« 出会いは突然に! - チャンスを掴め! | トップページ | 鳩山会館で結婚パーティー! »

2007-09-13

IR担当者の苦労話・・・

ここまで株価が下がると、上場会社のIR担当者は、
株主への対応で大変なのではないかな?

 
知り合いのIR担当者には、

「そんなの今に始まったことじゃないし、
 それが僕らの腕の見せ所なんです!」

という人もいれば、

「いやー株主さんにはいろんな人がいて、時々、
 言われている意味がわからないことも多いんです。

 先日も、株主さんからの電話で、

 『ケツ捲くって逃げるんじゃないぞー!』

 って言われたんですけど、『ケツ捲くる』の
 意味がわからなくて、

 『どういう意味ですか?』
 
 って聞き直したら、

 『バカ野郎!そんなことも知らないのか!』

 ってまた怒鳴られました・・・・。
 
 
 『お前なんかカタワ(放送禁止用語)にしてやる!』

 と言われたこともあったのですが、その意味が
 わからなくて、聞き直したら、呆れられてしまったり・・・。」
 
なんていうエピソードを教えてくれる人もいます。
 
 
 
昨日、会った人は、

「株主さんから電話が掛って来た時に、
 電話の近くで、笑い声が聞こえたりすると
 冷汗が出てきます。

 『笑ってる場合か!』

 って怒鳴られることが良くあります。」

・・・と、おっしゃっていました。
 
 
 
『IR・広報』 という仕事は、上場会社にとっては
とても重要なやりがいのある仕事です。

それ故に、求人が多いのも頷ける!

チャレンジしていただける人はいませんか?

|

« 出会いは突然に! - チャンスを掴め! | トップページ | 鳩山会館で結婚パーティー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/16434546

この記事へのトラックバック一覧です: IR担当者の苦労話・・・:

« 出会いは突然に! - チャンスを掴め! | トップページ | 鳩山会館で結婚パーティー! »