« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009-04-28

帰国するか? しないか? 

昨年、上海に行った時にお世話になった人が
一時帰国と言うことで、オフィスに訪ねてきて
くれました。


「今回の豚インフルエンザが心配なんです。
 WHOの警戒水準が、フェーズ4に引き上げ
 られて、・・・、これだけ人が動いていて、
 心配ですよね。

 海外に赴任している身からすると、
 早めに日本へ帰るか? そのままずっと
 赴任先に残るのか?を、早急に決めなければ
 ならないんです。

 どちらかなんです!」

 
「そっか・・・。
 僕なんてまだ他人事のように思っているけど
 海外に赴任している人達は、そういう問題に
 直面しているんですね。」


「どこの会社も、どう対応するか、考えていると
 思いますよ。」
 
 
「そう言えば、先日、病院に行った時に、
 お医者さんが、事務の人に
 『タミフルを多目に頼んでおいて!』
 って言っていましたよ。

 『豚インフルエンザですか?』
 って聞いたら、

 『僕は、鳥インフルエンザはあまり心配して
 いなかったけれど、今回の豚インフルエンザは
 ちょっと心配なんで、多目にタミフルを注文
 しておこうと・・・』
 って言っていました。」

 
僕のように脳天気だといけませんね!
ちゃんと考えないと!
 
 
豚インフルエンザのニュースは、関心を持って
しっかり観ましょう!!!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-27

プロがいない!  SE/プロジェクトマネージャー

先日あるパーティで同じテーブルで食事をした
社長さんが、ずーーっと、ぼやいていました。

「真のプロジェクトマネージャーがいなくなった!
 お客さんのスペック変更や追加を、平気で
 そのまま聞いてきて、開発部隊に指示して
 『納期が延びてしまう。』と言って悩んでいる。

 お客さんだって、6月1日にシステム動かないと
 大変なことになってしまうというか、システムを
 作ったメリットが出ないのに・・・。

 ちゃんと、論理的に説明をして、逆に、お客さんに
 提案をしてくるくらいでないといけないのに・・・。」


あまりの力説に、

「そうですねー・・・coldsweats02

としか言えなかったのですが、

「今の『SE』と言っているのは、本当の『SE』じゃない!
 本当の『プロジェクトマネージャー』じゃない!」

お酒も入っていたからか、益々、語気を荒げて・・・。
 
 
 
よくよく考えてみると、確かにそうである!

システムを腕っ節で作り上げられる
『スーパープログラマー』は、時々見掛けるけれども、

大人数(50~100名)の開発部隊(個性豊かなエンジニア)
をまとめて引っ張っていける人材が、少なくなってしまって
いるように感じる。


「そういう人がいれば、いくら払ってもいいけど・・」

と言うのは、ちょっとオーバーだけれど、

「100万円/月~150万円/月 給料を出してもいい!」

という会社はたくさんあるだろう!!!
 
 
 
そういうSE/プロジェクトマネージャーになるためには
時間が掛るというか、一気にそうなれるのではなく、
5年~10年は掛るだろう。

それを、じっくり育てられるか? 本人も我慢して
時間を掛けて成長して行こうと思うか?

ここのところが、難しい・・・。

 
でも、これが、本当のキャリアアップだと思うのです。
 
 
ああー優秀なSE/プロジェクトマネージャーに会いたい!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-24

自分の反省を踏まえた転職理由・・・!?

「こんなことを話したら、不利になると思いますが・・・。」

転職相談に来られる人に、転職理由を聞いた時に、
こんな風に話し始める人が多くなりました。

これって、どういう心理でしょう?

不利になると思っていても、「正確に話さなきゃ」、
「嘘をついちゃいけない」と思っている?
それとも、自分のことをわかって欲しい?

きっといろんな心理が働いていると思うのですが・・・。
 
 
 
実は、僕は、誰が聞いても納得できるような
完璧な転職理由はないと思っています。

転職相談に来られた人と、よくこんな会話をします。
ちょっと意地悪かもしれませんが・・・(すみません)coldsweats01
 
 
「入社してみたら、入社前のイメージと違って・・。」

「それは貴方の勉強不足、調査不足では?
 面接の段階でちゃんと聞きましたか?
 会社も時間と共に、どんどん変化していると思うし・・・。
 イメージが違ってきたら、会社を辞めちゃう人なの? 」


 
「会社の業績が悪くなって、・・・。」

「会社の業績が悪くなってきたら、会社を辞める人なの?
 業績が悪いのは、貴方にも責任の一端があるのでは?
 ずっと業績の良い会社ってあるかな?悪くなった時こそ
 しっかり働く人が必要なんじゃないの?」
 
 

「上司と合わなくて・・・。」

「会社って人事異動もあるし、いつまでもその上司が
 上にいるわけではないし、仮に、今は合う上司でも
 移動で合わない上司がくることもあるでしょう?
 その度に転職するの?」
 

 
何を言っても、僕に何らかの疑問を投げかけられる
ことになってしまいますcoldsweats01

 
じゃ、どう話せば良いの?


転職理由を説明する時、どうしても、心理的に、
転職するのは会社や自分以外に理由があるように
話したくなるものです。

「自分にはどうしようもない理由だから、
 仕方ないんだ・・・。」

という論理に持って行きたくなる・・・。
 
それじゃ、僕に責められっぱなしになります。


そうじゃなくて、転職を考える責任の一端は
自分にもあることを、踏まえた言い方を
して欲しいんです。

いくら仕事できる人でも、完璧な人はいません。
何か欠点・弱点もある。失敗もある。
それを棚に上げて、他を責めては(理由にしては)
いけません。
 
 
「本当は、自分が入社前にきちんと調べたり
 周囲の意見を聞いていれば、そんなことは
 なかったと思うんですが、・・・。
 次は、その辺をしっかり情報を集めをして、
 決して、良いことばかりを考えないで・・・。」

「業績が悪くなるのは、自分にも責任の一端も
 あるとは思いますが、早めに自分の方向性を
 決めて、次のスタップに進みたいと思います・・・。」

    ・・・・・・
  
 
これは単純に模範解答があるのではなく、
あくまでもケース・バイ・ケースです。
 

自分の反省を踏まえた話し方は、日頃から訓練しないと
面接の時にだけ、うまく話そうというのは、すぐに
化けの皮が剥がれますから、日々精進です!!!punch
 
 
こんなこと言っていたら、相談に来なくなっちゃう?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-20

自分は会社にとって何者か?

先週、企業売却・企業買収、そして、株式上場を
経験した社長の講演を聞いてきました。

この社長さんのことは、随分、以前から知って
いたというか、VCさんのご紹介で知り合ったのですが、
何となく、コミュニケーションがうまく取れていなかった
というか、僕自身が捕らえどころがわからずにいたので、
今回の講演を、「真剣に聞かなきゃ!」と思って
出かけていきました。

阪神大震災で、友人を亡くしたこと、大手通信会社へ
就職するも、8ヶ月で退社したこと、お父さんの商売を
手伝っていろいろ考えたこと、友人達と有り金を
持ち寄って、会社を設立、睡眠時間を惜しんで
働いたこと、etc.

社長さんの心の奥底にある、大切な大切な思い、
その一端を、やっと理解できたような気がした。
(実は、何も理解できていないかも・・?)
 
 
・・・で、本題はこのことではないのですが・・・。

実は、この社長さん、この講演のために、
30ページに近い資料を用意してきたのだが、
最後まで話せず、途中で話を切り上げた。

・・・が、終る前に、ちらっと次のページを
画面に映し出したのだ。

そのタイトルが、

「自分は会社にとって何者か?」

だったんです。

 
僕は、「えーーー! 聞いて見たい!」と
思わず声を出してしまいそうになったのですが・・。

 
・・・で、懇親会の時に、この社長さんに、

「あの後の話を聞きたかったです。

 僕らが、人材紹介するにあたって、
 社長さんが経営の上で心得ていることは何か?
 自分は会社にとって何者か? など、
 その会社の社長さんが、どう考えているのかは、
 人材に企業を説明する上で、とても大切なことだと
 思っています。

 図々しい話ですが、あの後の資料を頂くわけに
 いきませんか?」

と、お願いしてみたのです。
 

ホント、図々しいですね。
 
もちろん、快諾してくださり、今、僕の手元にあります。
 
何度も読み返しています。

内容? それは、言えませんsmile

 
とても勉強になります。
僕はココまで考えて&まとめて、伝えてこなかった・・・sad
 
 
皆さんも、どこかで、いつか、この社長さんの講演を
聞くことがあると思います。

 
北田勝久って、(株)オフ・ビートにとって、何者?
 
皆さんは、ご自分の会社にとって、何者?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-15

不易流行 - 第12回‘北田’の食事会

昨夜は、第12回‘北田’の食事会でした。
前回の開催で、僕が気に入ってしまった
表参道のレストランバーMOMOでの開催です。

今回の特別ゲストは、TDK(株)の横取締役です。

090414_019

「北田さん、どうしてこんな人知っているの?」
と聞かれるのですが、いえいえ、大学の大先輩です。

僕は工学部ですが、横先輩は経済学部。
僕の大学の先輩方は、結構、有名企業の役員を
されている人が多いです。

090414_021

「前向きで向上心の強い若者の交流会を
 開催しているんですが、横先輩の海外や
 国内でのご経験を話してくれませんか?」

と図々しい僕が、お願いしたところ、快諾していただき、
本当に感謝!感謝です!
(本当にボランティアなんです・・・)

090414_020

◆ 感謝の気持ちを持つこと!
◆ 先祖のお墓参りをすること!
◆ 自己投資すること!
◆ ひまわりで生きるか?実績で生きるか?
◆ 念ずれば花ひらく

そして、横先輩が、大好きな言葉、

不易流行

「これは松尾芭蕉なども唱えていたように思いますが、
 不易とはいつの時代にも変わらない真理
 =Truth nothing but truthの事です。
 流行は時代とともに変化するファッシオンのようなもの、
 混沌とした時代に入れば入るほど、基本に戻れ、
 基本を振り返れと言われますがこの基本が不易です。 
 私も世界を旅しましたが、表面の違いはたくさん経験しましたが、
 中身の真理のところはどこも、誰も同じと結論づけるようになりました。  
 もっと深く入っていくと宗教の世界に入っていくのかも知れませんが、、、、、」

ということでした!shine

090414_025

横先輩! 本当にありがとうございました!!!

090414_002

090414_026

さてさて、これで終らないのが、この食事会!

続きを読む "不易流行 - 第12回‘北田’の食事会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-14

いろんな人がいるよねーー!?

人材派遣会社の人と、「半蔵門にこんなお店があるんだ」
というお店でランチしながら、こんな話で盛り上がりました。

「ほんと、いろんな人がいて、信じられないことが
 起こりますよね!」 

「そうだねー・・・。」

「寮にいた人が、コンビニでカロリーメイトを
 万引きして捕まったことがあって、警察へ
 身元引受人として行って、

 『お金に困っていたなら、相談してくれたら
  良かったのに!』

 って言うと、

 『迷惑を掛けると思って・・・』

 って言うけど、結果、迷惑を掛けてるし・・・。」


「僕も、『友達を紹介するから・・・』って言われて
 ノコノコついて行ったら、目黒の豪邸で、
 ある商品の販売促進のホームパーティ・・・。

 『北田さんも、僕らの仲間になって、この商品を
  売りませんか?そして、儲けて、海外へ一緒に
  旅行しましょう!』

 なんて、誘われてね・・・。」

 
「突然、寮から姿がなくなったり、自殺もあったかな?
 救急車を運転したことも・・・。」

「入社当日に、出社しなかったり、
 入社3日で勝手に辞めてしまったり、・・・。」

「あーー探偵みたいなこともしましたよ。
 出社してこないので、自宅に張り込んだり
 知り合いの家を探したり、・・・。」

「企業にもいろんな企業があるし・・・・・。」

    ・・・・

いやー話はつきません。
とても、ここでは書けないこともたくさんあります。

 
そんな経験をたくさんすると、自然に防衛反応というか、
自分で、「なんか怪しいな?」とか、感じるように
なってしまいます。

それが過剰反応をしている時は、人間不信とまでは
行かなくても、何でも確認しなければと思うように
なってしまって、逆に、自分自身が悲しくなるというか、
そう考えている自分が情けなくなることもあります。
 
でも、20年もやっていると、「仕事」として、合理的に
考えて、それをやりこなしてこそが、『プロなのかな?』
とも思っています。
 

あら・・・力入り過ぎ? 


 
爽やかで、楽しい仕事をたくさんしたいですね!happy01

みんなの役に立っていると実感できる紹介を!punch


20090414125137


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北田さん、気持ち悪いですよ!?

Mさんとは、もう10年近いお付合いでしょうか?
転職を含めて、いろいろ相談にのったというか、
逆に、相談にのってもらったこともあったのですが、


「人材探しをお願いしたいんですが・・・。」

というメールをMさんからもらって、早速、訪問。

 
応接室で待っていると、部下の人を連れて
2人で現れたので、

「お世話になります。
 ご連絡をいただいてありがとうございます。」

と頭を下げて挨拶をしたところ、

「北田さん、気持ち悪いですよ!
 そんな、物腰の低い北田さんは見た事が無い。」

「え?そうですか?
 立場変われば・・・というか、
 『親しき仲にも礼儀あり!』 ですよ!」
 
 
そんな会話をしつつ、

「いつもの僕はそんなに?
 イケナイ! イケナイ!」

と思って大いに反省をしました。
 
 
反省!!!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-09

背伸びしろ!!!

ある人との会話・・・。

「正直、僕の能力を超えているというか、
 僕の能力では、やることができないかも
 しれません。」

「そんなに簡単に諦めていいの?」

「でも、・・・・
 前職の会社の社長が、
 『背伸びしろ!背伸びしないと成長しないぞ!』
 って、言っていたのが、頭から離れないんです。

 もちろん、自分が成長できたのは、それだけ
 ではなくて、厳しい上司や同僚のアドバイスの
 お陰だと思っていますよ!

 でも、頭から離れないんです。」

 
 
僕も、「背伸び」は重要だと思います。
 
 
でも、背伸びし過ぎて、壁にぶつかった時は
背伸びをやめて、足元&目の前の、自分が
やれることを、コツコツやっていく。

コツコツやっていると、「成長していないな!?」
なんて、悩むようになった時は、思い切って
背伸びしてみる。
 
 
いずれにしても、周囲の協力というか、
アドバイスも必要ですよねshine
 
 
僕も、背伸びしょう! っとpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-08

人材紹介会社向け人材紹介???

飛び込みの電話営業!?

「人材紹介会社向けの人材紹介を専門に
 やっている会社なんですが・・・。」

(何となく、自信無さげというか、申し訳なさそう・・・。)

「なに?なに?・・・・・。
 そんな会社あるの?」

「今、私共で優秀な人材が登録していまして
 御社にお役に立てると思います。」

「そんな優秀な人材いないでしょう?」

「月に300万円は稼いでくる人材がいます。」

「優秀な人なら、独立した方がいいよ!」

「独立志向ではなくて、従業員として
 働きたいと思っている人達です。」

「本当に優秀なの?
 本当に優秀なら、あなたの会社で採用したら?」

「・・・・」

電話で、そんな会話をしました。


 
それにしても、驚きました。

こういう時期で、どこの人材ビジネスも業績を
落としているというのに、人材紹介会社へ
人材を送り込もうとしている会社・・・。

面白い!?

勝算はあるのだろうか?
 
 
どう思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-07

緊張しました! - 立場が変われば・・・

人材紹介会社の業績が悪いのか・・・
(他人事ではありませんが・・・)、
人材紹介会社のコンサルタントや
営業職の方が、転職相談に来られます。

何か変な気分というか、
「僕がアドバイスする必要ないだろうな!」
と思っていたけれど、そうでもないらしい。


先日も、ある派遣会社の人が相談に来られました。
僕が大好きなキャラで、この人なら、派遣先の
会社の人も、気持ち良く人材を受け入れて
くれるだろうな・・・と想像ができる。

その彼の面接に同席したのだが、いつものように
彼の口から言葉が出てこない。

「もっと話したら良いのに!
 派遣営業の時は、人材を連れていって、
 いろいろアピールしていたんでしょう?」

「いやー・・・緊張しちゃいました。
 立場変われば、全然違う!」

「勿体無いよ!
 可愛がられるキャラしているのに・・・!」

     ・・・・・

そんな会話をして、帰ってきました。

 
やっぱり自分のことになると違うんですよね。
他人を推薦しているのではなく、自分が
試されているというか、採用されるかどうか
不安になる。


でも、結局は、他人のことでも、自分のことでも、
営業に変わりはないのだから、

「自分を売込む営業!」
「相手を気持ち良くさせる営業!」
「相手に会って良かったと思わせる営業!」

「入社までには行かなかったけれど、
 その人良かったね!」

と言われよう!!!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼児性も必要だよ!?

ある会社の役員さんと食事をした時のこと、
なぜかカラオケの話に・・・。


「光GENJI の『ガラスの十代』って知ってる?
 カラオケで歌うんだよ。」

「すみません・・・知らないです・・・。」

「この人は、幼児性がないからね・・・。
 幼児性があったら、いいのになー・・・happy01

「『パラダイス銀河』は知ってるんですが・・・。」
 
 

そんな会話をしたのだけれど、

「僕って、幼児性がないように見えるんだな。
 しっかりしているような、大人のような感じに
 見えてるのかな?

 自分じゃ、そうじゃないように思っているけど、
 確かに幼児的なところを見せるのが、ちょっと
 照れくさいというか、恥ずかしいと言うか・・・。」

勉強になりました。
 
 
皆さんは、幼児性・・・持っていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-05

CANAL CAFE でお花見 ♪

ちょうど1年前、会社で残って仕事をしていたら、
お世話になっている、Oさんから携帯に電話、

「北田さん、今日はどこで飲んでるの?」

「会社で仕事していますよーー!」

「僕らはね、飯田橋のCANAL CAFEでお花見だよ!
 今度、この会に北田さんも来なよ!」

   ・・・・・・
017

そんな経緯で、Oさん達の飲み会に誘っていただいて
ちょうど1年が経過・・・。

念願の「CANAL CAFE」でのお花見notes

あまり桜を観た記憶はないけれど、美味しい料理と
美味しいワインを飲んで、たくさんお話して、ホント
楽しい時間でした。

それにしても、CANAL CAFEを予約するのに、
1ヶ月前の3月1日に、何度も何度も電話して、
ずっと話中なのを、粘り強く、電話して・・・、

予約してくれたHさん、ありがとう!!!


相変わらず、写真を撮るのがヘタクソな僕が撮ったのは
この桜の写真・・・coldsweats02

007


飯田橋の駅でみんなと別れて、オフィスがある
半蔵門まで1人で歩いてみた。

靖国神社、千鳥ヶ淵、・・・・、もう夜11時なのに
人・人・人shine


また、来年も誘ってくださいね!!!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-03

アドバイスを素直に聞いてみようと・・・

ある社長さんとの会話・・・、

「今まで、営業も管理も殆ど自分が中心で
 やっていたんだけれど、こういう世の中の
 経済状況で、なかなか苦しい局面で、
 悩むことも多くて、自分の周りにいる
 信頼できそうな人に、アドバイスをもらって
 それを素直に実行してみようと思うんです。

 事業戦略は、コンサルティング会社に、
 人材は、北田さんを含めて2社に、・・・。

 素直に聞いてみようと思うんです。

 もちろん、責任は自分が取りますよ!」


この気持ち、よーーーくわかります。

社長と言えども、自分の能力に限界がある。
自分の能力は、自分が一番知っている。

もちろん、勉強したりはするけれど、
どうしても、どうしても、良いアイデア、
方法論を考えられない時があって、
そういう時は、他の人の意見を聞いて、
それを素直に実行してみようと思う時がある。

 
それにしても、

「会社は社長の器以上に大きくならない!」

とは、良く言ったものだcoldsweats01
 
厳しいーーーー!!!
 
だから、会社を大きくしようと思ったら、自分を
大きく成長させないといけない。
成長するには、今までの自分の体験だけでは
新しい展開ができない。

未知な世界を体験するために、他人のアドバイスを
素直に聞いて、素直に実行することが必要だ。

僕も、いくつかある・・・wink
 
 
 
その社長さん、

「北田さんが『良い!』という人材なら採用します!」

と、天国に登るような嬉しいことを言ってくれるのだが、
これって、めちゃくちゃプレッシャーですよねcoldsweats01

「こういう人がいるんですが、どうですか?」

と相手の意向を聞くのは簡単だけど、

「この人は良いから、是非、推薦します。」

と言い切るのは、度胸だけでなく、しっかりと人材と
企業を見抜く能力がないと、・・・、
ある程度の確信がないと簡単には言えない。
 
プレッシャー!!!
 

  
でも、こんな仕事をたくさんしたいですねpunch 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-04-01

お客さんのニーズを引き出す!?

営業職の面接に立ち会った時、

「あなたの目指す営業マン像は?
 どういう営業マンを目指していますか?」

と質問が出ました。

「お客さんのニーズよく理解して、・・・」

と答え始めたところで、

「そう!
 お客さんが言っていることを理解する前に、
 お客さんが何を思っているのかを引き出す
 能力がないといけないんだよ。
 お客さんはなかなか本当のことを話して
 くれない。

 さらには、話してくれなくても、周囲の状況や
 いろんな人が言っていることを、総括して
 お客さんが言いたいことを、推察できる能力も
 必要なんだよ。」
 
 
何の営業も同じですねhappy01

頑張りましょう!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »