« 転職する気持ちはないけれど・・・ | トップページ | 簡単にできて、社長の目に留まりやすいことから・・・ »

2008-08-26

ラグビーとオリンピック

昨日お会いした、元ラガーマン(もしかしたら、現役?)と
道明ちゃん&僕の会話happy01 
 
 

「ラグビーはどうしてオリンピック種目にないのですか?
 野球よりは、世界に広がっていると思いますが・・・。」
 

「オリンピックって、開催するのは、2週間でしょう?!

 ラグビーの世界のトップクラスの試合は、疲労度の
 ことを考えると、1週間に1試合しかできないですね。

 そうすると、開催期間の2週間の間に1チームが
 できる試合は最大3試合。

 ・・・ということは、リーグ戦で戦うと、4チームしか
 出場できないし、トーナメント戦なら、8チームが
 精一杯・・・。」

 
「なるほど!
 ラグビーはそんなに体力の消耗が激しいんですね”!」


「高校生とかのレベルなら、1週間に2試合、3試合
 やっても、大丈夫かもしれないけれど、
 世界のトップクラスになると、なかなかね・・・」
 
 
「 ・・・・・ 」
 
 
「それと、昔、ラグビーのフランス代表チームが、
 急遽アメフト選手を集めたアメリカ代表チームに
 負けたことがあったらしく、その影響もあるとか、
 ないとか、・・・らしいです。」
 
 
 
北京オリンピックが終わって、日本選手に対する
いろんな評価がされているけども、・・・

世界のトップで戦う選手たちは、素人の僕らには
想像もできない、とんでもない異次元空間にいる
ような人達じゃないのかな?

・・・なんて、いつも思います。

|

« 転職する気持ちはないけれど・・・ | トップページ | 簡単にできて、社長の目に留まりやすいことから・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/42279338

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーとオリンピック:

« 転職する気持ちはないけれど・・・ | トップページ | 簡単にできて、社長の目に留まりやすいことから・・・ »