故郷

2009-05-05

ちょうあんDOG & お墓参り

前回の食事会で、横先輩が、「お墓参りをしなさい!」と
言っていたので、素直に行ってきましたhappy01

僕:「墓参り行こう!」
母:「お前が、墓参りだなんて・・・、
   気持ち悪いこと言わんといて!」

という会話をしながら、お墓の草を刈るための
鎌と手袋、もちろん、お花も持って・・・。

頑張って、草を刈って、鎌で指を切ってしまったcoldsweats02
「情けないなーー! 慣れない事をすると・・・」
と思いながらも、ちょっと満足!

でも、お墓はあまり綺麗にし過ぎるといけないようで
僕のようないい加減な掃除が良いそうです・・・coldsweats01
 
 
 
そんなGWだったが、もう一つ、僕の気持ちを
爽やかにすることがありました。

20090503160445

電車をJR和歌山駅で降りて、外に出てみると、
爽やかな歌声が聞こえてきた。

「誰だ?」と思いながら、見ると、若者がたくさん集まって
一緒に口ずさみながら、手拍子を・・・。
路上ライブshine

和歌山駅前は、都会の駅に比べて、いつもはひっそり
しているのだが、なんか、パーーっと明るい感じがして
近くに寄って、僕もしばらく聞き入ってしまった。

となりの人に、「なんていう人達?」って聞くと、

ちょうあんDOG」 というらしい。


既に、CDデビューしていて、もしかしたら、これから
ブレイクするかも!? なんて思いました。

20090503160519


ブレイクしたら、いいのになーーーshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-12-24

ポンポン菓子と小さいみかん

和歌山の実家へ帰る途中に、中学・高校・大学と
同級だったK君と、やっぱり、高校で同級のT君の
お店で待合せて、食事した。

20081223210347

T君が、

「めずらしもん見せたるわ!」

と言って持ってきたのが、ポンポン菓子(写真上)。

「珍しな!関東じゃ、ポンポン菓子をやってるの
 見たことないでー。
 ちっちゃい頃に、近所のお寺の広場で、いつ爆発?
 するかと、耳に栓して、ドキドキしながら
 出来上がりを待ってたのが懐かしな・・・happy01

と、僕もすっかり和歌山弁coldsweats01

「もういっこ、美味いみかんや・・・。」

と言いながら持ってきたのが、小さいみかんshine(写真下)

「こういう小さて、皮の薄いみかんが、ほんまに
 美味いんやなー。関東じゃ売ってない。
 大きくて皮が厚いのしか売ってない。
 美味ないねん。絶対に買えへんで!」

実家に持って帰って食べたら、本当に美味しかったdelicious
 
 
K君とは、お互いの仕事に近い? 話をして
結構、楽しいと言うか、エネルギーが沸いてきますpunch
 
 
お好み焼き&焼きそば、関東炊き(おでん)、
ラーメンを食べたのだけれど、・・・。

「○○商店のラーメンより、T君ところの
 ラーメンの方が、俺は美味いと思うけどな・・・。」

「そりゃ、口に合うかどうかというか、好みやからな!」

謙虚なT君でした。
 
 
K君、T君、ありがとう!
また、行きましょう!&行きますね!heart04
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-03

か・だ・ら ?

高校時代に3年間ずっと同じクラスだった友人と会った。
和歌山から関東に出てきた時の「言葉の苦労話」で
盛り上がった。


<その1 : 友人>

「和歌山の人は、なんと言っても、
 『か・だ・ら』 だよな!
 『か・ら・だ』 って言えないんだよね・・・coldsweats01

そう!

「かだら」 は 「からだ=体」 のことなんです。
 
 
 
<その2 : 友人>

「大学の時に、サッカーをやろう!ということになって
 サッカーボールがなかったので、

 『どこかでサッカーボールを かって くるよ』

 って言ったら、『お金持ってるか?』 って聞かれて
 『いや・・・かって くるから!』 って言ったら
 ポカーーン!とされちゃって・・・。」

そう! 

「かってくる」 は 「かりてくる=借りてくる」 
のことなんです。

でも、「かってくる」=「買ってくる」ですよね!
 
 
 
<その3 : 僕>

「僕は、なんと言っても、
 みんなでご飯を食べに行って、

 『あーーお腹大きくなった!』

 って言ったら、ポカーンとされちゃって・・・。
 『誰か妊娠したの?』って本気で聞かれたよ。」
 
そう!

「お腹大きくなった」=「満腹になった」 なんです。
 
 
 
そんな話がつきませんでした。

地方出身の方なら、同じようなことあるかな?
機会があったら、教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-12-11

面白い話あります?!

「面白い話あります?
 12月10日空いています?
 N (アトランタより) 」

久しぶりに高校の同級生からメールが来た。

「なんだ?ぶっきらぼうな・・・。
 転職を考えてるのかな?
 この年になって、大人しくしてればいいのに!」

なんて思いながら、Nからの指定場所である
日本橋紅とん」に入った途端に、

「ごめんなー・・。こんな店だとは思わなかった。
 名古屋にある『日本橋紅とん』はもっと感じがいい
 お店なんだけどなー・・・。ごめんなー(笑)」

「えーー? 全然、OKだよ!
 一度、来てみたかったんだよ!
 ところで、何かあったの?」

「名古屋転勤になったよ!」

「名古屋に行きたくないから、転職したいの?」

「違うよ!そんなヤワじゃない!

 俺さー、20年近く自動車メーカー相手に
 商売させてもらってるけど、自動車って
 排気ガス撒き散らして、環境に良くないし、
 そんな分野でこのまま商売してても
 いいのかな? って思ってる。

 自分の車も手放したもん!」

「ははは!
 何ヤワなこと言ってるの?(笑)

 そんなこと、20年いや、10年前に考えろ!
 散々儲けてから、今更や!!!

 でも、環境問題は大切だよ!」

「いやー・・・、
 50才目前になるといろいろ考えるねん!」

「そーやなー・・・」


和歌山弁丸出しで、その後も、政治のこと、
仕事のこと、同級生のことで、話は大いに
盛り上がって・・・、結構、飲んだな!

Nとは、3年間ずっと同じクラスで、大学の時は
全然会ったことはなかったが、社会人になって
お互いに関東にいるということがわかってからは
年に何回かはこうして会うようになった。

好きなことを言い合って、結構、ストレス発散に
なりましたー!(笑)


「次回は、単身赴任先の名古屋で飲もう!」


※和歌山の同級生が、この写真を見たら
  「2人ともオヤジになったな!」って
  思うだろうね(笑)

20071210211348

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-10-27

元祖長浜屋ラーメン

久しぶり?1年ぶり?の博多・・・。

「中洲に、美味しい屋台のラーメン屋さんは
 ないですかー? ここが一番お勧め!って
 いうお店はないですかー?」

と僕が質問したところ、

「中洲なんか美味しくないよ!
 連れて行ってあげるよ!」

と言われて、タクシーに乗って連れて行って
くれたお店が、「元祖長浜屋ラーメン

071023_223443_m


「ななな・・・なんと、400円!!!」

入口の販売機で食券を買って、店内に入るけれど
案内もされず、席に座って待っていると、二人前の
ラーメンが運ばれてくる。

071023_223806_m


味も美味い!!!

替え玉を注文している人も多い!
 
 
 
「東京に行ってラーメンを食べようとすると
 まずは、値段にビックリ! 高い!

 味はどうか?というと、???なんですよ!

 僕はこのお店が大好きです。」

と、連れて行ってくれた人が言っていた。
 
 
次回もまた行きたいと思うが、博多の地理が
今ひとつ理解できていない僕は、やっぱり
タクシーに乗ってしまうのだろうか?


皆さんも、博多に行った時は、どうぞ!!!

071023_223428_m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-09-30

武士道・・・

本屋さんをウロウロしていると「武士道」という
タイトルの本が何冊か並べられていた。

「武士道なんて、今の時代にどうかな?
 ・・・と言うより、そんな言葉を忘れていたな!
 武士道を感じることってないなー・・・・・・?!」

なんて思いながら、津本陽さんが書いた本を
買って読んだ。


 
正直、「武士道」ということよりも、和歌山県出身の
津本さんに興味があったというか、思い出があったから・・・。

実は、大学時代に読んだ「深重の海」という
津本さんが直木賞を取った本がとても記憶に
残っていた。

熊野灘に現れる巨大な鯨に、小船に乗った
何百人の男達が、立ち向かうのだが、遭難し、
古式捕鯨が廃れていったという話なのだが、

生死のギリギリのところで戦っている
和歌山の男達がいたということが、
凄く印象に残っている。
 
128001

話は戻って、「武士道」とは?

本に書かれていることをそのまま引用すると、

「常に死と直面し、死を恐れ、死の恐怖と戦い、
 その生死ぎりぎりのところで生まれた精神
 (スピリット)である。

 生きのびる道があってもあえて死を選ぶ。

 我が身は滅ぶとも、後人の記憶の中に
 生きるために死ぬのである。

 それは、何より強烈な『生きる意志力』である。」
 
 
今の時代は・・・?
自分は・・・?

・・・・・なんて考えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-29

選挙になると連絡が・・・

高校時代の同級生のNくん

3年間同じクラスだったこと、
お互いに関東に就職したこともあって、
今でもお付合いをさせてもらっている。

そのNくんは、選挙になるといつも連絡をくれる。
理由はご想像にお任せしますが、
最初のうちは、

「選挙の時しか連絡くれないねー(笑)」

なんて、嫌味を言っていたのだけれど、
最近は、Nくんも僕も慣れたもので、
電話で楽しい会話で、盛り上がることができる。

「たまには、会おうや!」

「そうやね。Mちゃんも呼ぼうよ!」

「メールで連絡するよ!」

   ・・・・・


今、テレビは、自民党の大敗を報じているが、

そんな選挙が、高校の同級生との距離を
縮めてくれていることに感謝している(笑)

再会が楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-16

台風一過・・・

僕は何となく台風が怖い・・・(笑)

小学校低学年の頃だったと思う・・・。

僕の実家では、大きな台風が接近すると
風で物が飛んできたり、強風で、ガラスが
割れないようにするために、父親が、
玄関や窓に板を打ち付けて、台風に備えていた。

(台風がくると一大イベントのようだった)


ある強い台風が来た時、
ヒュー!ヒュー!ヒュー! と不気味な音がする度に

なんと! 
玄関の木製の戸が、大きく曲がって、今にも
レールから外れて、家の中に飛んで来そうなのだ。

僕は子供ながらに、戸を押さえに行こうとすると

  「あほー!危ないからこっちに来い!」

と父親に怒鳴られた・・・。

 
あの時の「戸が大きく曲がって飛んで来そうな」
光景が今も忘れられない。

そんな体験のトラウマなのか、台風が来ると
何となく心配になる。
 
 
今回の台風も母親に聞いてみた。

「大丈夫だった?」

「板打ったのに、大したことなかったでー」

「もう打たなくてもいいんじゃない?」

「そんなことないで!
 物飛んできてガラス割れたらどうすんのよ?」
 
 
僕の実家は、今も、板を打って台風に備えている。

皆さんのお家は大丈夫でしたか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-06-08

故郷へ帰れない・・・!?

日本に来て14年・・・。

日本に語学留学、卒業後もそのまま就職して
帰化して日本国籍を取得した人とお会いする
機会があった。


「中国へは帰らないんですか?」

「もう、帰れないです。
 帰ってもペースが合わないというか、
 話が合わないというか、
   ・・・・・
 日本に馴染んでしまったというか・・・。」


「僕も、日本国内ですが・・・(笑)
 故郷の和歌山に帰れないんです。

 生活のペースが合わないというか、
 会話が合わないというか、
    ・・・・・
 どうしても、タイムマシーンで
 昔に戻ってしまうような錯覚が起こる。
    ・・・・・               
 故郷は故郷の良さはもちろんあるけど
 そこで仕事をしている自分の姿が、想像
 できないんです(涙) 」


 
同じようなことを話す中国の人と会って
ちょっと不思議に思った。
 
 

「仕事を離れても、お友達でいましょう!」

とその人が言ってくれたのが、印象に残った。
 

| | コメント (3)

2006-12-16

和歌山県知事選挙・・・

大阪に出張したので、ちょっと足を伸ばして
和歌山の実家に帰った。

夜11時頃に、JR和歌山線の粉河駅に降りると
県知事選挙のノボリが・・・。

061215_230505_m


そうなんだ!
県知事が辞職&逮捕されて、まだそんなに経って
いないような気がしたが、明日17日が投票日らしい。

どんな人が立候補してるのかな?
和歌山の人が立候補してるのかな?
パリッとした人が知事になったらいいのにな・・・。

出身地のことは気になって、勝手にいろいろ考える。


関東に住んでいて、あまり良い和歌山のニュースは
聞かない・・・。 悲しい・・・。

毒入りカレー事件、県知事の逮捕・・・。
たまに、智弁和歌山高校が、甲子園で活躍するくらい。


帰省の度に、何となく元気がないような、少しずつ寂れて
行っているような感じがする。


和歌山の皆さん、気のせいだったらゴメンナサイ!


帰りは、学生の頃に使っていた最寄駅の名手駅から
電車に乗って帰ってきた。

無人駅です。

061216_101941_m

頑張れ! 和歌山!!!
頑張れ! 和歌山!!!
頑張れ! 和歌山!!!


続きを読む "和歌山県知事選挙・・・"

| | コメント (2)