« タダじゃ転ばないよ! | トップページ | 日本に経営者がいない!? »

2007-09-30

武士道・・・

本屋さんをウロウロしていると「武士道」という
タイトルの本が何冊か並べられていた。

「武士道なんて、今の時代にどうかな?
 ・・・と言うより、そんな言葉を忘れていたな!
 武士道を感じることってないなー・・・・・・?!」

なんて思いながら、津本陽さんが書いた本を
買って読んだ。


 
正直、「武士道」ということよりも、和歌山県出身の
津本さんに興味があったというか、思い出があったから・・・。

実は、大学時代に読んだ「深重の海」という
津本さんが直木賞を取った本がとても記憶に
残っていた。

熊野灘に現れる巨大な鯨に、小船に乗った
何百人の男達が、立ち向かうのだが、遭難し、
古式捕鯨が廃れていったという話なのだが、

生死のギリギリのところで戦っている
和歌山の男達がいたということが、
凄く印象に残っている。
 
128001

話は戻って、「武士道」とは?

本に書かれていることをそのまま引用すると、

「常に死と直面し、死を恐れ、死の恐怖と戦い、
 その生死ぎりぎりのところで生まれた精神
 (スピリット)である。

 生きのびる道があってもあえて死を選ぶ。

 我が身は滅ぶとも、後人の記憶の中に
 生きるために死ぬのである。

 それは、何より強烈な『生きる意志力』である。」
 
 
今の時代は・・・?
自分は・・・?

・・・・・なんて考えた。

|

« タダじゃ転ばないよ! | トップページ | 日本に経営者がいない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/16622463

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道・・・:

« タダじゃ転ばないよ! | トップページ | 日本に経営者がいない!? »