« 面白法律相談室!!! | トップページ | 公平な立場で、キャリアカウンセリング! »

2007-09-22

スーパープログラマーはいらない!?

10年前から中国に進出、会社を設立し、
プログラミング工場として、100名以上の
エンジニアを採用・教育して、日本からの
開発依頼を受けている会社の社長さんと
お話する機会があった。

「いろいろご苦労があったでしょう?」

「やっぱり言葉の問題や、できていないのに
 『できている』と嘘をつく人が多かったり、
 効率良く仕事をしないで、わざとゆっくり
 仕事をして、残業代をもらおうとしたり、
      ・・・・・・
 いろいろありました。」

「『これで行ける』と思ったのはいつ頃からですか?」

「3年ぐらいしてからかな?
 それまでは、社員を総入替えしたり、
 口で指示するのではなくて、必ず文書で指示する
 ように仕事の流れを変えたり、・・・。」

「そうすると日本人の役目は?」

「もちろん、プログラマーとしての経験はしてもらいますが、
 あくまでも、上流SEとなるためのステップです。

 『自分はプログラマーとしてずっとやって行きたい!』
 とか、『スーパープログラマーになりたい』と言う人は
 うちの会社はお断りなんです。」
 

とてもエネルギッシュな社長さんで、勉強になりました。

|

« 面白法律相談室!!! | トップページ | 公平な立場で、キャリアカウンセリング! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/16533193

この記事へのトラックバック一覧です: スーパープログラマーはいらない!?:

« 面白法律相談室!!! | トップページ | 公平な立場で、キャリアカウンセリング! »