« 船頭さんは、誰だ!? | トップページ | 4年越しの紹介! »

2008-07-18

会話の中の微妙な所は、もっと感じ取ってもらえないと・・・

ある会社の役員さんに、管理部門責任者候補の方を
ご紹介させていただいた時のこと・・・。

僕も面接には立ち会ったのだけれど、どうも双方の
会話がかみ合わない。お互いに相手のことは
高く評価しているのだけれど・・・。

2回目も・・、僕は立ち会わなかったけれど、やっぱり
同じような面接になってしまったらしい。


「こういう経歴の人が来てくれたら、
 凄く助かるんだけれど・・・

 何となく奥歯に何か挟まっているような感じで、
 逆に、何か隠していることがあるのかな?と
 不安になってしまいましたよ。」

と役員さん・・・。そして、さらに、

「何がダメかって!?

 若い人の採用ではなくて、幹部候補で来て
 もらう人の面接、会話なんですから・・・。

 管理部門責任者が何をすべきか?くらいは
 わかるでしょう?!

 会話の中で、微妙なところをもっと感じ取って
 もらえないとね・・・。」

 
結局、企業からお断りの連絡がありました。
 
 
所謂、大人の会話ということでしょうか?

担当者の会話、管理職の会話、役員の会話、
そして、社長の会話、みんな違います。

それぞれの立場、責任、権限をベースにした
言動が求められるということなんですね!?
 
 
 
それよりも、相性が合わない人同士を
引き合わせてしまった僕がいけなかったかな?weep

反省しています!punch

 

|

« 船頭さんは、誰だ!? | トップページ | 4年越しの紹介! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/41895670

この記事へのトラックバック一覧です: 会話の中の微妙な所は、もっと感じ取ってもらえないと・・・:

« 船頭さんは、誰だ!? | トップページ | 4年越しの紹介! »