両目から、大粒の涙が
流れ落ちた・・・。

恥ずかしい! 他の人の顔が見られない!(笑)
 
 
パーティには、社員さん、社員さんのご家族、
来年の新卒内定者の人達も参加されていて
きっときっと、「この場に居て良かった!」と
思ったと思うのです。
 
 
「まんまと、この社長さんにやられちゃったな!」

と思いながら帰ってきました(笑)
 
 
 
 
実は、もっともっと嬉しいことがありました。

それは、僕らの紹介で、今年4月に入社した
2人が、とても元気そうにしている姿を見ることが
できたことでした。

いろいろご苦労もあるとは思いますが、
2人の笑顔がとても嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-12-22

世界を変えてやろう!

「世界を変えてやろう!」
「誰もやったことがないことをやってみたい!」
 
アメリカでは、そんな学生が多いそうです。


「今年のロボット」大賞2007>という
イベントに行ってきました。

以前、ここで紹介した、シリコンバレー在住の
フリージャーナリストの影木さんの特別講演が
ありました。

その中で、アメリカと日本の違いということで
学生や国民性の違いとして紹介されました。
何度も聞く話だけれども、

「まだまだそうなのか・・・?!」

とあらためて考えさせられました。
 
 
もう一つ話していたのは、

「アメリカの研究開発は、ソフトウェア重視、
 日本は、ハードウェア重視」

ということ。

 
2年ほど前に、東京大学で見た
アイボでサッカー」を思い出した。

同じハードウェア(アイボ)で、サッカーの強さを競う!
まさしく、ソフトウェアの開発力が勝負なのだ!
 
 
 
今年の受賞者の講演もあったのだが、ロボットの
開発の意義という観点から、アメリカでも日本でも
同じだということが一つあった。

それは、「人手不足!」ということ。

介護現場での人手不足、工場での人手不足、etc.

世の中のアチコチで、働く人が不足している。
その中で、ロボットで取って変われる仕事は
ロボットに任せる!
 
 
僕らの仕事も、ロボットやネットに奪われないように
頑張らないとね!

何でも、自分の仕事に置き換えて考えてしまいます(笑)
 
 
 
それにしても、ロボットは面白い!

先週、ネットベンチャーの社長さん達の忘年会で

「今の仕事を辞めたら、ロボットの開発をしたい!」
「僕もです!」
 
という社長さん達の会話を思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-12-20

6年も前の話なのに・・・!

あるベンチャー企業の社長さんからの電話!


「その節はお世話になりました。
 ご紹介いただいたYさんは、大活躍で
 彼が居なかったら、今の営業部門は
 なかったと思うくらいです。」

「いえいえ、ありがとうございます。
 本当に良かったです。」

「また、営業マンを紹介していただけませんか?
 彼ほどじゃなくても、性格の良い人がいれば
 是非ご紹介ください。
 第2新卒から35才位までの即戦力まで・・・。」

「年収はどれ位ですか?」

「Yの場合は、インセンティブを含めれば、
 1200~1300万円取ったこともありました。
 今もそれに近いですよ。」

  ・・・・・
 
 
 
本当に嬉しい&ありがたい話です。

Yさんは、「約6年前」に紹介した営業マンです。

「6年」も前ですよ!!!(驚)

彼の活躍のお陰で、この社長はいつも思い出して
くれて、お電話をいただきます。

 

思い出します。

転職相談に来た時、Yさんは29才。

彼は、この会社とは別に、自分で探してきた
医療系の会社からも内定をもらっていて、
どちらにするのか? をかなり悩んでいたのを、
必死に(強引に?・・・すみません)説得して、
この会社に行ってもらった記憶が・・・・。
 
その彼が、35才で、年収1000万円を越えている?!!

素晴らしいですね!

 
 
僕らが紹介した人材が、どういう活躍をするか?
企業からの僕らに対する評価が決まります!
 
皆さん! 頑張ってくださいーーーい! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-09-05

関西・中部遠征 初日! - どこも良い人材を探しています!

今日は、久しぶりの関西遠征!?
・・と言っても、お盆以来です。


大学の大先輩にお願いして、親会社の
人事部長さんを訪問させていただいた。

とても親切に対応していただいて、感謝!!!
エンジニアを中心に、管理部門も含めて
是非紹介をしたい!

もちろん、大学の大先輩の会社にも訪問、
「システム営業できる人材いない?」
と、宿題をもらってしまった。
 
 
午後は、僕らが紹介した人材を初めて
採用内定した会社の社長さんと人事の人に、
お礼方々訪問させていただいた。

しっかり、求人をいただきました。
2人目を早く紹介したい!
 
 
夕方から、転職相談の人と会った。

4月に新卒で入社したが、7月に退社して
悩んでいるMさん・・・。

そう言えば、東京でも同じような若者と
何人か会ったことがあるけど、皆何となく
自信をなくしているというか、どうしたら良いのか
わからなくなってしまっているような・・・。

「そんな自信なくす必要ないよ!

 世の中のことを殆ど何もわからないで選んだ
 会社だから、そういうこともあると思う。

 最初から何でもできる人はいないし、
 失敗しながら、少しずつ覚えていくものだと
 思うのだけれど・・・。」

そんな話をしてきたけれど、・・・。

少しでも元気出してくれたかなー!?!

  
 
夜は、京都に移動、Kさんの近況伺い。
いろいろあるようだけれど、思ったよりも
元気そうだ。笑顔でいろんな面白い話を
してくれた。

※ Kさんと会ったホテルの近くで、
   手塚治虫の展示が・・・。

070904_225418_m

 
明日は、どんな人と会えるかな?
楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-22

納涼屋形船 - 第5回‘北田’の食事会

今回は、47名もの大勢のご参加をいただき、
品川の船清さんの屋形船(おり姫)での食事会です。

あきない総研の吉田さんの乾杯の音頭で
賑やかな宴会の始まりです。
070721_006

ネット、ベンチャーキャピタル、ゲーム、商社、
スポーツ、アパレル、人材、臨床心理士、etc.
様々の業界から!!!

さらには、韓国、三重、佐渡島、大阪、etc.
国際&地方色豊かに!!!
070721_003_1


 
 
屋形船の楽しみは、やはり、とても美味しい
揚げたての天ぷらと、飲み放題のお酒!

そして、なんと言っても、綺麗な夜景です。

お台場沖には、たくさんの屋形船が出ていて
さらには、フジテレビ辺りの夜景は最高です。
070721_014


デッキに寝っころがって、「気持ちいいー!」
と奇声を上げる人、

しんみり夜景を観る人、
070721_013

サッカーのアジアカップの結果が気になって
ワンセグ携帯を見入っている人、etc.
(途中経過報告、ありがとうございました!)

それぞれの楽しみ方で・・・・!

070721_010


070721_011_1


070721_016


070721_009


070721_015_1

 
 
本当にありがとうございました!
0707211

 
 
PS. 今回のベストドレッサー賞!
    浴衣で登場の道明ちゃんです。
    格好良かったなー!
070721_001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-19

GetRoboブログ

GetRobo」というブログから、ロボットの開発や
市場動向に関する情報を発信している
影木准子(かげき・のりこ)さんにお会いした。

影木さんは、元日経新聞社の記者で、
シリコンバレーに在住、フリージャーナリストとして
活躍される傍ら、GetRoboを立ち上げられた。

今回の来日中に、第1回GetRoboフォーラムを
開催されるなど、積極的に活動されている中、
貴重な時間を作ってくださった。


「ロボットの開発に携わるエンジニアが不足している。」

「ロボット・FAに関するショーをやっても、米国では
 200人位しか集まらないが、日本では、東京国際
 フォーラムや展示場に、たくさんの人が訪れる。」

     ・・・・・・・・・

それに、僕らが大変お世話になっているS社の
情報もしっかりキャッチされていたり、

影木さんの日経新聞社時代の上司が、僕が何度か
お世話になった方だったり、

楽しい&貴重なお話をたくさん聞くことができた。
 
 
 
影木さん! 本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。
 
 
そしてそして、
影木さんを僕にご紹介してくださったGさん!
本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)