派遣

2009-06-10

月末月初が勝負!・・・だった・・・

昨日は、技術者の派遣会社の人と情報交換。


「景気の良い時は、月末月初だけきっちり
 仕事をしていたら儲かったんだけど・・・。

 6月末なら、翌々月(8月)から派遣技術者を
 求めている企業を探して営業して、どんどん
 決まって行った。

 月の中旬は、情報収集に集中できた。

 今は、関係なくなっちゃって、月末月初だろうが、
 月の中旬だろうが、人余り・・・。
 オフィスに人がいて・・・。

 逆に、契約切れを恐れながら、何とか継続して
 もらうことに必死なんだけれど、その努力の
 甲斐もなく、あっさり、契約期限切れ・・・。」


「今まで良い思いをしてきたんだから・・・。

 景気が悪くなったら、そうなることは予測できたと
 思うけれど、その時はそんなこと考えないんだよね。

 そう言えば、ある会社の面接で、
 
 『技術者を工数というか、人工で商売をしている
  時代じゃないよ!』

 と言っている役員さんがいたよ!」
 
 
「そうだけど・・・。一番わかり易いというか、
 営業した時に説得しやすいんですよね。」


そんな会話をしてきました。


 
景気悪くなれば、人材ビジネスの業績が落ちる。
一番最初に削減されるのが、人件費!
広告宣伝費も同じかな?!

人材ビジネスで長くやっていくためには、
その時のために備えをしておくか?
工夫をして乗り切るか?
 
 
あるいは、景気の良い時にがっちり儲けて、
さっと事業を辞めるのがいいかも?!
  
 
こんなことを言いながら、21年も人材ビジネスの
業界に身を置いていますhappy01

平成のバブル崩壊も経験。
あの時も同じような状況で、違うのは、人材会社が
増えすぎてしまいました。

 
どうやって特徴を出すか?
知る人ぞ知る、価値ある会社になりたいですね。

この会社はちょっと違うぞ!ってね!
 
 
よろしくお願いしますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-05-19

夜の派遣が儲かっている!?

昨日、お会いした2人から同じような話が・・・。


<Tさん>

「人材会社は、どこも大変ですよ。今は・・・」

「北田さん、そんなことないですよ!
 夜の派遣業が儲かっているらしいです。」

「それ、どんな仕事?」

「テレビ局なんかで、夜に書類の整理をするらしいです。
 昼間は何をやっていても良いというか、昼間は自由に
 やりたいというか、バンドをやっていたりする人が
 結構いらっしゃるそうです。」

「そうなんですね・・・。」


<Yさん>

「最近、夜の派遣が儲かってるらしいよ。」

「そうですよ。キャバクラなんかへの派遣があって
 女の子の募集やスケジュール管理なども
 アウトソーシングで請けたりして・・・。
 お店は何もする必要がなくて、結構、喜ばれて
 いるらしいです。」

「あっ・・・そっちの方ねcoldsweats01


 
 
どれくらい儲かるものなんでしょうか?

僕は、できないなーーcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-14

いろんな人がいるよねーー!?

人材派遣会社の人と、「半蔵門にこんなお店があるんだ」
というお店でランチしながら、こんな話で盛り上がりました。

「ほんと、いろんな人がいて、信じられないことが
 起こりますよね!」 

「そうだねー・・・。」

「寮にいた人が、コンビニでカロリーメイトを
 万引きして捕まったことがあって、警察へ
 身元引受人として行って、

 『お金に困っていたなら、相談してくれたら
  良かったのに!』

 って言うと、

 『迷惑を掛けると思って・・・』

 って言うけど、結果、迷惑を掛けてるし・・・。」


「僕も、『友達を紹介するから・・・』って言われて
 ノコノコついて行ったら、目黒の豪邸で、
 ある商品の販売促進のホームパーティ・・・。

 『北田さんも、僕らの仲間になって、この商品を
  売りませんか?そして、儲けて、海外へ一緒に
  旅行しましょう!』

 なんて、誘われてね・・・。」

 
「突然、寮から姿がなくなったり、自殺もあったかな?
 救急車を運転したことも・・・。」

「入社当日に、出社しなかったり、
 入社3日で勝手に辞めてしまったり、・・・。」

「あーー探偵みたいなこともしましたよ。
 出社してこないので、自宅に張り込んだり
 知り合いの家を探したり、・・・。」

「企業にもいろんな企業があるし・・・・・。」

    ・・・・

いやー話はつきません。
とても、ここでは書けないこともたくさんあります。

 
そんな経験をたくさんすると、自然に防衛反応というか、
自分で、「なんか怪しいな?」とか、感じるように
なってしまいます。

それが過剰反応をしている時は、人間不信とまでは
行かなくても、何でも確認しなければと思うように
なってしまって、逆に、自分自身が悲しくなるというか、
そう考えている自分が情けなくなることもあります。
 
でも、20年もやっていると、「仕事」として、合理的に
考えて、それをやりこなしてこそが、『プロなのかな?』
とも思っています。
 

あら・・・力入り過ぎ? 


 
爽やかで、楽しい仕事をたくさんしたいですね!happy01

みんなの役に立っていると実感できる紹介を!punch


20090414125137


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-03-16

深刻になってきました!?

どうも深刻になってきました。

転職相談に来られる方に、

「今まではどういう活動をされていましたか?」

と質問するのですが、

「もう80社程、書類を提出しました。」

という人が・・・ついに現れました。


少し前は、「40社に応募して・・・」と聞いて
ビックリしていましたが、・・・。


・・・で深刻というのは、不況でこれほど採用がなくなって
きているということではなくて(それもそうですが・・・)、

それよりも、

「自分はどういう会社だと採用してもらえるのか?
 どういう会社が必要としてくれるのか?」

ということをわからずに応募しているということ。


しかも、それを人材紹介会社が仲介していることが
大変多くなっているということ。


・・・ということは、人材紹介会社も、そこのコンサルタントも

「その人がどういう会社に採用されるのか?
 どういう会社がその人を必要としているのか?」

がわかっていないということ。


深刻ですcrying


もちろん、そんなことを言っていたら、紹介先がなくなっちゃうので
とにかく、ダメもと!で、なのかもしれないが・・・。
人材紹介会社も数字を上げなきゃいけない。


うーーーーーん・・・・・ これでいいのか?


・・・どんな人が困っているかというと、

(1) 職種によって違いはあるが、相対的に年齢が
高い人(45才以上)は案件が少ないために、
本当に優秀な人以外は、チャンスが少ない。

(2) 転職回数の多い人は、敬遠されがちである。
   30才未満で、すでに2回以上の転職をしてしまっている人、
   30才以上でも、3回以上の人はかなり厳しいと思う。

(3) ブランク(無職)の期間が長くなってしまった人。
6ヶ月以上になるとかなり厳しい。


これらの人がなぜ厳しいのか?の解説はあえてしないが、
では、こういう人はどうしたらよいのか?だけれど、
人材紹介会社を頼りにしないで、自分で企業に応募した方が
良いと思いますcoldsweats01

事実、今日も、

「人材紹介会社から紹介されるよりも、自分で応募した方が
書類審査を通過することが多いです。」

とおっしゃっている人とお会いしました。


よく考えてみればわかります。
企業は、人材紹介会社から人材を採用すると、
紹介料(決して安くない!)を払わなければなりませんが、
自分で応募してきた人は、支払いの必要がありません。

その代わり、企業の内情や実態、自分に合っているかどうか?
の冷静な判断はできないかもしれないというリスクはあります。


でも、こういう時期は、早く仕事に就くことが大切だと思います。
 


僕も変な人材コンサルタントですcoldsweats01

「僕らのような人材紹介会社を利用しないで、
 自分で応募した方が良いですよ」

なんてね・・・^^;
 
 
でも、ちゃんとアドバイスはさせていただきますし、
弊社の求人案件で、面白い案件(その人に関心を
示す可能性がある企業)があれば、全力で
紹介させていただきますpunch

お待ちしています!!!heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-01-22

『やる気』 と 『覚悟』

1週間位前だと思いますが、・・・、
テレビで新潟の半導体会社に派遣社員として
勤務していた女性が、派遣契約が切れて、
介護施設の正社員として働くという内容の
番組を観ました。


その女性が話していました。

「派遣契約をする時に、派遣先で担当する仕事が
 なくなれば、派遣契約を切られるということは
 理解して契約しているんです。

 いつかは正社員で働きたいとも、その時は
 思っているんですが・・・。

 実際に働き始めると、毎月給与も入ってくるし、
 ついつい惰性に流されてしまって・・・。

 正社員で働きたいです。」

 

この女性は、正社員を募集していた介護施設に
応募して合格しました。

でも、実際に入社して、全く経験のない仕事で、
研修中にも、作業の仕方や髪型・服装なども
注意され、おじいさんやおばあさんとの会話が
なかなか上手く行かなかったり、苦労の連続です。
  
 
彼女を採用した理由について、施設の責任者が、
はっきり言っていました。

「彼女に、『やる気』と『覚悟』を感じました。」
 
 
  
僕らもいろんな人の転職相談にのりますが、

「やる気はあります!」

という人は多いですが、

覚悟

を感じさせてくれる人はそんなに多くありませんcoldsweats01
 
 
 

皆さん、覚悟を決めて仕事していますか?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-09-04

中国の人、韓国の人、・・・

先月辺りから、なぜか外国人の方が、相談に来られる。
いずれも、中国人・韓国人の社長が経営している会社から
他社へ派遣?されていたプログラマーの人達・・・。


中国の人との会話・・・

「所属している会社が、仕事が取れなくて、
 来月から仕事がなくて、給料をもらえないんです。」

「正社員じゃないんですか?」

「契約というか・・・。
 正社員になると保険とか引かれて、給料が少なく
 なってしまうので、仕事ありきで働いています。」

「そっか!
 保険に払うよりも、できるだけたくさんお金が
 欲しいんだよね!」

「はい! そうです!
 お金をたくさん稼ぎたい!」

「中国へは帰らないの?」

「まだしばらくは、日本でお金を稼ぎたいです!」
 
 


韓国の人との会話・・・

「韓国は、今はどの業種も景気が悪い!
 兵役の後、教育機関でプログラミングと日本語の
 勉強をして、知人の紹介で、日本に来ました。
 でも、会社の業績悪化で、辞めることになって・・・。」

「兵役はどうでした?
 日本人の僕らには経験がないので、
 わからないけれど・・・」

「兵役は、団体生活を勉強するには、とても良いです。
 反面、2年間、仕事をするためのスキルは磨けないので
 出てきても、仕事に就くのが難しくなってしまうんです。」

「語学の勉強とか、プログラミングの勉強はさせて
 もらえないの? 以前、シンガポールの兵役では
 何ヶ国語かを勉強したりするように聞いたけれど・・。」

「韓国はないですね。
 最近は、少し始まったように聞きましたが・・・。」

「韓国には帰らないの?」

「本当に韓国は景気が悪いです。
 米国の景気が悪くなれば、すぐに韓国も影響を受ける。
 戻っても、なかなか良い仕事に就けないです。」


 
 
それぞれのお国事情というか、仕事に対する考え方が
日本人とは全然違うことを、改めて感じました。

逞しいというか、ハングリー精神というか、・・・punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-04

ワーキングプア

人材ビジネスに身を置く人間として、
最近気になる言葉の一つだったので
本屋さんで、NHKスペシャルが単行本化
されたこの本「ワーキングプア」を買って
読んでみた。


インターネット喫茶で毎夜過ごす若者、
いつまでこの生活を続けるのか?
・・・とは行っても、すぐに正社員として
採用してくれる企業はない、

地方に進出していた工場が閉鎖、
他に募集している企業はなく、

子供を抱えて離婚した女性が、
複数のパートをしながら、
必死に子供を育てる、

中国などのアジアから、研修性として
やってきて、日本人の雇用を奪って行く、
その中国の人達も、正規よりも安い
給料で働いている、

もらえる年金が少なく、アルミの空き缶を
集めて、生活費にしている、

親はいるけれども、親からの児童虐待で
養護施設で暮らすことが多くなっている、

   ・・・・・

などなど、考えさせられることが多い。


実は、最近、20才代で2社・3社と転職を
する人が多く、この人達が、40才になったら
どうなっているのだろう?

と、お節介オジサンの僕は、気になっている。


もちろん、転職にはそれなりの理由が
あるのだけれども、

僕らの仕事をしていると、転職回数の多さは
さらに転職をする時の致命的な障害となることに
何度も直面しているからだ。

ましてや、年令が上がれば、収入も増えて
行かないと、家族を養って行けなくなる。

  ・・・・・


今日も、そんなことをボーっと考えていた。

皆さん、どう思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-31

飛び込み営業・・・ご苦労様です!

本当に飛び込みの営業が多くなった!

ピンポーン!

「この辺を担当しているものですが・・・」
「何の用?」
「求人広告のご案内です。」
「うち、人材会社なんですが・・・。」
   ・・・・・

そんな会話が毎日繰り返される。

en-japanさん、JACさん、リクルートさん、etc.
皆さん、大手企業だ・・・。


「ここから先は、履歴書&職務経歴書を
 持ってくれば、入れます・・・(笑)」

なんて、僕は冗談を言って、帰ってもらいます。
(未だに、履歴書を持ってきた人はいませんが・・・。)
 
 
 
 
飛び込み営業の電話も多い!

「社長さんは、いらっしゃいますか?」
「社長は、外出中ですが(居留守)、
 ご用件は何ですか?」
「・・・・」

とか、

「北田社長はいらっしゃいますか?」
「はい、私ですけど、何の御用ですか?」
「今日は、御社のHPを見させていただいて
 SEOのご提案を・・・」
「もうそんな電話ばかりで、結構です。」
「・・・・」

とか、・・・

それ以外には、個人投資用マンション、
転職サイト、求人広告、融資、etc.



その度に、頑張ってるなー!  ・・と思う反面、

確かに、飛び込み営業は、営業の基本の一つ
かもしれないが、この営業の人達は、これで
いいのかな? と思うことも多い!
 
 
 
皆さん、本当にご苦労様です。

仕事で悩んだら、迷わず、
履歴書&職務経歴書を持って、
僕の所へお越しください!

もっと高度な面白い仕事に
チャレンジできます!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-30

フリーターの若者を正社員に!

ある派遣会社の社長さんとのお話。

「うちはフリーターの若い子達が
 いっぱい登録していて、空港や工場、
 オフィスへ派遣させてもらっているんだけれど・・・。

 若い子達を見ていると、何とか正社員で
 働かせてあげられないかと思う。

 確かにキャリアはないけど、性格の良い子も
 たくさんいて ・・・。」


「そうですよね!
 でも、僕らに来る求人は、経験者を探していたり
 結構、学歴も問題になることも多い・・・。

 逆に、未経験の案件があっても、思い切って
 飛び込んでいけない人もいて、勿体無い!と
 思うことも何度かあります。」


「自信がないんだと思います。
 本当にその会社で働いていけるだろうか?
 前の会社のように、変な会社だったら嫌だな!
 ・・・なんて考えてしまう。

 ちょっと背中を押してあげないといけないかも・・。」


「まずは、正社員になって、修行というか
 正社員で働いたという実績を作ることが大切で、
 そこで自信も付けてもらって、次のステップへの
 足がかりを作ればいいのですが・・・。

 僕は、『2ステップで考えようよ!』って
 アドバイスすることが多いです。」

 
 
何とか正社員に!  僕も思います! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)