« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007-11-29

NPO法人神田学会

「そんなNPO法人があったんだ・・・。」

神保町で会社を設立して12年目、一度も
神田学会のことを聞いたことがなかった。
今まで知らなかったことが不思議・・・。

サイトを見ると、20年以上も前に勉強会として
立ち上がっているそうです。

今日、その学会が発行しているタウン誌
「KANDAルネッサンス」の取材を受けました。

来年1月25日発行の「Interview 私の仕事論」
というコーナーに載せていただけるそうです。

どんな記事になるのか楽しみです。

071129_004


写真の左から2番目が、事務局の鷹野さんです。
僕がインタビューを受ける間に、バチバチ!
カメラで写真を撮ってくれていました。
(男前に撮ってくれたかな?)

右から2人目が、フリーライターの斉藤さんです。
僕が喋りすぎたかな?
もっとたくさん聞きたいことがあったんじゃないかな?

鷹野さん、斉藤さん、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。
 
 
PS. 最近、僕の額の面積が広くなったような、
   前髪を下ろそうかな?(笑) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-27

人が集まってくる人・・・

昨夜は、知り合って5年位のKさんと
そのお友達のNさんと食事をしました。

KさんもNさんも、IT業界に勤めているので
すっかり仕事で知り合ったのかと思ったら、
ご近所さん同士らしいのです。

へーーー! そうなんだ!


Kさんは、僕の食事会にも参加してくれていて
いつもお友達をたくさん連れてきてくれます。

初対面は、「大人しい人かな?」という印象で、
食事をしていても、僕のように口数多く(笑)
話しません。

でも、いつもニコニコしていて、話す時は、
要点をしっかり話すというか、的を得ている
というか、わかりやすいのです。

趣味も、ジョギング(マラソン)、自転車、
マージャン、etc. 健康系を中心に、多彩だ!
(ゴルフはダメらしい・・)

「北田さんも、マラソンやりましょうよ!」

って気さくに誘われたり・・・。


話していて、気持ちいい!不思議な感じです。

おまけに、「道明さんって楽しいですね!」
なんて、嬉しいことも言ってくれる(笑)

Kさんの周りには、きっとたくさんの人が
自然に集まってくるような気がした。

一緒にいて、気持ちいい!!
 
 

Kさんから、学ぶべき点がたくさんありそうです。

Kさん、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北田さんが、ショックを受けるので・・・

先週、ショックなことがありました。

いつも大変お世話になっているVCの方と
お会いした時のこと。

「北田さん、
 S社へ紹介してくださったKさんが退社したのを
 ご存知ですか?」

「え?・・・・知らないです。」

「T社長に、『北田さんに話しました?』と聞いたら、
 『北田さんがショックを受けるから話してない』
 っておっしゃっていました。」

「辞めた理由は何ですか?」

「昔からいらっしゃる人達と、うまく行かなかった
 ようです。」

    ・・・・・・・・

T社長からも、Kさんからもご連絡をいただけず、
Kさんが入社して1年間、うまくフォローできて
いなかった自分のことが情けなく思ったり、
ちょっとした脱力感に襲われた。

 
 
早速、T社長の携帯に電話をして、お詫びをした。
もう少しきちんとお詫びをしたかったのだが、
伝えたかった半分も話せなかったような気がする。

T社長の「北田さんがショックを受けるから・・・」
というご配慮ありがたく思った。


・・・が、僕らの仕事は、こういうことをしっかりと
正面から受け止めて、次の紹介に繋げなくては
ならないので・・・。
 
 
Kさんの携帯にも電話したが、留守電で、

「Kさん、先程、VCの方からお聞きしました。
 ご苦労をお掛けしてしまいました。 
 お元気にされているのでしょうか?」

というメッセージを残しておいた。
 

今夜、Kさんから僕の携帯に電話があった。

「連絡しなくてすみません。
 △△△社で元気に勤めています。
 これからもよろしくお願いします。」

少しホッとした。
 
 
でも、少し元気を取り戻すのに時間が掛りそうな?
でも、そんなことにジメジメしていられない!

次へ!次へ!  前へ!前へ!


明日も頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-24

なぜ、エグゼクティブは書けないペンを・・・

「面白いタイトルだな!
 いったい何が書いてあるのか?」

関西出張からの帰りの新幹線の中で
一気に読んでみた。

「変わり者」を「書けないペン」に例えて
エグゼクティブはどうあるべきか?
社員はどうあるべきか?
・・・が書かれていた。


僕の心に焼きついたのは、二つの言葉

<エグゼクティブの誓い>
部下の「よいマネジメントを受ける権利」を
守ります。

<よいマネジメントに恵まれた社員の誓い>
「意欲的に働く権利」を行使します。

この本のタイトルの意味は、皆さんが読む時の
楽しみに取っておいて・・・・。

本を読みながら、最近まで、僕の机の中に、
掛けなくなった蛍光ペンが、何本かあって、
まとめて捨ててしまったことを思い出した(笑)

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう1冊、こんな本も出版されています。

 
簡単に読めるので、次の出張の時に
読んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-23

うなぎの養殖とセキュリティ!

愛知県で、セキュリティ関連のビジネスを
展開しているE社長とお会いしました。

E社長のお父さんが、昭和47年に創業した会社で、
お父さんが急死されてから、急遽後を継いだそうです。

工事を担当していて、営業の経験が全くなかった
E社長でしたが、いろいろご苦労をしながら
ここまで何とかやってきたそうです。
(特に人材にはご苦労が多かったようですが・・・)


「うなぎの養殖場には、水車があるでしょう?
 水車が止まると、水に空気(酸素)がなくなって
 うなぎが死んでしまうんです。

 それで、父親が、水車が止まったら、警報器が
 なるようなシステムを作って売ったのが、会社の
 始まりなんです。

 最初は警報器だったのが、家の電話になって、
 次は、ポケベルで、今は、携帯電話になって
 どこに居ても、水車が止まればわかる。

 それが、原点になって、今のセキュリティの
 商売に繋がってきているんです。」

と、教えてくれた。
 

まさか、セキュリティの会社で、うなぎの養殖の
話を聞くとは思わなかった。

その他にも、いろんな話をしてくださった。
1時間半が、あっという間だった。


「この社長のことは、忘れられないだろうな!
 これからも時々お会いさせてほしいな!」

と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-22

うちの評判いいでしょう?

ある社長さんとの会話。


「うちの会社の評判はどう?
 
 きっと良いと思う。
 きっちり丁寧な対応をしているから、
 みなさんが喜んでくれている。

 だけど、逆の方向から見ると、
 手間が掛りすぎて、儲からない!って
 いうことになってる(笑)

 そこなんだよ!

 もちろん、サービスの質を落とすつもりは
 ないけれど、どうやっていくのか・・・?」


「『評判いいでしょう!』
 って自分の会社のことを言う人は
 今まで、あまりいなかったかな?

 どちらかと言うと、
 『うちの会社の評判悪いでしょう?』
 って謙遜して言う社長さんの方が
 多いですね・・・(笑)

 でも、悪い評判が聞こえてきていないだけで
 どこかで、噂されているかもしれないですよ。

 もしかしたら、クレームがある位じゃないと
 いけないというか、儲からないのかも
 しれませんね・・・。

 質を保ちつつ、量を追い求めるには、
 とてつもない時間と労力というか、
 桁外れの努力が必要になるので、
 それを社員さん全員に求めることは
 できないと思うんです。

 難しい問題ですね・・・。」
 
 
 
久しぶりにいろんな話をさせていただいて
僕も結構勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-18

給与が少ない4番バッター

「道明ちゃん・・・うまいこと言うなー!」

先日、転職相談に来たNさん。

父親の縁故で入社した会社で、とても安い給料で
管理部門の面倒もみながら、自分の本来の仕事で
ある営業もし、制作部隊の手伝いもし、僕らが
聞く限り、とても重要な役割を担っている。

「給与が少ない4番バッターみたいなものですね。」
「はい! 楽天の4番バッターでしょうか?」

そんな2人の会話を聞いて、思わず感心した。

 
 
ところで、Nさんは、いろんな話を聞かせてくれた。

「父親には、
 『もっとましな大学を卒業してくれたら、もっと良い
  会社に押し込めたのに・・・』
 と言われましたし、

 僕の大学では、それは確かなことだと思うし、
 転職もなかなか難しいかもしれないことは、
 わかっているつもりです。

 そんな自分でも、自分と接した人を気持ち良く
 させるのは、人よりは上手いと自負しています。


 うちの会社も、新入社員が短期間で辞めて
 行く人もいて、

 『最低1年間、できれば3年間頑張って、
  何かを得てからでも、遅くないのでは?』

 とアドバイスするんですけど・・・。

 そういう僕も5年が経過したので、会社にも
 それなりの貢献ができて、
 『そろそろいいかな?』
 と思っているんです。」
 
 
Nさんは、まだ20才代です。

久しぶりに、しっかり自分のことを分析して、
謙虚に&積極的に動こうとする若者に会って
嬉しい気分になりました。

アドバイスしなければならない立場なのに
逆に勉強させてもらいました。


さて、Nさんにどんな会社を紹介できるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-16

メモを取らない!

面接の立会いは、情報の宝庫!

社長さんが何を話すか?
面接されている人もどういう風に答えるか?
会社や人を理解するには、格好の場所です!


先日、面接に立ち会った時、S社長の言葉が
印象に残った。

「僕はメモを取らないんです。
 記憶に残らない情報は役に立たないと思う。」

  ・・・・・


思えば、新卒で入社した富士通では、
しっかりメモを取ることを教えられました。

次の東洋エージェンシーでは、
「うちの仕事は記憶力が勝負!
 メモなんか取るな!」
と教えられました。

 
それで、今の僕は、極力メモを取らずに
記憶力で勝負しようとしています。

だから、転職相談に来られた人の中で
僕が何もメモらないので、不思議に思う人も
いるようです。

S社長と同じ考えです。

企業や人と会うときは、メモらなくても
記憶に残る情報を必死で探そうとしています。

そして、記憶に残る情報が得られた企業や
人のことは、きちんと話せるというか、アピール
できるようになります。
 
 
    ・・・・・・


・・・が、最近、年令のせいでしょうか?
記憶力が劣ってきているのでしょうか?

記憶力に自信がない時、
「これは覚えておきたい!」と思った時、
特に、ブログネタになりそうなことは、
メモするようにしています(笑)
 

実は、このネタも、S社長が、話している横で
システム手帳を開いて、メモをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-14

盛り上げていただきました! - 第6回‘北田’の食事会

昨日は、第6回‘北田’の食事会でした。

前回の屋形船からは少し間があいて
しまいましたが、渋谷にある
小割烹おはし」での開催です。

会場を選んだ時は、30人位入れれば十分!と思い、
案内を出させていただいたところ、申込みが殺到!

特に、以前に参加いただいた方々からの
ご紹介で新規の申込みが多く、このことを
「嬉しい悲鳴!」というのでしょうか?!

071113_013


総勢36名
(男性26名、女性10名 : 初参加16名)

大変申し訳なかったのですが、定員一杯で
ご参加いただけなかった人も出てしまいました。


さて、乾杯の音頭は、この会を始める時に
いの一番に声を掛けさせてもらったFさんに
お願いして、食事会の始まり!始まり!

071113_004


すぐにアチコチで、名刺交換、楽しい会話が
盛り上がって、幹事なんか必要ないですね。

IT・ネット、ウェディング、テレビ、アパレル、
コンサルティング、ベンチャーキャピタル、
家具、人材、etc.

いつもながらにバラエティに富んでいて、
いろんな人と話をしてみたくなる。

071113_009


続きを読む "盛り上げていただきました! - 第6回‘北田’の食事会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-13

怒る社長さんの方が事業欲が強い!

あるベンチャーの社長さんが話していた。


「お客さん先に行って、ズケズケと
 単刀直入に意見を言った時に、

 『失礼な奴だ!』 とか、
 『お前にそんなことを言われたくない!』とか、

 怒る社長さんの方が、事業欲があるので、
 私は、それを 『チャンス!』 と思うんです。

 そういう社長さんの場合、しっかりと論理立てて
 説明すれば、必ず理解してくれる。

 必死になってお付き合いすれば、必ず理解して
 くれて、結果、良い関係というか、自分たちの
 味方になってくれる。


 トラブルが起こっていたり、何か関係が悪くなった
 時もこちらをアピールする良いチャンスです。

 そんなことを考えていたら、仕事が楽しくて仕方
 なくなります・・・・本当に! (笑)」

 
 
そう言えば、僕は、あまり怒らないなーー・・・(笑)
そんなことないかな・・・?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-12

一つのことをやり続ける・・・

先日、お会いした人との会話・・・。


「北田さんは、いつまで人材のことやるの?」

「今の所、ずーっとやろうと思っていますが・・。
 何か面白い仕事ありますか?」

「僕と一緒にやらない?
 今の会社は、他の人に任せて・・・。」

「それで、何をやるんですか?」

「それをこれから考えようよ!」

「・・・・・・・・・・(笑)」
 
 

そんな風に声を掛けてきてくれる人がいると
いうことは、とても嬉しいことです。

 
 
でも、その人が最後に、

「一つのことを長くやり続けることって、とても
 大切ですよね。
 長くやることで、見えなかったものが見えてくる。
 短期で辞めた人には見えないものが・・・・・・。」
 
と言った一言が、印象に残りました。
 

でも、
 
「長くやることで、見なくて良いものを見てしまったり、
 見たことによって行動や思考が制限されたりする
 こともある。」
 
ということもあるので、気を付けなければいけません。


いろいろ考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-07

スランプ!?

趣味で絵画を習っている人と話す機会がありました。


「最近、趣味の絵画の方はどうですか?」

「いやー、
 スランプで思ったような絵が描けなくて!」

「絵にもスランプがあるんですか?」

「あるよ! 筆が動かなくなるんだよー!」

 

本当に失礼な質問をしてしまいました。
でも、勉強になりました。


そう言えば、仕事でもありますよね。

今まで売上はいつもトップだった人が
急にスランプに陥って、目標が達成できず、
賞与が少なくなったり、年俸が少なくなったり、

それが、理由で転職相談に来られる人も
結構いると思います。


でも、転職理由を聞いても、そういう風には
ストレートに言ってはくれません。

今までトップセールスだったというプライドが
邪魔をするのでしょうか?
周囲にどういう風に見られているのか?が
気になるのでしょうか?

素直に言えば気持ちが楽になるのだけれど、
そんなに簡単には言えません。
誰だって、僕だってそうです。

少しずつコミュニケーションを取りながら、
本当の理由を言わせないように、察して
あげることが大切です。

「北田さんは、何となくわかってくれたな!」

って思ってくれれば、信頼関係が築けます。
 
 
・・・・そう簡単には行かないですけど・・・・。


 
そう言えば、プロゴルファーの宮里藍ちゃんも
今はスランプに陥っているようです。

それでも、テレビ・マスコミのインタビューに
笑顔で、しっかりと、

「自分への試練だと思って・・・。」

と答えている。 
 
 
「強い!
 藍ちゃん、頑張れ! 応援するぞー!」

って、僕は思ってしまいます。
 
 
藍ちゃんは、どこで心を癒しているのでしょうか?
 
 
 
スランプに陥って悩んでいる人、
今が試練です。頑張りどころです。
ここで、どういう頑張りを見せたが、勝負です。


僕も、頑張りまーす!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-06

社員旅行それぞれ・・・

昨夜は、親しくしていただいている2人の
社長さんと会食・・・。

なぜか、社員旅行の話題に・・・。


S社長の話、

「引退する時期も近いから、社員の人達に
 何か良い思いでを作ってあげたくて、

 『どうして、うちの会社は社員旅行をやらないの?』

 って聞いたら、

 『以前はやっていたんですが、総務部長が酔うと
  絡んできて、みんな嫌になったんです。』

 と言うので、

 『今は、その総務部長はいなくなったから、
  会社負担で、毎月1万円/月ずつ積み立てて
  社員旅行に行こう!』

 と提案して、実行するつもりなんだよ。

 でも、不参加の人には、何もあげないよ。
 積み立てたお金は、参加者全員で使う!!!

 沖縄辺りに行きたいなー! 」
 
 
 
それに対し、B社長は、

「以前は、社員旅行をやっていたんだけれど、
 参加しない人も増えてきたので、辞めちゃい
 ました。

 気持ちはわからなくもないけれど、社内行事で
 みんなで楽しもうとしているのに、

 『そんなの行きたくない・・・』

 なんて、あからさまに言われたら、やる気を
 失くしちゃいました・・・。」
 
 
 
最近、親しくお付合いさせていただいている
ベンチャー企業の何社かが、社員旅行に行く
と聞きました。

折角、自分の会社の行事として、計画されて
いるのだから、嫌がらずに、素直に楽しんで
くれば良いと思います。

今までわからなかったいろんなことが、
見えてきて、楽しい思い出になるかも
しれません。
 
 
ただし、酔っ払って喧嘩はご法度です!!!
 
 
みなさんの会社はどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-05

ライバル会社への転職

2年ぶりくらいだろうか・・・?
Sさんから突然電話が・・・。

「また、北田さんに相談したいことがあって
 お時間いただけませんか?」

「明日の土曜日はどうですか?
 ご自宅の近くで・・・」

と約束をしたのだけれど、

「また、転職を考えているのかなー?!
 紹介できる会社があるかな?
 でも転職回数が多くなってしまうし、
 今の会社にいた方が良いと思うけど・・・。」

なんて、勝手にいろいろ想像or心配しながら
会ったのだけれど・・・・。
 
 
「実は、転職が決まったんですが・・・、

 (なんだ・・・決まっちゃってんだ・・・。
  僕の出番がないじゃん・・・笑)

 決まった会社が、同業会社で、取引関係は
 ないんだけれど、黙って辞めてもすぐに
 わかっちゃうだろうし、展示会なんかでも
 会うだろうし・・・、

 転職先の会社の役員さんが、
 『今の会社に挨拶に出向こうか?』
 とまで言ってくれているんですが、

 どうしたら良いと思いますか?」


「それは、紹介してくれた人材会社に
 相談したらいいじゃん・・・。」

「それが、担当者が外人で、そんな相談も
 できないんで・・・・。」

「 ・・・・・・・・・・ (笑)」

続きを読む "ライバル会社への転職"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-04

ワーキングプア

人材ビジネスに身を置く人間として、
最近気になる言葉の一つだったので
本屋さんで、NHKスペシャルが単行本化
されたこの本「ワーキングプア」を買って
読んでみた。


インターネット喫茶で毎夜過ごす若者、
いつまでこの生活を続けるのか?
・・・とは行っても、すぐに正社員として
採用してくれる企業はない、

地方に進出していた工場が閉鎖、
他に募集している企業はなく、

子供を抱えて離婚した女性が、
複数のパートをしながら、
必死に子供を育てる、

中国などのアジアから、研修性として
やってきて、日本人の雇用を奪って行く、
その中国の人達も、正規よりも安い
給料で働いている、

もらえる年金が少なく、アルミの空き缶を
集めて、生活費にしている、

親はいるけれども、親からの児童虐待で
養護施設で暮らすことが多くなっている、

   ・・・・・

などなど、考えさせられることが多い。


実は、最近、20才代で2社・3社と転職を
する人が多く、この人達が、40才になったら
どうなっているのだろう?

と、お節介オジサンの僕は、気になっている。


もちろん、転職にはそれなりの理由が
あるのだけれども、

僕らの仕事をしていると、転職回数の多さは
さらに転職をする時の致命的な障害となることに
何度も直面しているからだ。

ましてや、年令が上がれば、収入も増えて
行かないと、家族を養って行けなくなる。

  ・・・・・


今日も、そんなことをボーっと考えていた。

皆さん、どう思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-11-01

ヒゲ社長と茶髪兄さん

ベンチャー企業の社長さんに、ある人を
弊社の応接室で引き合わせた。


「面白い組合せですよね。
 カジュアルな服装で、ヒゲを伸ばした社長と
 茶髪のお兄さん・・・。
 ちょっと異様でした・・・(笑)」

・・・と四元ちゃん。


「そう言えばそうだね・・(笑)

 あの社長と話をしていた時に、なぜか
 すぐにTさんのことが、頭に浮かんだんだよ。

 それは、外見を見てじゃないよ!
 
 あの社長にTさんを合わせたら、お互いに
 どう言うだろうな!? うまく行くんじゃ!?

 って思ったんだよ。」
 
 
 
僕らが、企業を訪問して、求人に関する打合せを
している時に、会社に帰って、データベースを
調べて候補者をリストアップすることは、
もちろんだが、

打合せのその場で、何人の候補者の顔が浮かぶ
かも大切なことの一つだと思っています。
 

そのためには、日頃から、自分の手元にある
人材のことを、思い起こす習慣をつけないと
いけなくなります。

僕の頭の中で、走馬灯のように、いろんな人の顔が、
いろんな会社の社長さんの顔や求人情報が、
グルグル回る。 
 

何人の顔が、僕の頭の中に入るか?入れられるか?

勝負です! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »