« 自分の反省を踏まえた転職理由・・・!? | トップページ | 帰国するか? しないか?  »

2009-04-27

プロがいない!  SE/プロジェクトマネージャー

先日あるパーティで同じテーブルで食事をした
社長さんが、ずーーっと、ぼやいていました。

「真のプロジェクトマネージャーがいなくなった!
 お客さんのスペック変更や追加を、平気で
 そのまま聞いてきて、開発部隊に指示して
 『納期が延びてしまう。』と言って悩んでいる。

 お客さんだって、6月1日にシステム動かないと
 大変なことになってしまうというか、システムを
 作ったメリットが出ないのに・・・。

 ちゃんと、論理的に説明をして、逆に、お客さんに
 提案をしてくるくらいでないといけないのに・・・。」


あまりの力説に、

「そうですねー・・・coldsweats02

としか言えなかったのですが、

「今の『SE』と言っているのは、本当の『SE』じゃない!
 本当の『プロジェクトマネージャー』じゃない!」

お酒も入っていたからか、益々、語気を荒げて・・・。
 
 
 
よくよく考えてみると、確かにそうである!

システムを腕っ節で作り上げられる
『スーパープログラマー』は、時々見掛けるけれども、

大人数(50~100名)の開発部隊(個性豊かなエンジニア)
をまとめて引っ張っていける人材が、少なくなってしまって
いるように感じる。


「そういう人がいれば、いくら払ってもいいけど・・」

と言うのは、ちょっとオーバーだけれど、

「100万円/月~150万円/月 給料を出してもいい!」

という会社はたくさんあるだろう!!!
 
 
 
そういうSE/プロジェクトマネージャーになるためには
時間が掛るというか、一気にそうなれるのではなく、
5年~10年は掛るだろう。

それを、じっくり育てられるか? 本人も我慢して
時間を掛けて成長して行こうと思うか?

ここのところが、難しい・・・。

 
でも、これが、本当のキャリアアップだと思うのです。
 
 
ああー優秀なSE/プロジェクトマネージャーに会いたい!punch

|

« 自分の反省を踏まえた転職理由・・・!? | トップページ | 帰国するか? しないか?  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/44813520

この記事へのトラックバック一覧です: プロがいない!  SE/プロジェクトマネージャー:

« 自分の反省を踏まえた転職理由・・・!? | トップページ | 帰国するか? しないか?  »