« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008-11-28

紙芝居にして見せてあげることが大切!

プロダクト(パッケージソフト)事業を立ち上げようと
している企業の面接に立ち会った。


「ソリューションビジネスはずっとやってきて
 実績も出てきているけれども、プロダクトの
 ビジネスはなかなか立ち上がらなくて・・・。」

「ソリューションビジネスをやってきた人は
 お客さんへのコンサルティングから入ると言うか、
 いろいろお客さんのヒアリングしながら、
 ビジネスを進めるけれども、

 プロダクトビジネスの場合は、そうじゃなくて
 まずお客さんに事例を見せると言うか、

 『この会社は、こういう問題を解決するために
 このプロダクトを導入して、こんな風に効果を
 出していますよ』 ということを、見せてあげないと
 いけないんです。」

「そうなんです!
 紙芝居にして見せてあげることが大切なんです。」

 
ふーーん、そうなんですねflair

お恥ずかしながら、あまりそんなことを知らずに
紹介をやってきていましたcoldsweats02

単純に、プロダクト営業の経験があるか、
ソリューション営業の経験があるか、
そこだけをチェックして・・・。

プロダクト営業の経験があっても、紙芝居にして
見せるということをやっていない人は、あまり
成果をあげられないようです。
 
  
面接に同席するのは、本当に勉強になりますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-27

新宿居酒屋競争!!!

大変お世話になっているKさん、

「僕のところに派遣で来ている若者が
 『転職したい!』と言っているので
 一度相談にのってやってください。」

ということで、待合せしたのは、新宿アルタ前。

「どこかお店知ってますか?」

「いや、適当に居酒屋でも入りましょう!」

・・と話していたら、元気の良いお兄さんが、

「居酒屋をお探しですか?
 今なら、飲み放題1000円で、料理も割引します。
 是非お願いします。」

「安くなるならいいね。」

「今日は、平日でなかなかお客さんがいなくて・・。
 このチラシを持って、お店に行ってくれれば
 この値段でやらせていただきます。

 ただ、よそのお店に行ってしまうかもしれないので、
 前金2000円をいただけますか?」

「このまま、ぼったくるんじゃないよね?」

「違います。真剣ですから!
 領収書をお渡ししますから、お店に入ったら
 これを見せてくれれば、2000円が戻ってきます。」

とにかく、お兄さんを信じて、お店に向かう途中。

「2000円が彼らの稼ぎになるんだろうね。
 インセンティブだね。
 でも、あのお兄さん、いいねー!」

「北田さん、スカウトしたくなる?」

「・・・なかなかあういう人の求人ないから・・・coldsweats01

と言って歩いているうちに、雑居ビルの中にあるお店を発見!

「こりゃ、あーでもして声を掛けられないと
 来ないよね!このお店には・・・。」

なんて、ブツブツ言いながら、エレベーターに
乗ろうとすると、同じようにチラシを持ったグループが・・・。

「同じ割引チラシ持ってるね・・・。同じ店かな?」

「あら、違うお店だね。」

「このビルは同じ系列のお店で、それぞれ営業マンが
 違ってるんだね・・・きっと。」
 
 
 
お店に入るまでに、いろいろ話したけれど、
お酒もタップリ飲んで、料理も美味しかったので
結構満足しました。 
 
 
居酒屋も、熾烈な争いをしているんですね!!!punch
 
 
 
あ・・・「転職相談はどんなだったか?」って?

それは、内緒ですconfident
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-26

6年ぶりの再会 - 見違えるほどの逞しさ!

ある人との話の中で、Aさんの話題が出た。

「どうしてるだろう?」

本当に久しぶりに記録に残っている携帯に
電話したところ、

「Aさんですか?」
「違いますよ。Bです。」

「あれ、転職してしまったかな?coldsweats02

と思いつつ、記録に残っているEメールアドレスに
メールをしてみたところ、早速、お返事をいただいて
お会いしました。 
 
 
驚きました!
すっかり逞しくなっています。
 
6年前にお会いした時は、何となく自信が無さそうで
話す言葉も、途切れ途切れで、ちょうど、関西から
転勤してきて、仕事も変わって、不安な時期だったと
思うのですが・・・。
 
 
この6年間、新規プロジェクトの責任者として
頑張って来られたようで、

「いやー、いろんな面白い経験をしました。
 この業界は、こんな慣習があるのか?とか、
 いろんなワケのわからないような人とも会って、
 今まで扱ってきたものとは、違うやり方を
 やらないと成り立たないことも知ったし・・・。」

面白可笑しく話してくれました。

でも、この社会情勢の中で、そのプロジェクトが
中止されることになって、ガッカリはしたけれど
止むを得ないと今は割り切れたようです。

「今の会社でまた新しい仕事にチャレンジするのか?
 新天地を求めて転職するのか? はまだ決めて
 いませんが、またよろしくお願いします。」

もちろん、OKです!happy01
 

6年前に転職相談に来て、結局は転職しなかったけれど、
逞しくなっている!

なんか、凄く嬉しかったですねshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何とか就職先を探してあげたい!!!

千葉にある専門学校にお邪魔しました。
何とも不思議な縁なんですが・・・。

「四元ちゃんのお友達で、○○○○業界の人
 いたよね!? Webに詳しい人で、この仕事に
 興味を持ってくれる人いないか、聞いてくれない?」

と僕が言ったのがキッカケ。

しばらくすると、四元ちゃんのお友達の知り合いと
言う人から連絡があって、その人が仕事を探して
いるのかと思っていたら、違った・・・coldsweats01

その人は、専門学校の先生で、生徒さんの就職先を
必死に探しているらしく、僕らの求人情報の中に
生徒さんが応募できる情報があるのではないか?
ということのようです。
 
 

「一度、授業を見に来てください!」

と言われて、ノコノコ出かけて行ったのだけれど、

「話していただけますか?」

「え? 何も準備してきてないですよ・・・。」

「人材業界のことや、仕事探しの考え方や、
 何か参考になることを・・・」
 
   ・・・・・

そんなわけで、ぶっつけ本番!
これこそ、出たとこ勝負か!?
 

うまく話せていなかったのでは?と心配しています。
専門学校の皆さん、ごめんなさい!coldsweats01
 
 
 
でも、生徒さんからたくさん質問が出ました。


「SEになるにはどうすればいいですか?」

「Webデザイナーとして就職するには
 何歳位まで可能ですか?」

「未経験者でも就職できますか?」

「Webデザイナーは、残業が多いですか?」

「ホームページから、良い会社と良くない会社を
 見分けられますか?」

「月に何件位の求人がありますか?」

   ・・・・・ etc.


生徒さんの目が輝いていたなーshine


実務経験がなくて、Webデザイナーとして就職するのは
簡単ではないけれど、勉強したことは、必ず役に立つ時が
来るので、諦めないで、粘り強く、タイミングや企業の
人材欲しさ加減、いろんな人のアドバイスを参考にして
探してくださいね。
 
 

「いい生徒さんですね。」

「そうなんです!
 何とか就職先を探してあげたいんです!punch
 
 
先生の言葉が、とても印象に残ったhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-25

何歳になってもモテモテでありたいのです!

「私は何歳になってもモテモテでありたいのです! 
 こういう時代の中で,今後,どのようにキャリアを
 積んでいけばよいか真剣に懊悩しています。」

こんなメールをもらいました。

誰でもそうですよね!
僕もです!

何歳になってもモテモテでありたい!coldsweats01
 
 
彼は、30才代のエンジニアです。
エンジニアとして、何歳になっても、企業から
モテモテでいたいという意味です。

僕は、彼なら、どこの会社にでも、自信を持って
紹介できると思っています。

そんな彼でも、これからのことに、不安を感じている。
そして、できる限りの努力をしていきたいと思っている。
 
 

それにしても、良い言葉だな! って思いました。
この気持ちを忘れてはいけません!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-21

景気が悪くなると、優秀な営業マンが・・・

優秀なエンジニアを抱えている会社の社長さんの悩み・・・。

「優秀なエンジニアがいるので、景気が良い時は、
 こちらから営業活動をしなくても、どんどん依頼が
 来るんだけれど、

 景気が悪くなると、そうも行かなくて、
 『やっぱり、優秀な営業マンが必要だな・・・』
 なんて、思ってしまうんだよね。」

「あ~・・・結構、そういう依頼が多いです。」

「いくら先方から依頼が来ているときでも、
 しっかりお客さんの動向をウォッチすることが
 必要で、優秀な営業マンほど、お客さんの
 変化をしっかりキャッチして、対応するんだけど・・。」


以前に聞いた話を思い出しました。

「うちの製品の競争相手が無かった頃に、
 どんどん注文が来ていたので、
 営業は電話とメールで注文を取るだけで、
 お客さんの所に、足を運ばなかった・・・。

 ところが、競争相手が知らない間に出てきて
 お客さん先に出向いて、お客さんの要望を
 どんどん製品に反映して、商売を進めていたのを
 うちの会社は気付かないで、

 ある時、『あれ?最近、注文が減ってきた?』
 なんて気づいた時は、既に遅かった・・・。」


顧客ウォッチは、いつの時も忘れずに!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-20

人と会ってエネルギーを充電!!!

人材ビジネスの大先輩の事務所を訪問しました。
以前訪問した時よりも立派な事務所になって
「すごーーい!」と思わず感激!shine

「自分は人材紹介という仕事にむいていないんじゃ
 ないか?って思ってるんだよ。

 でも、いろんな人、特に、新しい出会いが僕に
 エネルギーをくれて、『よし!頑張るぞ!』って
 思うんだよね!

 北田君もわかってくれると思うけど・・・。」

「よくわかります。
 本当に人に会いに行くことで、いろんなことを
 勉強させてくれて、力になりますね。」

「自分の時間の、1/3は実際の人材紹介、
 1/3は、交流会や会合など、直接的には
 人材紹介に関係ない行動、1/3はボランティアと
 いうか、全く人材紹介に関係ない行動、
 なんだよね。

 2/3の行動はいつか人材紹介に繋がるかも
 しれないが、その確率は本当に低い。」

「そうですね。ボランティアが多いcoldsweats01

「我々のような、俗人的な動きをしなければ
 ならない小さい人材会社は、それが宿命なんだよ。

 でも、人と会ってエネルギーが充電できる!」

   ・・・・・・


良いお話ができましたhappy01
大先輩にエネルギーをもらいましたpunch

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008-11-18

直球勝負?!変化球勝負?!

「自分は、変化球勝負よりも直球勝負かな!」

・・・という人は結構いるんじゃないでしょうか?


転職相談に来られる人にも、いろんな話を
してくれる人がいます。

「僕は、変化球を投げなきゃって思うけれど
 ついつい面倒くさくなって、直球を投げて
 しまうので、相手がビックリしてしまって
 引かれてしまうことも多くて・・・。
 それを面接でもやっちゃって・・・。」

「直球しか投げられないので、勘違いされて
 あとで後悔することが多くて・・・。
 もっと、相手のペースに合わせて話さないと
 『この人と一緒に仕事をするのは大変かも?』
 なんて相手に思われてしまったり・・・。」

「いつも本音で話すので、面接に行っても、
 気に入られるか?気に入られないか?
 両極端なんです。
 気に入られれば、普通なら3回ある面接が
 2回だけで終了して内定をもらったり・・。」

      ・・・・・   etc.

 
直球を投げることは悪いことではないけれど
相手が、それを受け止めてくれる人なのかを
ちゃんとキャッチして、話すことが必要ですね。

同じ直球でも、剛速球とスローボールを
使い分けることが大切です。
 
 
職務経歴書を書く時も、時々、相手企業が、

「志望動機を書いてください。」 とか

「入社したらどんなことができるか?や、
 やってみたいことを文章にまとめてください。」

ということがあります。

そんな時に、自分の想いを一生懸命表現する
だけでなく、相手が何を望んでいるか?
よーーく考えてまとめるようにしましょう!punch
 
 
 
こんなことを書いている、僕自身が、直球勝負の
人なので、転職相談に来られる人の話を聞いて
とても勉強させられます。

「僕も、同じなんですよー・・」

って言うと、

「北田さんは、剛速球ですね!」

なんて、嫌味なのか?忠告なのか?何なのか? 
言われちゃって・・・coldsweats01
 
僕の直球勝負に驚いたら、

「ブログの通りの直球ですね!」

って、笑って言って下さい。

変化球は投げられないかもしれませんが、
スローボールなら投げられますhappy01

よろしくお願いしますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-16

無念のリタイヤ!!!

道明ちゃんが、初フルマラソン(湘南国際マラソン)に
出場するので応援に行ってきました。

081116_002

朝から生憎の雨で、「雨、やまないかなー!?」と
思いつつ、約束していた辻堂海浜公園の前で
道明ちゃんが現れるのを待った。

081116_003_2

知り合いのSさんも出場すると聞いていたので
必死に探しつつ待っていたけど、予想以上に
たくさんの参加者で、

「この中から見つけるのは簡単じゃない。
 走っている人の方が、逆に僕を見つけ
 られるんじゃないかな?」

と思って、少々諦めていたのだけれど、

「北田さーん!」

と、道明ちゃんが現れた。

081116_005

「膝にきていて、ダメです。」

なんて、僕の前で立ち止まって、今にも棄権して
しまいそうなので、僕は、

「反対側で待ってるから頑張ってよ!」

と言って、折り返してくるのを待っていたけれど、
待てども、待てども、姿が見えない・・・。

他の参加者も、歩いたり、屈伸したり、アキレス腱を
伸ばしたり、係員に棄権の意志を伝えていたり、etc.

「もしかしたら、棄権したかも・・・」

と思いつつ、諦めずに待っていたら、手を振りながら
笑顔で歩いてくる道明ちゃんを発見!!!

「よかったー! 頑張ってるじゃん!」

081116_009

「もう走れないので、30キロで棄権しようと思います!」
「棄権したら、どうやって帰るの?」
「チェックポイントにバスが迎えに来て、スタートの
 大磯プリンスホテルに連れて行ってくるんです。」
「それなら安心だね。」

そんな会話をして、帰って来ました。

081116_010

夕方、道明ちゃんからメールが来ました。

「あのあとも全く走れず、やはり30キロで
 リタイヤしました。
 今日は不完全燃焼だったので、また
 チャレンジしたいと思います。」

僕は、

「また、チャレンジしたいと思ったんだ!
 良かった!良かった!」

と思いました。
 
 
でも、凄いと思いませんか!?
ジョギングを始めただけでなく、フルマラソンに
チャレンジしようと思って、実際にチャレンジ
したことpunch

続きを読む "無念のリタイヤ!!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-15

ホールインワン!!!

僕ではありません!coldsweats01

チケットをいただいて、今日、
三井住友VISA太平洋マスターズを観戦してきました。

石川遼選手の人気で、とにかく人、人、人、
午前中だけで、昨年の入場者を上回ったようです。

081115_001

帰宅して、スポーツニュースを観ても、石川遼選手の
ニュースばかりで、「これはどうかな?」なんて、
思っています。

 
・・・と言うのも、石川遼選手と同じ組でプレーしていた
谷原秀人選手が、7番ショートホールで、見事!!!
ホールインワンを達成しました。

このことは、ニュースでは全然やらない!angry

でも、ピンの真後ろで観ていた僕は、興奮&感動して
涙が出てきたりして・・・(ちょっと変ですねweep

グリーンギリギリに落ちたボールは、コロコロ転がって
ピンに吸い込まれるように入っていった。
今でも弾道が目に焼きついています。

目の前で見たのは初めてだし、長年ゴルフをしていても
自分では、一度も経験したことがなくて、

「俺のはどうしてあういうふうに入らないんだろう?」

なんて、バカというか、当たり前のことというか、
考えている自分がいて・・・coldsweats01

081115_002


それにしても、男子プロのファッションもカラフルで、
男が観ても、カッコイイ!!!shine

石川遼選手はもちろん、谷原秀人選手、今田竜二選手、
岩田寛選手、宮里優作選手、なぜか僕が大好きな
近藤智弘選手、etc.

お腹が出っ張っていては、ダメです!
これからは、ゴルフもファッショナブルに行かないと!

081115_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-14

名刺交換!?

転職相談に来られた人とは、必ず名刺交換を
するようにしていますが(当たり前?)、中には、

「転職活動は、個人の立場でやっているので
 名刺交換は遠慮したい・・・。」

「もうすぐ辞める会社の名刺なので、名刺を
 交換する意味がないので・・・。」

       ・・・・・

と言う人も時々いらっしゃいます。

「え!?そんな大げさな・・・ことじゃないのに!」

と思う時もあるのですが、その人にとっては、

「会社の人間としての動きと、個人(プライベート)の
 動きとは区別したい。秩序を保ちたい。」

という気持ちとか、何となく後ろめたさ・・なんかも
あるのかもしれませんね。
 
 
 
でも、僕はそういう人にも、

「記念にください!coldsweats01 」
「いずれ、プレミアムがつくかもしれませんので・・・coldsweats01

なんて言ってもらっちゃったり、それでももらえない時は、

「実は、在籍確認をさせていただいています。」

という時もあります。

ここまで言えば、拒否する人はいらっしゃいませんが、

そう! 僕の中で名刺交換は、「在籍確認」なんですcoldsweats01

 

皆さん、名刺交換! よろしくお願いします!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-13

トラとライオンだけじゃダメ! - 【第10回】‘北田’の食事会

一昨日、記念すべき 第10回‘北田’の食事会を
汐留シティセンターの「OLD MAN'S UN 汐留」の
フロントBARを貸切で開催しました。

外の夜景が見えて、円形で、なかなか雰囲気の
良いBARです。実は、第3回食事会でも利用して
今回が2度目です。


さて、今回の乾杯の挨拶は、この会にたくさんの
人を連れてきてくださっている、Tさん!
いつもありがとうございます!
081111_005


そして、今回の特別ゲスト
シー・レップの北田社長のお話shine
081111_022

とても勉強になりました!

僕が印象に残ったのは・・・、

「会社は、トラとライオンばかり集めてもダメで、
 羊や兎もいて、さながら動物園のように、
 社員の個性を尊重することが必要!」

「リーダーシップの例としてお話してくださった
 桃太郎が、サル、キジ、犬に、きび団子をあげて、
 鬼退治に行ったお話。」

「日本では、10年以上続いている会社は、
 3.8%!?しかないこと。」

「環境にいち早く適応した会社が、長く続き
 成長していくこと。さらには、事業内容が
 変化している会社が長続きしていること。」

    ・・・・・  etc.
081111_015

北田社長のお話を聞きながら、一生懸命に
メモを取っていた人もいらっしゃいました。

参加された人にも聞いてみてくださいね。
081111_016_2

今回は、42名中26名が初参加!
ちょっと心配していたけれど、始まってしまえば
いつも通り、幹事が何もしなくても、アチコチで
会話の輪がいくつもできています。

上海で働いたことのある人の輪、
広告・求人関連の会社の人の輪、
投資業界の人の輪、
転職活動をしている人の輪、
ゴルフ・ジョギングをしている人の輪、etc. 
081111_011
081111_008
081111_010_2
081111_025


そして、最後は、唯一、学生の稲葉くんです!
既に起業して、頑張っています。
081111_036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-10

中国語だけじゃ・・・英語もできないと・・・

「中国で働いていて日本へ帰国したいけれど、
 帰国後も中国と日本のビジネスに関わって
 いたい・・・」

「折角、中国語を学んだので、中国と日本の
 ビジネスを展開している企業に入社したい・・・」

       ・・・・・

そんな人の転職相談の時に、問題になるのが
英語力です。

 
日本企業に入社して仕事をする場合、
通常は、海外営業部門に配属されて、
ずっと中国(韓国)ビジネスだけを担当する
のではなく、将来的には、他のアジア圏、
欧米圏も担当する可能性もあるわけで、
企業側からすれば、

「英語もできて欲しい!
 むしろ、英語力の方が重要!」

ということになります。
 
 
中国(韓国語)ができる人は、
英語にもチャレンジしよう!!!punch
 


どちらもできない僕が言うのも???ですが・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-07

社長から「来てよ!」と言われた・・・!?

ある会社に訪問した時のこと・・・

「Gさんは、
 『社長に来てくれ!って言われたから、
  入社したんだ』
 って言ってますよ!」

「社長は、
 『Gさんが入れてください!って
  言ったから採用したんだよ。』
 って言ってるし・・・。」

 
そんな会話が・・・。
 
 
僕は、

「どちらでもいいと思いますけど・・・。
 入社してしまったら、どっちが頼んだ・・とか
 頼まれた・・とか、関係ないですよ。

 頼まれようと、頼もうと、お互いが合意して
 入社(採用)したんですから・・・。

 お互いに協力して、どういうアウトプットが
 出せたが問題で・・・。」

というお話をしました。
 
 
 
転職相談に来られる方の経歴書の中にも、

「社長に恋われて・・・」
「社長から直接声が掛かって・・・」
「ヘッドハントされて・・・」 etc.

と言う表現が見受けられることがあります。
  
 
こういう表現で、自分の価値が高まると思う人も
いると思いますが、僕はあまり関係ないです。

何をやろうとしたのか?
それができたのか?
できなかったのはなぜか?
どういう対応策を立てて実行したか?

できたことは何か?
どういう貢献ができたか? etc.


合意して入社(採用)したのですから、
入社(採用)の時の経緯は関係ないと思います。
 
 
訪問した会社でそんな話が話題に登っていて
ちょっと面白くて、笑ってしまいました・・・すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-06

○○社という人材会社を知っていますか?

「○○社という人材会社はご存知ですか?
 評判はどうですか?
 信用していいんでしょうか?」

僕のところにそんな問合せがよく来ます。
先週は、ある企業の社長室の方から、

今日は、○○社のコンサルタントと会った
という人のお父様から・・・。

「先日は、○○社について教えて頂き
 ありがとうございました。

 その後、息子が、連絡してきた相手と
 面談をしましたが、相手は息子のことを
 ほとんど知らず、息子には全く合わない
 仕事を紹介してきたようです。

 息子は非常に腹立たしく思い、早々に
 引揚げてきたそうです。

 その後何も連絡は無かったのですが、
 本日、○○社の親会社から、

 『礼金を出すので、貴方の周りにいる
  人材を紹介してもらえないか?
  電話では話せないので、どこかで
  会えないか?』

 という連絡があったそうです。

 息子は前回のこともあり、
 
 『そのようなことはできない』

 と断ったそうです。

 このようなことは、よくあることなのでしょうか?
 もし、また連絡があった場合どのように
 対応すればよいでしょうか?
 アドバイスを頂ければ幸いです。  」

 
生々しい話なのですが、
それにしても困ったものですね!
同業者として、あまり気持ちの良いものでは
ありません。むしろ、不快なのですが・・・。


「誰かから名刺情報をもらって(買って)、
 片っ端から電話して会っているだけの、
 人材ブローカーかもしれません。
 『人が動いてくれたらお金が入る』
 だけの発想ですね。

 息子さんは、断ったわけですから、
 もう何も言ってこないと思います。
 もし、何かあったら、東京労働局へ連絡して、
 クレーム情報として上げれば良いと思います。」

と返事をさせていただいたところ、

「貴重なアドバイス、ありがとうございます。

 最近は、あの手、この手でいろいろと
 悪いことを仕掛けてくる人間が増えて
 いるのですね。
 息子にも伝えます。

 ありがとうございました。
 これからもよろしくお願い致します。」
 
 
「なんだかなー・・・sad

なんて思ってしまいます。

今まで何度かこのブログに書こうと思って
思い留まっていたのですが・・・。
  
 
他社のことをとやかく言う前に、
頑張るぞー!!!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アピールし過ぎないようにね!?

最近、転職相談に来られた人に
よく話しているように思います。

特に、新卒で入社した会社を、短期間で
辞めた若者が相談に来た時に・・・。

みんな、大学時代のこと、就職した時のこと、
どういう考え方で仕事をしていたか?
なぜ仕事を辞めたか?
なぜこれからこの仕事がしたいのか? etc.

とにかく一生懸命、長文大作なことが多い。

何とか、企業の書類審査を通過して、
面接でもアピールをして、仕事に就きたい!と
いう気持ちがとてもよく現れている。

・・・だけど・・・

「そんなにアピールしなくていいと思うよ。
 企業だって、就職して僅か1年の人が
 完璧に仕事ができると思っていないし、

 それよりも、自分が至らなかったことを
 素直に反省して、次はこうしたい!と
 いうことを話した方が良いと思うよ。」

・・・と僕は話しています。

一生懸命、自分を大きく見せつつ、
アピールして、仮に入社できたとしても、

自分の言ったことと、現実のギャップの
大きさに自分が潰されてしまうというか、
結局、自分が悩む原因になってしまう。

素直に自分の弱点をさらけ出して、
そこからのスタートなんだと、表現した方が
印象は良いように思います。


これは、僕独特の考え方かも知れないけど、
僕はそういう人が相談に来たら、

「何とかしたい!」

なんて思ってしまうんだよな・・・happy01
 
 
 
アピールし過ぎないように!
頑張り過ぎないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-05

思わずメールしなきゃ(笑)

久しぶりにTさんからメールをいただきました!

「メールマガジン見て、思わずメールしなきゃ(笑)
と思いメールしてみました。

今回の11/3版の話は、
本当に本当に沢山ありますね。

 ただそういうリクエストはあっても,内情は全然
準備できるような状況でない会社も同じくらい
たくさんあります。

僕みたいな人間でも、入った後で人員整理から
開始なんて事例も結構ありますし、その前に
先立つものから準備なんてのも。。。

なんとなく懐かしくなって、とりとめもないメール
ですが,おもしろかったので・・・」

メールの内容は、とても重みのある話なのですが、
さすが、Tさんだな!なんて思いました。
 
 
実は、以前は、経理の求人、特に、上場を目指す
ベンチャー企業から求人が届いた時は、

「こういう話があるけど、Tさん、どう?」

なんて、Tさんの携帯によく電話したものでした。


Tさんの言う通り、同じような求人内容であっても
企業ごとに内情は異なり、「上場準備」なんて
書かれていても、実際は、もっと以前の問題が
あったりして・・・・。

売上が上がっていないとか・・・
経理処理がいい加減だったり・・・
    ・・・・・

僕らは、それをしっかり伝えた上で、紹介していく
必要がある仕事なのです。

頑張ります!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-11-03

経理をやっておけば・・・!?

この仕事をやっていて良く思うことです。

「それにしても、経理の求人は絶え間なくというか
 いつもどこかの会社から求人があるな!
 年齢も業種も関係なく、求人がある!
 経理の道を歩んでいれば良かったな!」

・・・なんて・・・coldsweats01

 
先週、金融関係の人の飲み会に参加した時も

「北田さん、良い経理マンいないかな?」

「なかなかね・・・いたらすぐに決まってしまう。
 完全に売手市場ですよ。」

「そうだよねー・・・。」

「特に、上場会社経験者というか、
 開示資料(有価証券報告書など)の作成経験、
 連結決算の経験、原価計算経験、などは
 たくさん求人があります。」

「そうだよね! その3本柱だよね!
 開示資料の作成と、連結決算は、教えてくれる
 学校がないというか、実地でやるしかない・・・。
 教育事業やるかな!?」
 
 
 
そんな話題がアチコチで出るほど、経理の求人は
たくさん届いています。
 
 
「我こそは!」 

という人からのご連絡をお待ちしていますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »