« パンチの効いた提案書を・・・! | トップページ | ボトム5%カット!? »

2008-12-17

転職(退職)の理由・・・本当は?

転職相談に来られる人には、転職したいと
思っている理由を必ずお聞きしますし、
企業へ面接に行った時にも、転職(退職)理由に
ついては必ず質問されるわけですが・・・。


ザックバランに正直に理由を話してくれる人は
良いのですが、

「こういう理由で辞めたって言えば、転職に
 不利になるんじゃないか?」

と自分自身で思っている人は、なかなか本当の
理由を話せない人もたくさんいます。
 

何社も面接しても、人材会社に何社も登録しても、
なかなか再就職が上手く進まない人は、いろいろ
考えてしまって、職務経歴書の内容を変えたり、
転職(退職)理由をもっともらしい表現に変えたり、
一生懸命に工夫します。

再就職のために、みんな必死です。
 
 
僕はこう人達に、

「正直に本当のことを自分の言葉で話してください。
 ただ、そうなってしまった理由と、反省していること、
 これからどうしたいか?をしっかり表現してください。」

とアドバイスをしてきたんですが、いざ、企業との
面接の場になると、そうも行かないようです。
  
 
うまく話そう、企業が納得する理由にしようという
気持ちが強くなってしまうのか、・・・。

それを、相手にしっかり見抜かれてしまって
結局、裏目に出てしまうことも・・・。
 
 
 
人材会社のコンサルタントも、

「もっとアピールして、経歴書はこう書き換えて、
 退職理由はこういう風に言いなさい。」

と繕うためのアドバイスすることの方が多いようです。
(それが、本来は当たり前なのかもね!?)
 
  

僕はちょっと可笑しい?

「そのまんまで良いよ。
 肩張らずに自然体で話しておいでよ!」

って、特に若い人には言います。
 

だって、いい奴ばかりですよ。
ちょっと石ころに躓いただけで、若い頃から完璧に
仕事ができて、完璧に退職理由を答えられる人は
いない! いれば、逆に可笑しいよ!

だけど、人材コンサルタントとしては、それでは
いけなくて、合格できる方法論をしっかりと
論理的に教えてあげなければならないのかな?

(今日の僕はちょっと、感傷的・・・coldsweats01
 
 

冷静に考えると、そういう人の場合、自分の経歴や
能力以上の会社ばかりに、応募してしまって、
撃沈しているケースが多いように思います。

もちろん、ネットで求人情報を探れば、有名な憧れの
会社が求人を出しているわけで、目移りはするだろう
けども、・・・。
 
自分の実力に見合った企業をいち早く探して
できるだけ早く働き始めることが、とてもとても
大切なことのように思います。

そして、『その人に合った』 企業を、できるだけ早く
見つけて紹介することが、提案して行くことが、
人材コンサルタントの重要な仕事じゃないかな? 
と思っています。

ハイ!heart04 

頑張りまーーーすpunch 

20081216185601


|

« パンチの効いた提案書を・・・! | トップページ | ボトム5%カット!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/43447834

この記事へのトラックバック一覧です: 転職(退職)の理由・・・本当は?:

« パンチの効いた提案書を・・・! | トップページ | ボトム5%カット!? »