« 学生は、BtoBビジネスに反応しない! | トップページ | やっぱり「コミュニケーション能力!」 »

2008-02-07

ふざけた会社名だし・・・

「ふざけた会社名だし、あなたとは連絡を取りません。」


会社を創って12年目、初めて言われました・・・weep

仕事柄、いろんな方々とお会いするために、
Eメールやら電話をさせていただくのだけれど、
   ・・・・
確かに、事前にEメールを入れたとは言え、
突然電話が掛ってくるのだから、驚くのも
仕方ないと思う。

『オフ・ビート』 という社名、結構、気に入って
いるんですが、こうもはっきり言われると、

「他の人もこの人と同じように思っているけれど
 言わないだけなのかな? 本音は思ってる。」

なんて、考えてみたり・・・。
 
 
そもそも会社を設立する時に、どういう会社名に
するかをかなり悩んだ記憶がある。

「人材」「ヒューマン」「コンサルティング」etc.

少々へそ曲がりな僕は、ビジネスそのものを表す
言葉を使うのは嫌で・・・、

「他社とは、一味も二味も違う会社にしたい。
 ちょっと変わった人材会社にしたい。
 ・・・・
 それを表す言葉はないものか?」

と考えて、偶然知ったのが、「オフ・ビート」という言葉。 
 
 
音楽をやっている人はわかるかもしれないが、
ジャズ用語なのです。

「古典ジャズは、4拍子と16拍子だけだったらしい
 のだけれど、そこにアドリブや拍子を変えたり、
 ある程度自由度を持たせて演奏するようになって
 世界にジャズが広がっていった。」

と聞いたのです。

拍子に拘らず自由に演奏したビートを、「オフ・ビート」
と言うらしいのです。

(※僕はジャズのことはあまり良く知りません。)

 
「これは!」 と思い、登記所に行って調べたら
千代田区にはこの社名の会社がないこと、

何せ英語なので、何人かの外人さんに聞いて
もらったら、 「いいねー!」 って言われたことで

決めたのでした! 
 
 
 
それでも、いろんなところへ挨拶に出向くと、

「人をオフするなんて・・・」
「ビートをオフするって、ビートを消すこと?」
「オフビートじゃなくて、オンビートがいいのに・・・」etc.

いろいろ言われ、その度に、

「ビートをオフするのは、『オフ・ビート』じゃなくて、
 『ビートオフ』って言うんですよ!」

「古典ジャズは・・・・」

なんて、説明していました。
 
 

もちろん、

「会社名は、そのものずばりわかり易い方がいいよ。
 ビジネスを表すキーワードが入っていた方がいいよ。」

とアドバイスをもらうこともありますが、

やっぱり少々(いや・・かなり)へそ曲がりな僕は、
素直になれなくて、こんな言葉を好きになってしまう。


良いのか悪いのかはわからないが、
僕らと知り合った人は、

「他社とは違うな!」

と感じてくれているのではないかと思っている。


感じていない人がいたら、是非ご連絡ください!!!
お会いしましょう!happy01
 


そう言えば、このブログのタイトル(出たとこ勝負! )についても
時々言われます。

何か、このブログに相応しいタイトルがあったら
ご連絡ください!!!

|

« 学生は、BtoBビジネスに反応しない! | トップページ | やっぱり「コミュニケーション能力!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/40031817

この記事へのトラックバック一覧です: ふざけた会社名だし・・・:

« 学生は、BtoBビジネスに反応しない! | トップページ | やっぱり「コミュニケーション能力!」 »