« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008-05-30

突然の電話!?

「突然の訪問!?」

について書いたばかりなのに、
昨日夜8時頃に、僕の携帯に突然の電話・・・。

「あれー?Nさんだ!今頃どうしたんだろう?」

    ・・・・・

「夜遅くにすみません。
 今すぐに会えませんか?
 6月末で今の会社を辞めることなりました。」

「えー?
 社長と喧嘩でもしましたか?」

    ・・・・・・・
 
 
 
Nさんは、僕よりも年上で、10年以上も前から
親しくしていただいている人です。

今の会社には、僕が紹介したのではなくて
ご自身の仕事関係の会社で、社長に誘われて
3年前に転職、その時に、

「北田さん、この会社どう思いますか?」

なんて相談されたことがありました。

 
 
その後も、何度かお会いする機会がありましたが、
徹夜することもあるようで、

「凄い頑張ってるなー! 流石だなー!」

って思っていたのですが・・・。
 
 
 
お会いして、話を聞いてみると、

「社長との考え方の違いが、大きくなってきて
 お互いにそばにいることができなくなったというか、
 ちょっと限界がきたかな?

 年令も年令で、体も辛いし・・・・・・」


話してくれた以外にも、きっといろいろあるんだと
思いますが、これからの生活を考えると、不安な
気持ちが先に来るんだと思います。


「年令を考えると、僕らからの紹介は、かなり
 難しいと思いますけど、2社程、思い当たる
 会社もあるので、ダメ元で役員さんに
 話してみますよ!」

ほんの数%の可能性でも、やってみる価値が
あるかもしれません。
 
 
さて、どうなるか?punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-29

突然の訪問者!?

僕は苦手ですcoldsweats02


「今、北田さんの会社の近くにいるんですが
 お時間をいただけませんか?」
「近くに来たので、寄らせていただきました。」


突然に訪問していただくんですが、

「ごめんなさい。今、来客中で・・・」とか、
「外出しなきゃいけないんで・・・」とか、

理由をつけて断ることが殆どです。
(本当にごめんなさい!)
 
 
これで、いろんな情報を入手するチャンスを
逃しているかもしれません。

・・・が、心の準備ができていないから、
そういうテンションになっていないので、
僕のセンサーが敏感に働かないのです。


「出たとこ勝負」
なんていうブログを書いているのに・・・coldsweats02

でも、結構、1日の予定を見て、構想を練って、
お会いする人や企業への対応を考えつつ、
1日のリズムをイメージします。

そのリズムが崩れるのが・・・・辛い!


当然のことながら、僕がある人を突然に
訪問することは、かなり親しい人以外は
殆どないのですが、
 
 
 
先日、突然の訪問をしてしまいました。

神保町の会社の近くを歩いている時に
以前の会社の大先輩と偶然会って、

「Ⅰさんの会社がこの近くにあるのを
 知ってるか?」

「いえ・・・」

「今すぐ挨拶に行って来なよ!
 今行ったら、時間があると思うよ・・・」

    ・・・・・

「そんなこと言われても、Ⅰさんとそんなに
 親しくなかったし、迷惑だろうな・・・。」

と思いながら、訪問したのだが、Ⅰさんは
快く時間を作ってくださって、

「あー覚えてるよ!人材紹介やってるの?」

「はい!」

「だけどお役に立てないかな・・・?
 業績が思ったように伸びなくて、
 少し人を減らさないといけないと
 思ってるんだよ・・・。」

「いえいえ、ご挨拶をさせてもらっただけで・・・、
 突然の訪問なのに、申し訳ありません。
 また、何かありましたら、よろしくお願いします。」
 
 
そんなことがありました・・・。

でも、僕はできないかも・・・coldsweats02
すみません・・・。


 
できるだけ、事前にご連絡をいただけると助かりますhappy01  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-28

自分の視点の低さに気付く!!!

「昨日は、食事会にて面接していただき、
 誠にありがとうございました。
 また、M社のK様のお話も聞け、私の視点の
 低さを感じ、そして今後仕事をする上で、
 重要なことを教えて頂き、このような場を設けて
いただいたことを非常に感謝しております。」

朝一番で、こんなメールが、CC. で届きました。

前日に面接してもらったD社の社長さんへの
Sさんからのお礼のメールです。
 

実は、当初は、社長とSさん2人だけで食事の
予定だったのですが、取引先のKさん(僕を
D社に紹介してくださった人)が、面接の途中から
偶然、同席することになったらしいのです。

実は、僕はこの時に京都でお仕事をしていて、
Kさんから携帯に、

「北田さん、どこにいるんだよー!(笑)
 京都ならどうしようもないけど、
 今、北田さんが紹介した人と、楽しく食事を
 させてもらっているよー!」

「えー! 本当ですか?楽しそうですね!
 よろしくお願いします。」

そんな会話をしていたのです。 


話は、元に戻りますが、

普通なら、「どうして他社の人が?」なんて
思ってしまうことが多いでしょうが、

Sさんは、そんなことは構わず、その場にすっかり
馴染んで、自分の勉強の場にしてしまったのです。


Sさんを言葉で表すと、

「素直、謙虚、純粋」

でしょうか?


でも、逆に、ちょっと頼りなさを感じることもあって、
それがまさしく、Sさんがメールで言っている

「視点の低さ」

から来るものだと思うのです。
 
 
そのことを、2時間程の食事の中で掴んだpunch


偉そうに言う立場ではないですが、

こんな人、成長の予感がしますflair
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-27

15年間、新規顧客がない???

先日、訪問した会社の社長さん

「うちの社員は、仕事を全然していない!
 この15年間、新規顧客がないんだよ!
 今までのお客さんを回って、御用聞きを
 しているだけさ!」

「え?本当ですか?
 そんなことってあるんですか?」


僕は、心の中で、「嘘だー!」と思いながら
ずっと話を続けたんだけれど、

よーく考えてみると、

「新規顧客がないのに、ちゃんと売上をあげて
 利益も3~4億円出ている・・・!?

 って、凄くいい会社じゃん!!!」

なんて思ったんです。
 
 
 
でも、社長さんは、もっと会社を伸ばしたい!

「会社にいれば、パソコンと睨めっこしてるだけで
 何をしてるかわからないし、

 外出しても、殆ど、喫茶店かパチンコで
 時間を潰してるんじゃないかな?」

「そんなことないと思いますよ!
 みんな一生懸命なんですよ。」

「いや、そんなことはない!」

   ・・・・・・


初対面で、そんな会話をしてきました。

社長さんには、「これでいい!」という限界は
ないんですね。もっともっと会社を伸ばしたい。

「儲かってるんだからいいじゃないですか!」

は通用しない。
 
 
 
それにしても、ずーーっとボヤいてたような気がします。

さて、この会社にどんな人を紹介できるかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-26

まずは自分がやれることを・・・!

最近、転職したばかりの若者と、
ある社長さんの会話。


「まずは、自分がやれることから
 コツコツやっていこうと思うんです。
 変に背伸びしても、墓穴を掘って
 迷惑を掛けるだけなんで・・・。」


「そうなんだよ!それでいいんだよ!

 そういう人が少なくなっている。
 入社してきて、いきなり格好良く働けると
 思っている人が多いんだよなー・・・。

 君のように、まずは基礎をしっかり
 作る気持ちが大切だと思うよ!」

 

ちょっと新鮮味のある会話に思えましたhappy01

 
 
そう言えば、新卒で入社して、2・3年で
転職相談に来られる人の中には、
いきなり背伸びしすぎて、失敗するというか
挫折してしまった人がいます。

そんな時、

「仮に1年目でバリバリ仕事ができたとして
 じゃその仕事を3年、5年、10年やっていたら
 どうなるの? もっとやれるようになるの?

 そうじゃなくて、それは1年目の人でもできる
 そんなにレベルの高くない仕事なんだよ。

 1年目はできなくて当たり前、3年目でようやく
 なんとなく仕事が理解できるようになって、
 5年目でようやく形になる。

 それまでは、上司や先輩のアドバイスを聞いたり、
 マネをしたり、・・・だよね。

 焦ることはないよ。
 50才、60才まで働くんだから・・・happy01


なんて、話すんですが、若い人はどんな風に
感じてくれているのかなcoldsweats01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-24

第8回 ‘北田’の食事会 !

皆さんに、盛り上げていただきました!

21日(水)夜は、久しぶり(4ヶ月ぶり)の食事会restaurant
過門香銀座店での開催です。

今回から、僕の知り合いの社長さんを特別ゲストに
お迎えして、話題提供(20分程)していただくことに
したのですが、

そのトップバッターにお迎えしたのは、業務ソフト
(らくだシリーズなど)で、あの弥生会計を上回る
本数を販売している、BSLシステム研究所
小野社長です。

080521_039

創業者ではない(中途採用の)小野社長が、
会社をここまで成長させたポイントは? 
今だから話せるエピソードなど、
熱く!語っていただきました。

080521_025

小野社長のお陰で、その後の交流(名刺交換)も
活発に行われて、今までで一番の盛り上がりに
なったように思います。

080521_010


参加者の皆さんからのコメントをいくつか
ご紹介しておきます。

「私もいろいろなジャンルの方とコミュニケーション
 が取れて、かなり刺激となりました。
 小野社長のお話は、かなり感動しました。
 ポジティブで積極的な姿勢、事業に対する熱意、
 社員・クライアントを大切にする心、ベンチャーで
 仕事をしようとしている私の心にはかなり響きました。」

「私自身、色んな会に出席していますが、
 一番面白かったです。(本当ですよ)。
 多分ですね、参加者の年代が近いということと、
 経営者ではない方が多いと言う事かなと。
 お互い何か商売の種はないかと探していて、
 かつ経営者ではない分警戒心をもっていないので、
 非常にフランクに話せました。」

「昨日は学生でありながら無理に参加させていただき
 ありがとうございました。皆さんと話をさせていただき
 とても良い社会勉強になりました。
 これからインターシップとともに就職活動も頑張って
 いきたいと思います。
 また機会があれば参加させていただきたいので
 そのときはよろしくお願いいたします。」

「多くの方々との出会いをありがとうございました。
 小野社長ともお話をさせていただき、BSLシステムに
 お勤めの従業員さんは幸せだろうなとつくづく思いました。
 元気も皆さんからたくさんいただき、今日からまた頑張れ
 そうです。」

「様々な方とお話や意見交換をすることができ、
 大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 それにしても小野社長はプレゼンがうまいですね!!
 話がすごく面白かったです!!」



 
半導体、VC、アパレル・化粧品、保険、etc. と業界も様々 
    ↓
080521_011


インターシップの学生さん(右端)も!
   ↓
080521_017


仲良し3人!?
   ↓
080521_007


お料理 美味しかったですか?
   ↓
080521_006


Over Age(僕よりも年上)3人組?
失礼しました!真ん中のKさんは、僕よりも年下です。
    ↓
080521_040


独立したばかりのBさんも来て下さいました!
(本当は、スカウトしたかった・・・coldsweats01
    ↓
080521_015


食事会の最後は、最近益々、ルパン3世に
似てきたSさんがしめてくれました!punch
    ↓
080521_038


 
 
 

最後に、小野社長からのメールをご紹介します。

「お疲れ様でした。
 あれだけの人数を集めて会合を持つのは
 大変だと思いますね。
 北田さんの仕事の実態を垣間見た気がします。
 話も若い方々が真剣に聞いてくださっていたので
 嬉しかったな。
 少しでも友人として協力できていたら幸いです。」


小野社長!
本当にありがとうございました。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致しますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-21

普通の人でいいですから・・・!?

会計事務所の先生が、悲痛な叫び!

「本当に人がいないですね!

 今のスタッフ達が本当に忙しそうなので
 何とか、社員を採用しようと思っているん
 ですが、・・・・。」

「ハローワーク経由ですか?」

「いいえ!
 経理職専門の転職サイトがあって、
 そこに求人情報を掲載しておくと
 応募してくるんです。」

「でも、いい人がいない?」

「先日も1名採用したんですが、
 2日出社しただけで、突然何の連絡もなく、
 来なくなって・・・。
 せめて、理由くらいとうか、連絡くらいは
 欲しいですよね!

 それで、次の人を直ぐに採用したんですが
 また、辞めてしまう・・・。」

「失礼と言うか、世の中の常識がわかって
 いないんですね。」

「2日間ですから、怒ったりもしていないし、
 スタッフが、その人の名前も顔も覚える前に
 辞められちゃって、

 『あれ?』

 っていうか、風が吹き抜けていったような
 感じです。」

「・・・・・」

「北田さんが言うような、
 優秀な人でなくてもいいですから、
 普通の人でいいですから、
 是非ご紹介ください。」
 


それにしても考えさせられます。

この会計事務所は、この10年間拡大基調で、
僕が見る限り、社内の雰囲気も良く、
お勧めの事務所だと思うのですが・・・。


経理実務経験者で、会計事務所で働きたい人!
ご一報ください!punch 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-20

面接に4時間!?!

僕は、人材とお会いしたり、企業に訪問した時は
できるだけ1時間以内で終わらせます。

2時間を1回よりも、1時間を2回にします。
場所を変え、時間を変え、・・・happy01

その方が、人や企業のいろんな面を観察できる
ように思っています。

スーツを着て、うちの事務所に来てもらった時、
土日にジーンズとポロシャツで、その人の自宅の
近くで会う時、
美味しい食事&お酒を飲みながらの時、

話す内容は、その時々で違ったり、その人や
企業の表には見えない一面を感じることが、
良くあるからですflair
 
 
 
ところが、昨日訪問した社長さんは、

「私は、面接に時間を掛けるんです。
 新卒の採用の時は、1人4時間やりました。」

「え? 1時間を4回やった方が・・・・?」

「いえ! ぶっ通しで、4時間やりました。

 4時間ぶっ通しで面接を受ける忍耐というか、
 それだけの時間に、どこまで議論ができるかも
 重要なポイントになります。

 その人のいろんな面も見ることができますよ。」
 
 
 
ドキっとしましたthunder

「4時間面接する」ということは、僕の辞書には
全くなかったからです。

確かに、4時間連続で有意義な話合いができる
という能力も大切だと思います。


事務所を見学させていただいて、社員の方々の
雰囲気を見て、納得した僕でしたannoy
 
 
 
僕も、「4時間面接」 やってみようpunch

無理かな?coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-05-19

平日・土日も予定がびっしり!?

4月から転職サイトを利用した人材探しを
始めたのですが、いろいろ面白いことが
あります。

先日も、転職サイトに登録している人材の
経歴書を見て、

「お! 面白い経歴の人がいるぞ!」

とスカウトメールを出してみたところ、
なかなかお返事をいただけなくて、
いつ出したかも忘れた頃に、

「御社からのメッセージに興味を持たせて
 頂きました。大変申し訳ありませんが、
 平日、土日とも予定がびっしりと埋まっており、
 面談に伺う時間が取れません。
 メールもしくは電話での面談を希望しますが、
 可能でしょうか。」

という返事をいただきました。

実は、私のメールには、いつも

「是非一度お会いさせてください。
 平日の夜、土日でもOKです。
 貴方の勤務先、ご自宅の近くなど
 ご都合の良い場所まで出向きます。」

と書いているので、

「平日・土日も予定がびっしり埋まっており・・・」

という表現が入っていたのだと思いますが・・・。

そんなに忙しい会社があるんですねcoldsweats01
 
 
 
さて、この人への僕の返事は?
予想してみてください。

 

続きを読む "平日・土日も予定がびっしり!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-17

自分の間違いに気付くことから始まる!

面接の立会いで、またまた勉強になりました。

コンサルティング会社のK社長のお話。

「うちのコンサルは、自分達の間違いに
 気付くことから始まります!

 お客さんの表に見えている部分だけで
 判断をしていたり、自分が予想できる
 ことだけで、判断したりしていると、
 お客さんの本当の姿を知ることが
 できなくなってしまう。

 必ず、自分にはわからないこと、間違って
 判断していることがある・・・という前提で
 進めて行かなくてはならないです。」

ドキッとしましたcoldsweats01

思わず、最近の自分は、求人企業さんや
転職相談に来た人のことを、簡単に理解した
つもりになっているんじゃないか?

って反省しました。
 
 
何年も人材コンサルティングをやっていると
ある程度、決まったパターンがあって、

「この件は、きっとこういうことだろう!」

と、判断しきっちゃっうこともあるけれども、

そうじゃなくて、常に

「理解していないことが、まだあるかもしれない。」

という気持ちを忘れちゃいけませんね。
 


時々、K社長のお話を聞きに行きたい!!!confident
迷惑かな?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-13

冷静 = 暗い ???

僕らは、企業に人材をご紹介するときに
推薦文をつけます。

その推薦文の内容が、企業からの信頼にも
繋がるし、逆に、信用をなくすことにもなります。


お会いした人事の方がおっしゃっていました。

「私は、人材会社からの推薦文は信用しないです。
 本当にうまく書きすぎると言うか、推薦文の内容と
 実際にその人と会った時のイメージがあまりにも
 違いすぎる。」

「大手の人材会社は、推薦文の書き方の教育を
 きちんとやっているようですね。」

「『何とか面接まで進ませたい』という気持ちは
 わかりますが、あまりにも・・・」

「『冷静』と書かれていたら、
 『暗い』と判断するようにしています。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・


僕は、大手人材会社のように、良い印象だけを
持たれるような推薦文は書けないです・・・。

逆に、人材に企業情報を話す時も、良い事ばかり
話せません・・・。

「こんな良い会社はないですよ!」とか、
「この会社を逃したら、勿体無いですよ!」とか、

そんな事は、とてもとても言えませんcoldsweats01
 
 
人にも長所&短所はあるし、企業も同じです。
完璧な人も、完璧な企業も存在しない!

企業は、「優秀な人材が欲しい!」と言いますが、
とんでもなく優秀な人材はそんなに居ないことは
よーーくわかっています。


では、何を求めているのか?

「今、自分達が求めているニーズに合った人材」

を探しているのです。
 
 
 
だからこそ、面接の段階で、お互いの長所&短所を
理解し合わないといけないし、

それを仲介する僕らが、ある程度の目安を立てて
あげることは、企業&人材の双方にとって、
僕らに仲介をしてもらっている意義・価値があるのだと
思います。
 
 
おっと、熱い口調になっちゃいましたcoldsweats01


僕らをうまく使って、自分に合った企業・仕事と
巡り合ってくださいねhappy01


そのために、僕らも頑張りますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-10

競馬にもエージェントが・・・!

競馬のことはあまり知らない僕ですが、
馬に投資している人(馬主)とお話する
機会がありました。

「どの騎手がどの馬に乗るかは
 どうやって決めているんですか?」

「エージェントがいるんです。
 騎手がエージェントと契約していて
 馬主に売り込んでくるんです。

 武豊がくれば、誰も反対しないが
 勝数が少ない騎手だと、馬主が
 反対したり・・・。」

「そう言えば、アドマイヤ○○○という馬には
 以前は、武豊が乗っていたと思うんですが・・・。
 4日(日)の天皇賞で勝ったアドマイヤジュピタ
 には、岩田騎手だったですよね。」

「馬主との間にいろいろあって・・・。
 以前、馬主が欧州に馬を売ろうとした時に
 武が苦言を呈したことがあって、それから
 乗らなくなったんだよね・・」

「そうなんですね・・・。」

   ・・・・・・・・・

話は戻りますが、・・・・

騎手にもエージェント(代理人)がいるように
転職を考える人、常にキャリアアップを
考えている人にも、その人専属のエージェントが
いても良いように思います。
  
僕に、「専属のエージェントになって欲しい!」

と言う人はいないかな?coldsweats01

え? いない? confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-09

ニート&女性&外国人

「北田さん、いい人いない?」

「いませんよーthink

いろんな社長さんとそんな会話をしました。


 
それだけ、企業は人材を探しています。
だけど、ネットや新聞・雑誌などの媒体では
望む人が集まりにくくなっていて、

「他社ではやっていないうまい方法で、
 見つけ出すことができないか?」

「何とか掘り出し者はいないか?」

「今までと違う視点で良い人を探せないか?」

いろいろ考えているようです。
 
 
 
でも、最近お会いした社長さんが言っていました。

「これからは、ニート&女性&外国人だよ!

 たくさん採用していくには、いろんな課題も
 あるけれど、ポテンシャルを持った良い人材が
 いるんですよ!

 見つけたんですよ!
 ニートだったんだけど、いい人材!!!shine
 
 
 
まだまだ、チャンスがありますよ!
燻っていないで、思い切ってチャレンジしてみましょう!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-08

人を見て融資することが・・・

昨夜は、金融業界の大先輩2人と
食事をさせていただきました。

「最近は、中小企業への融資は、
 殆どストップしているみたいだよ。
 信用保証協会を通しても、承認が
 おりないらしいよ。」

「そんなに厳しくなってるんですか?」

「今は、決算書だけしか見ていない。
 判断基準が、標準化されすぎて
 しまっているというか、
 誰でも判断できるように、
 誰が判断しても同じになるように・・・。」

「以前は、社長の人柄とか、社員の質とか、
 決算書には出てこないことまで、加味して
 検討していたと思うんだけど・・・。

 意外性も出てきて、仕事が面白かったけどね。」

    ・・・・・・


社員が増えて大きな企業になってきたり、
いろんな問題が発生した場合は、

「誰でもできるように!」
「誰がやっても同じ結果になるように!」

ということが多いようです。
 
 

 
僕らの仕事も同じです。

大手人材会社は、誰でもやれる方法でやらないと
大量な求人&転職希望者を捌くことができません。

僕らのような小さい会社は、誰でもがやれないことを
やらないと、その特徴、存在価値が出てきません。


「これぞ!オフ・ビート!」

という仕事をたくさんやりたいですねpunch
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-07

どちらが本当なのか?

最近、悩ましいことがありました。


「北田さん、
 Yさんが、怒ってるんですけど、
 何かありましたか?」

「え? どういうこと?」

「『全然紹介してくれない』って・・・」

「そんなことないよ、メールもしてるし、
 状況の報告もしているし、
 Yさんのメールには、そんなことは
 一言も書いていないですよ・・・。

 何か、すれ違いがあったかな?」
 
    ・・・・・・・・???coldsweats02


僕は、心配になったので、もう一度、Yさんとの
メールのやり取りを読み直してみました。

そんな感じはないけれど・・・。


「もっと、どんどん紹介してくれると期待して
 くれていたのかな?」

「もう少し丁寧に説明した方が良かったかな?」

そんな反省もしながら、

「こういう風になるのは、どういう心理からなのか?」

なんて、考えてしまったり・・・。

 
 
 
こんな時、僕は、

「きっと、両方とも本当なんだろうな!」

って考えるようにしていますhappy01
 
 
そして、それを前提にして、

「これからどういう風に接して行ったら良いのか?」

「言っちゃいけないことは何か?」

を考えて、これからの行動に生かしたいと思います。
 
 
 
難しいですね。

僕の言動で、嫌な思いをした人がいましたら、
遠慮なく、僕にクレームしてくださいねconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-03

そんなに働くのはどうなんでしょう?

GW真っ只中! 如何お過ごしですか?

僕は、今日も転職相談に来られた人と
お会いしました。
 
 
仕事をしている人が、平日の日中はもとより
平日の夜に、仕事が終わってから、転職の
相談に行くのは、ちょっと疲れるもの・・・。

そんな人のために、土日祝も、できるだけ
時間を作って、お会いするようにしています。


今日、来られたMさんは、昨年まで3年間
ヨーロッパに住んでいたのですが、向こうの
人達は、日本企業の人のように、遅くまで
働いたり、土日に働いたりは、あまりしない
そうです。

それを目の当りにしてきたMさんは、
日本に戻ってきて、
「そんなに働くのはどうかな?」
って思ったそうです。
  
  
そんなMさんが、今日の帰り際に、

「こんなに働くのはどうなんでしょう?」

と僕に言ったのが、とても印象に残りましたcoldsweats01 
 
 

Mさんだけでなく、 

「北田さんも、お休みがなくて、大変ですね!」

「大丈夫ですよ。
 平日の昼間に休んでいますから・・・happy01

こんな会話をたくさんの人とします。
本当に心配してくれる人もいます。
 
 
でも、僕はあまり苦にならないというか、
もう20年もやっていると、当たり前になってしまった。

むしろ、いろんな人に会えることは、とても楽しいです。
人それぞれ、いろんな経験、いろんな考え方があって、
誰からも貴重なお話が聞けて、さらには、良い仕事を
ご紹介できれば、こんなに嬉しいことはない。

もちろん、体調が悪かったり、急な用事の時は、
ちゃんと予定の変更をお願いしていますので、
どうぞご心配なく!

 
「できるだけ早く相談したい!」
「仕事が忙しくて、土日しか時間が取れない!」
「今日しか時間がとれない!」
   ・・・・・

そんな人達のために、いつでも、スクランブル発進が
できるように、できるだけフリーな時間を作っておきたいと
思っています。


皆さん、気楽にご相談に来てくださいね。

 
さて、次のスクランブル発進はいつかな?punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-02

前屈みの姿勢や足組みは・・・ちょっと?

面接の場に立ち会った時に、面接される側の
話し方や姿勢が気になることが時々あります。
特に、40才を過ぎた人に多いのですが・・・。


相手の社長さんが、背筋を伸ばして、正面を向いて
目を見ながら話してくれているのに、

前屈みになってちょっと上目使いになってしまったり、
テーブルに肘を付いてしまったり、斜めに構えて
横目で見てしまったり、

途中から、足を組んで、やや反り返って話し始めたり、

傍にいる僕は、ヒヤヒヤしながら・・・coldsweats02

 

「ちょっとプレッシャー掛っているんかな?」とか、
「自分がどう見られているか?が気になるのかな?」とか、

とも思ったりするんですが、経歴がどうのこうの・・という
以前の問題になってしまうので、勿体無い!


それでも、相手の社長さんの中には、

「シャイな人ですよね。気持ちがわかるような気がします!」

なんて、優しい人もいますが・・・。

こういうことは、特に、社長さんが自分より年令が若いと
わかっている場合によく起こります。

相手の年令やキャリアがどうであれ、取るべき態度は
変えてはいけません。

 

そう言えば、逆もありました。

面接している取締役の方が、斜に構えて、上目使いに
「採用してやるんだ!」ばりの態度・・・。

僕は、「勘弁してよー!」と叫びたくなりましたsad

「親しき仲にも礼儀あり」

と言うように、注意しなければいけないですね。
 
 

もちろん、僕らも、転職相談に来られた人や、
求人企業の人に対して、謙虚に!紳士に!
対応しなければなりません。
 

人の振り見て、我振り直せ!!!punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-05-01

くだらない研究!? -20年に1滴?

某大手企業の研究所出身の人と
ある社長さんの会話。


「最近の研究所では、くだらないと思われることを
 研究している人が少なくなったようです。

 僕らの頃は、研究成果発表会でも、

 『こんな研究は、何の役に立つんだ?』

 と思うようなテーマがたくさんあったけど、
 最近はないらしいんです。

 一見無駄だと思うようなことから、新しい発見が
 あったりするんだけれど、企業の中にも、無駄を
 する余裕がなくなったんでしょうね・・・。」


「そうですね・・・。

 最近聞いたんですが、粘度を持った水の開発を
 研究している人がいるらしいのですが、

 その水というのは、通常のろ過フィルターに透すと
 20年に1度、1滴の雫が落ちるらしいです。

 これって、何のために?20年に1回? と思うけれど、
 きっとどこかで、何かに役に立つんだと思います。」
 
 
 
僕らの仕事でも大切なことだと思います。

時には、一見、無駄と思われるような動きが必要で、
その中から、思わぬ収穫があったりします。

もちろん、無駄ばかりじゃ、ダメですけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »