« 素直になれるか? | トップページ | 前屈みの姿勢や足組みは・・・ちょっと? »

2008-05-01

くだらない研究!? -20年に1滴?

某大手企業の研究所出身の人と
ある社長さんの会話。


「最近の研究所では、くだらないと思われることを
 研究している人が少なくなったようです。

 僕らの頃は、研究成果発表会でも、

 『こんな研究は、何の役に立つんだ?』

 と思うようなテーマがたくさんあったけど、
 最近はないらしいんです。

 一見無駄だと思うようなことから、新しい発見が
 あったりするんだけれど、企業の中にも、無駄を
 する余裕がなくなったんでしょうね・・・。」


「そうですね・・・。

 最近聞いたんですが、粘度を持った水の開発を
 研究している人がいるらしいのですが、

 その水というのは、通常のろ過フィルターに透すと
 20年に1度、1滴の雫が落ちるらしいです。

 これって、何のために?20年に1回? と思うけれど、
 きっとどこかで、何かに役に立つんだと思います。」
 
 
 
僕らの仕事でも大切なことだと思います。

時には、一見、無駄と思われるような動きが必要で、
その中から、思わぬ収穫があったりします。

もちろん、無駄ばかりじゃ、ダメですけどね!

|

« 素直になれるか? | トップページ | 前屈みの姿勢や足組みは・・・ちょっと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/41055730

この記事へのトラックバック一覧です: くだらない研究!? -20年に1滴?:

« 素直になれるか? | トップページ | 前屈みの姿勢や足組みは・・・ちょっと? »