文化・芸術

2009-04-07

幼児性も必要だよ!?

ある会社の役員さんと食事をした時のこと、
なぜかカラオケの話に・・・。


「光GENJI の『ガラスの十代』って知ってる?
 カラオケで歌うんだよ。」

「すみません・・・知らないです・・・。」

「この人は、幼児性がないからね・・・。
 幼児性があったら、いいのになー・・・happy01

「『パラダイス銀河』は知ってるんですが・・・。」
 
 

そんな会話をしたのだけれど、

「僕って、幼児性がないように見えるんだな。
 しっかりしているような、大人のような感じに
 見えてるのかな?

 自分じゃ、そうじゃないように思っているけど、
 確かに幼児的なところを見せるのが、ちょっと
 照れくさいというか、恥ずかしいと言うか・・・。」

勉強になりました。
 
 
皆さんは、幼児性・・・持っていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-07-03

上海 - 番外編

初めての上海・中国ということで、
いろいろ戸惑うことや信じられないことも
あったりして、ホント!勉強になりましたcoldsweats01

0806291_001

まずは、車の運転でしょうか?car
タクシーに乗っていても、道路を歩いていても、
「危ない!」って何度思ったことか・・・。

とにかく、自転車や人が歩いているすぐそばを
車が結構なスピードで通り過ぎたり、交差点へは
先に頭を突っ込んだ方が優先だったり、
自転車や人も避ける気配もなく、堂々と・・・。

「車の運転が乱暴ですね・・・」
「上海はまだ良い方ですよ!
 他の場所は、もっと酷いというか、信号無視も
 結構あったりして・・・。」
「そうなの?
 僕は中国で車の運転はできないな・・・」

そんな会話を交わしました・・・。

 


その他にもいろいろ・・・coldsweats02
 
 
subway地下鉄

切符の自動販売機に並んでいると、平気で前に
割り込んでくる。後に並んでいるという意識がない。
どうも、タッチパネルに先に触れた人が優先?
もしくは、先にお金を入れた人が優先?

地下鉄車内は、凄く冷房が効いています。
「寒ーーい!」と思ったけれど、みんな平気?
日中は特に乗客が少ないので、冷えているそうです。
ラッシュ時はこれでも暑いそうです。

そうそう、地下鉄の中でも、携帯電話mobilephoneは通じます。
大きな声で話しています。
ちなみに、エレベーターの中でも、携帯が通じます。

続きを読む "上海 - 番外編"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008-06-29

上海市内半日ツアー

夕方まで時間があってので、JTBの半日ツアーに
参加してみました。 400元でした。

1人だけかな? と心配していたのですが、
クアラルンプールから来られたKさんと2人で
楽しい時間を過ごすことができました。

玉佛禅寺、豫園、中国茶のお店を4時間で回りました。

お寺の壁は、金色に塗られています。
   ↓
080628_010

080628_004_3


最近は、年配の人だけでなく、若い人がたくさん参拝に
訪れるそうです(悩みが多いのかな?)


豫園は、たくさんの外国人で溢れていました。
ガイドさんも、英語、日本語、イタリア語、フランス語と
多彩でちょっと驚きました。
   ↓
080628_014_3

080628_019_3

中国茶の入れ方&飲み方を教えてもらいました。
   ↓
080628_028_2


でも、これは中国茶を売るためのデモのようなもの!
実演の後は、強力な売込みがあります。

ちょっと意地悪してsmile

「お茶は日本にだってたくさんあるし、美味しいよ!」

って言うと、

「中国茶の方が、体に良いし、美味しいですよ!」

反撃にあいましたcoldsweats01


プーアール茶は、花のように開いて、ちょっと感動sign03
   ↓
080628_029

お茶を飲んだ場所から、浦東の高層ビルが見えました。
上海は、伝統的な古い建物と、新しい高層ビルが
接近していて、そのコントラストが何とも不思議です。
   ↓

080628_031
080628_026


続きを読む "上海市内半日ツアー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-09-30

武士道・・・

本屋さんをウロウロしていると「武士道」という
タイトルの本が何冊か並べられていた。

「武士道なんて、今の時代にどうかな?
 ・・・と言うより、そんな言葉を忘れていたな!
 武士道を感じることってないなー・・・・・・?!」

なんて思いながら、津本陽さんが書いた本を
買って読んだ。


 
正直、「武士道」ということよりも、和歌山県出身の
津本さんに興味があったというか、思い出があったから・・・。

実は、大学時代に読んだ「深重の海」という
津本さんが直木賞を取った本がとても記憶に
残っていた。

熊野灘に現れる巨大な鯨に、小船に乗った
何百人の男達が、立ち向かうのだが、遭難し、
古式捕鯨が廃れていったという話なのだが、

生死のギリギリのところで戦っている
和歌山の男達がいたということが、
凄く印象に残っている。
 
128001

話は戻って、「武士道」とは?

本に書かれていることをそのまま引用すると、

「常に死と直面し、死を恐れ、死の恐怖と戦い、
 その生死ぎりぎりのところで生まれた精神
 (スピリット)である。

 生きのびる道があってもあえて死を選ぶ。

 我が身は滅ぶとも、後人の記憶の中に
 生きるために死ぬのである。

 それは、何より強烈な『生きる意志力』である。」
 
 
今の時代は・・・?
自分は・・・?

・・・・・なんて考えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-06-09

書家の紫舟さん レセプションパーティ

070608_001


ネオスケープの小室さんから久しぶりの案内メール

「企画のお手伝いをした『書家の紫舟さん』に
 フィーチャーした、GALLERY OF SPCプロジェクト
 『HAPPY BLOOM EXBIHION』のオープニング
 パーティを、青山のプロモアルテギャラリーにて
 開催いたします。
 是非お越しください。」


書家なんて、僕には全く縁のない世界で、
そのレセプションパーティなんて、
「場違いかな?」と思いつつ、興味津々で
出かけて行った。 

070608_003


玄関で記帳、紫舟さんの説明を聞きつつ
作品を見て、・・・。

全く知識のない僕でも、何となく心が
落ち着いて、癒されるというか、
不思議な気分だった。

070608_004


こういう芸術に触れる機会も増やさなくては!


070608_002


| | コメント (0)

2007-06-08

故郷へ帰れない・・・!?

日本に来て14年・・・。

日本に語学留学、卒業後もそのまま就職して
帰化して日本国籍を取得した人とお会いする
機会があった。


「中国へは帰らないんですか?」

「もう、帰れないです。
 帰ってもペースが合わないというか、
 話が合わないというか、
   ・・・・・
 日本に馴染んでしまったというか・・・。」


「僕も、日本国内ですが・・・(笑)
 故郷の和歌山に帰れないんです。

 生活のペースが合わないというか、
 会話が合わないというか、
    ・・・・・
 どうしても、タイムマシーンで
 昔に戻ってしまうような錯覚が起こる。
    ・・・・・               
 故郷は故郷の良さはもちろんあるけど
 そこで仕事をしている自分の姿が、想像
 できないんです(涙) 」


 
同じようなことを話す中国の人と会って
ちょっと不思議に思った。
 
 

「仕事を離れても、お友達でいましょう!」

とその人が言ってくれたのが、印象に残った。
 

| | コメント (3)

2007-05-28

今日は、乙女座が・・・(涙)

出勤前に、フジテレビの「めざましテレビ」の
AM6:58からの「今日の占い」をよく観る。

今日も、高島彩アナウンサーが

「ごめんさい。
 今日、最も運勢が悪いのは、
 乙女座でーーす!」

と明るい声で言っていた。

 
 
実は、以前、乙女座が最悪の日に
ハプニングがあって(秘密!)、
僕の心に残っていて、

「今日は、ハプニングがないように!」

なんて思いながら、会社へ向かったのだが・・・。
 
 
 
午前中に、「ZARDの坂井泉水さんが亡くなった」
というニュース・・・。

「ガンと闘っていたんだー・・・。
 転落して、脳挫傷!?
 まだ40才、早すぎるよ!」

と思いつつ、道明ちゃんと四元ちゃんの

「でも、プライベートは謎めいていたような・・・。
 松田聖子と親戚だったんだよね。
 これでまた伝説ができた・・・。」

なんていう話を聞きながら、

「負けないで・・・♪♪♪」

思い出していた。
 
 
 
 
・・・というのも束の間、ランチを取って
事務所に戻ってくると、

「松岡農水相 自殺図る!」

のニュースが入ってきた・・・。


「何も自殺しなくても・・・。
 もっと早く辞任すればよかったのに・・・。
 安倍首相も早く辞めさせてあげたらよかったのに・・・。
 光熱費問題以外にも、何かあったのかな?
 緑資源機構の談合問題で何かあったかな?」

政治のことはよくわからない僕だけど、
公表できない何かがあったんだな!
ということくらいは、推測がつく。
 
 
帰宅して、ニュースを観ていると、安倍首相の

「警察の捜査が入ったとか、
 これから捜査に入るとか、
 そういうことはなかったことを
 松岡さんの名誉のためにお伝えします。」

というインタビューが流れていた。
 
 
「ずーーと庇い続けた
 安倍首相って凄いかも!?」 

と思ったりした。
 
 
 
「カンヌ映画祭 河瀬監督 グランプリ!」

という良いニュースも薄れてしまうのが
とても残念に思った。

 
 
何となく、変な1日・・・。
世の中が大きく動く前兆か・・・?
 
 
明日は、良い日になりますように!!!


 
 

 


| | コメント (0)