« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007-08-31

携帯サイトを持っているのは5.5%?!

モバイルビジネスの会社の役員をやっているNさんと
久しぶりにお会いした。

Nさんとは、7年以上のお付き合いだろうか!?
僕はNさんをスカウトしたくて、ずーっとマーク!(笑)
しているのだが、未だに実現せず・・・。

今回は、スカウト目的で訪問したのではなく、
最近、少し変化が出来てきたような(転職相談に
来る人が多いような)気がしたモバイルビジネス業界の
ことを教えてもらおうと・・・。

 
「上場会社で、常時携帯サイトを開設している会社は
 わずか、5.5%なんですよ。

 計画している会社を入れても、12%位で、
 80%以上の上場会社は、携帯サイトを持っていない。

 プロモーション時だけ、携帯サイトを開設する会社は
 ありますが、常時開設しているのはまだまだ少ない。」


「上場会社でその位なら、うちの会社が携帯サイトを
 もっていなくても、当然ですね・・・。」


「大手自動車メーカーで、常時、携帯サイトを開設している
 のは、日産だけです。
 トヨタは、プロモーション時だけ開設しますが・・・。
 ホンダも持っていないですね。」


「やっぱり、携帯サイトで表現できる情報に限りが
 あるからじゃないですか?」


「でも、携帯の能力もアップして、フラッシュも
 使えるようになってきていますから・・・」
 
 
 
そんな会話をして帰ってきた。

もちろん、求人も頂戴しました。

Nさん、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-28

自衛隊にレンタル移籍!?

昨日このニュースを聞いて驚きました!
徴兵制度の始まりか??? なんて・・・。

確かに社員教育として、2~4日間の体験入隊は
成果が上がっているかも知れないが、2~3年と
なると、企業も考え込んでしまうだろうと思う。

世の中の変化が激しい時に、自社の正社員を
2~3年も、外部に預ける企業はあるのだろうか?

こんなことは言いたくないが(言ってしまいますが)、
自衛隊に人材を送り込むことを前提にして、
若手人材集めをして儲けよう! なんていう企業が
現れなければ良いが・・・。

逆に、人材も自衛隊にレンタル移籍されることが
わかっていて、その会社に応募していくかな?
という疑問も湧いてくる。

余程、給料が良いならともかく・・・、いやいや
給料をたくさん貰っても行かないと・・・。

 
民間企業に頼りたい気持ちもわかるけど、
自衛隊自身の努力も、もっともっと必要なのでは
ないかと思うのだ。
 
 
皆さん、どうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-27

叱りたい! でも、辞められたら困る!?

久しぶりに訪問させていただいたベンチャーの
取締役との会話・・・。

「人材の採用には、苦労しています。
 高学歴・大手企業出身者の採用は、
 見事に失敗しました。
 全員退社してしまいました。」

「原因は何ですか?」

「現場の人達との意識のギャップというか、
 何かあっても、なかなか一体感が出て
 来なくて、
 『それは私の仕事じゃないですから・・』
 なんて言っているうちに、プロジェクトの
 仲間から浮いてしまったり・・・。」

「その他の人材は、うまく行ってるんですか?」

「採用は、大手人材会社からの紹介が
 殆どなんですが、40名面接して、やっと1名が
 採用できるくらいで・・・。

 なかなか良い人がいなくて・・・。

 ビジネスの内容にはとても興味を持って
 くれるのですが、それを立ち上げるために
 業者さんやお客さんとの地道な交渉が
 必要なのですが、そういうドロドロしたことを
 やってみようという人が少ない・・・。」

「入社した人達はどうですか?」

「やっと入社してもらっても、日々の行動の中で、

 ちょっとした気遣いが足りなかったり、
 スピーディな対応ができなかったり、etc.

 で、業者やお客さんからクレームをもらうので、
 本人と話合ったりして、説明しようとしても、

 それだけで、嫌気が差して諦めてしまって、

 『自分にはこの仕事が向いていないので・・・』とか、
 『もっと楽しく仕事がしたかった・・・』とか、
 『自分らしく仕事がしたかった・・・』とか、

 という言葉を残して辞めて行く人がいます。


 最近は、叱ると会社を辞められるかもしれないので
 なかなか、バシッと叱れないですね。

 社長とは、
 『我慢しなきゃ・・・』
 って話合うこともよくあります・・・(笑)」
 
 
もちろん、社長や取締役の説明不足も
あるかもしれないが、ここまでくれば、
こういう仕事に合う遺伝子を持った人を
探すしかないというか、

そういう人に巡り合うまで探し続けるしかないと
いう感じになってくる・・・。

 
僕自身、この会社のビジネスはとても面白いと
思っていて、何とか良い人材を紹介したいと
思っているのだが・・・。

ビビビッと来る人には、まだ会えていない(涙)


探しに行きまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-26

F社が大好き?!

先週訪問した会社。
社長さんと総務部長さんが、F社出身。

「北田さんはどこにいたの?」

「武○○原にいました。生○○術本部です。」

「僕は、本社の総務部や子会社にいたけど、
 会ったことなかったかなー?
 ところで、F社に人材を紹介してないの?」

「紹介させてもらっています。
 ただ、動きというか、進み方が遅くて・・・。」

「そうなんだよ!
 なかなか判断しないんだよ。
 一つのことをやるにも、何人もの承認が
 必要で・・・。」

「そうなんですか?
 それじゃ、僕がいた20年前と変わってない。」

「リストラだって、他社がやっていた時は
 『やらない』って言っていたのに、
 結局は、一番最後になってやった・・・。」

  ・・・・・・


同じ釜の飯を食った仲間というか、そんな話で
すっかり盛り上がってしまった。
 
 
 
皆さんも、自分が以前在籍していた会社のことで、
同じように辞めた人と話が盛り上がったことがあると
思うのですが・・・。

どうしても、愚痴や悪口というか、自分が不満に
思っていたことをぶつけてしまうのではないでしょうか?

でも、よく考えてみると、そうやって盛り上がれば
上がるほど、その会社のことが好きなんじゃないかと
いつも思います。
 
 
その証拠として、その会社も僕らも、F社と仕事を
させてもらっているんです。

 
人材ビジネスの世界に入って、たくさんの会社と
お付き合いをさせてもらったけれど、とんでもない
会社もたくさんあって、

「F社は、いい会社だなー!」

って思うのです。
 
 
たまには、昔を懐かしんで、盛り上がるのもいいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-24

昔取った杵柄・・・

外資系の営業部長をしているSさんに
久しぶりに電話をしてみた。

「ご無沙汰しています。お元気ですか?」

「元気ですよ!やっと落ち着いた感じです。」

「やっぱり昔取った杵柄というか、
 こういう業界が合うんですよ・・・Sさんは・・・」


Sさんは、4年前に大手企業を希望退職で退社して
日本のベンチャー企業に転職したけれど、
内部事情は最悪の状態で、半年で退社、

その後、外資系2社も1年未満で退社したけれど、

今は、新卒で入社した大手企業と同じ業界で、
しかも、その時の上司が社長を勤める会社に
営業部長として採用され、結局、この会社に
落ち着いて頑張っている。
 

年令が上がってくると、なかなか転職というのは
スムーズに進まなくなる中で、長年勤めた業界に
勤めることができたSさんは、ラッキー!

しかも、元上司だった人から誘ってもらって・・・。
 
Sさんの若い頃の働き振りを見て、誘ってくれた
んだと思う。
 
 
いざという時のために、信頼できる人脈を
若い頃から作っておくことは、とても重要です。

貴方の働き振りを、どこで誰が見てるか!?

貴方が困って相談に行ったときに、どれだけの
人が真剣に相談に乗ってくれるか?


そんなことを時々考えてみるのも、良い!


 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-21

食べて行くために頑張ってるんですよ(笑)

携帯ビジネスの業界のことで、
いつもいろいろ教えてもらっているTさん・・・。


「僕の転職先はないですかね?」

「Tさんならいろんなネットワークがあるし
 いろんな所から声が掛かるんじゃないの?」

「そんなことないですよ・・・。」

「いろんなネットワークというか、情報を
 持っているので、正社員として迎え入れる
 ことには、逆にリスクを感じているかも
 しれませんね・・・。

 外部にいて、いろいろ教えてくれる方がいいと
 思っているかもね・・・。」

「そんなことないのにねー・・・。
 その会社のために頑張って働くのに!」

「でも、今の仕事も楽しそうというか、
 最先端の情報が入ってくるし、
 やりがいがあるでしょう?!」

「いやーそうりゃそうだけど・・・。
 いろいろ大変ですよ。
 もうそろそろ落ち着きたいですね。

 『食べて行くためにやってる』
 というのが、ピッタリです。」


「その感覚は大切だと思うんです。

 もちろん、やりたいことをやらせてもらうのが
 一番楽しいことには間違いないですけど、
 会社はいつもやりたいことはやらせてくれない。

 会社が望んでいることを、如何に解決して
 あげるかが、長く食べて行くためには
 大切なことなんですよ。」

「何でもやりますよ。
 会社が望んでいること!」

 
 
僕は、Tさんをどこかに紹介したいと思っている。

タイミング、条件、仕事内容、相手の特徴、etc.
ピターっとひらめく時があるはず!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-20

頑張れ! 20才代男子!

キャリアコンサルタントの本田勝裕さん(ポンちゃん)が
事務所に来てくれました。

ポンちゃんは、学生さん達の就職&起業支援をされていて
アチコチで講演&セミナーをやっています。
最近は、社会人向けにもいろいろやられているようです。

ポンちゃんとは、今までは年1回位、あきない総研の会合で
お会いするくらいでしたが、ここのところ、僕のことを何度か
思い出してくれたようで、メール&お会いしたりしています。


大きな声で、熱いトーク、感性を大切にする、お節介、etc.
何となく僕に似てるというか、同じようなタイプのような気が
します。
 
 
今回、2人の話題に上ったのが、

「就職していった若者が、短期間で退社してしまったりする
 ことが多くて、特に、男の子に多い!
 何とかしなきゃ!
 どうしたらいいだろうか? 」

ということ。
 
 
「頑張って大手企業に就職しても、精神的ダメージを受けて
 会社を辞めてしまった若者」

「思ったような仕事をさせてもらえずに、辞めてしまった若者」

「ちょっと上司に叱られて(失敗して)、辞めてしまった若者」

    ・・・・・・・
 
オジサンからすると、「しっかりしろー!」と言いたいところだが、
そこは、優しく若者目線で、接することが必要です。
 
「失敗は成功の糧だから!」

「若いうちは、どんどん失敗しなさい!」

「最初から、ちゃんと仕事ができる人はいないよ!
 誰でもいろんな経験をしながら、できるように
 なっていくんだよ!」

    ・・・・・・・
 
 
いろんな言葉を投げかけながら・・・。
 
 
ポンちゃんと連携して、何かお役に立てることが
できれば嬉しいなー!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-15

夏休み中、申し訳ありませんが・・・。

ある会社の人事部長さん

どんな人を紹介しても、とてもスピーディに
対応してくださいます。
(良いことも、悪いことも・・・)

先週も、ソフト開発のエンジニアの1次面接が
終わった後に、

「来週は、お盆休みもあって、内部調整が
 スピーディに進まないかもしれないので、
 2次面接への調整は、再来週になるかも
 しれませんが、ご本人には、よろしく
 お伝えください。」

という丁寧な電話を頂いたので、

「連絡が来るのは、20日(月)以降かな?」

と、僕は勝手に思っていたのだが、

「夏休み中、申し訳ありませんが、
 ○○さんの件、ご連絡いたします。」

と、次回面接の日程と条件(給与)について
Eメールでご連絡をいただきました。
 

早速、○○さんにも連絡をしてあげました。

ご本人にしてみれば、同じ待たされるのでも
途中経過をもらえるだけでも、安心できると
思います。
 
 
 
逆に、困るのが、1週間以上も待たされて、
督促をしても、いろいろ理由を付けて
待たされることです。

「今、検討中ですので・・・・」

と言う場合は、大抵は、他にも候補者が
いたりして、それとの比較になっていたり、


「現場からの回答期限が、10日後に
 なっているので・・・。」

なんて、候補者の意向とは関係なく、
自分たちの都合で採用ルールを決めて
しまっている会社もあったり・・・。

これは、大手企業に多いのですが、

「これで待てなければ、ご縁がなかった
 ということで・・・。」

なんて言われます。


「優秀な人材は、売手市場なのに、
 いくら大手と言っても、そんなこと
 言っていていいの?」

とは思いますが、そこはグッとこらえて
仕事を進めます(笑)


企業の人達だけでなく、僕達もスピーディな
対応がとても大切です。

僕らからの情報を待っている人や企業が
たくさんいます。

システム手帳を見ながら、名前と顔を
思い浮かべました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-14

夏休みでも大手企業からの求人が・・・

今週は、夏休みを取っている人も多いと思いますが、
先週末から今日にかけて、大手企業の人事部門から
たくさんの求人が届いた。

S社、T社、N社、D社、B社、K社、I社、・・・・

エンジニア系が殆どだが、経理・財務、法務などの
管理系の求人と、営業の求人も・・・。


夏休み返上か?
夏休み前に人材会社へ情報提供しておくのか?
    ・・・・・・・

いずれにしても、大手企業も人材不足で、必死に
良い人材を探している。
 
僕は、転職相談に来た人に、
 
「大手企業よりも、ベンチャー企業で、思い切って
 働いてみない?」

と言うことが多いけれど、大手企業で働くメリットも
しっかり理解しているつもりです。


- 比較的歴史もあって、技術的なノウハウや
  会社として仕組みが、しっかりしていて、
  技術力をしっかり身に付けられるし、
  最先端の技術にも触れることができる。

- また、社員の年齢層も幅広く、人間的にも
  技術的にも、いろんな人から学ぶことができる。

何と言っても、この2つかな?!

他にも、ベンチャー企業のように、今日・明日に
会社がなくなることがないことも・・・。
 

 
ただ、大手企業の場合は、大抵は、35才位まで、
たまーに、40才まで、45才までという求人が
あるくらいで、・・・・。

それと、転職回数、学歴、経験など、求められる
ことはなかなか厳しい!


さあ! 「大手企業の話も聞かせて!」

という人からのコンタクトもお待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-13

定着率が悪い会社は・・・

今週も、お仕事の人、夏休みで帰省している人、
一生懸命転職先を探している人・・・。

みなさんは、如何お過ごしですか?


こんな時期でも、たくさんのEメールをいただきます。

先日、Nさんから

「うちの会社は、外資系よりも社員の定着率が悪くて、
 人材会社にとっては、優良顧客ですよね・・。」

というメール・・・。

冗談なのか? 本当に思っているのか?

同じようなことを良く言われます。

「そんな風に考えられるんだったら、楽ですよ。
 紹介した人が、すぐに辞めなきゃいけなくなって
 平気でいられることなんてないですよ!

 その人はどうかな? 頑張ってるかな?
 いろいろ考えますよー!」

とニコニコしながら、答えることにしています。
 
 
僕らの仕事は、それが平気になったら、
辞めた方が良いと思っています。


良い紹介ができるように努力することは、
永遠のテーマ!!!

頑張りまーす! 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-11

社交ダンスに、テニスに ♪♪♪

070809_001


「北田君も社交ダンス始めたらどう?
 やるなら早く始めた方がいいよ!」

「いやー、僕はリズム感がないし・・・」

そんな会話を10年以上続けている(笑)


久しぶりに、顧問をお願いしている宿谷さんが
事務所に来てくださった。

富士通時代に大変お世話になった人で、
会社を設立当初から顧問をお願いしています。


思い出します。

ちょうど、僕が会社を作ろうとしていた時、
娘さんご夫婦と一緒に買い物をしている
宿谷さんと、8年ぶりにバッタリ会った。

ちょうど、富士通を定年退職されたばかりで
顧問をお願いしたところ、快く引き受けて
くださいった。

ありがたかったなー!!!

1人で会社を始める心細さを感じていた
僕にとって、本当にありがたかった!

勇気が湧いてきたのを覚えている。
 
 
 
その宿谷さんは、社交ダンスとテニスが趣味で、
会うといつも楽しい話を聞かせてくれる。

「社交ダンスでテレビに出たよー!
 あとでビデオ観たら、ヘタクソで恥ずかしいよ。

 パートナーに、もっとリズミカルな踊りをしようと
 言われて、着いていけなくて・・・。

 テニスも最近は、キャノンを退職した人が
 グループに加わって、田園調布のキャノンの
 コートを借りてるんだよ。

 娘は、フラダンスやっているよ(笑)」

 
僕も60才過ぎたら、どんな趣味を?(笑)

でも、元気が一番!!!
宿谷さんに会って、いつも思うことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-10

やっぱり・・・がっくり・・・

この仕事を20年近くやってきた「カン」は当ります。

年令と転職回数の多さで、1年近く、再就職先が
決まらなかったMさん・・・。

僕らからある会社を紹介していたのだけれど、
別のルートで紹介された会社に決めた・・・。


その時に僕にくれたメール。

「就職が決まりました。 一回の面接、それも一時間弱。
 それだけで採用の決定を頂き、この勢いに乗ってしまえ
 と思い、自分も即断でOK。
 来週から出社という運びになりました。

 これまでの苦労が何だったんだと思うくらい、 あっと
 言う間の出来事でした。
 
 前職での同僚の紹介、彼の大学の同期生が立ち上げた
 ベンチャーです。

 今になって、本当に良かったのかなと思いつつも、
 これも何かの「縁」だと、 この若い会社で頑張ろうと
 考えています。
 果たしてどんな会社か心配(楽しみ)です。

 この一年間、いろいろなことを思い、新たな友人も増え、
 とても良い経験をさせてもらったと考えています。
 この1年の充電期間を無駄にすることなく新しい職場で
 頑張って行こうと考えています。

 これまでいろいろと相談にのって頂き、本当に有難う
 ございました。」


そして、僕がMさんへ返したメール・・。

「ご連絡ありがとうございます。

 1回の面接、1時間弱・・・というのは気になりますが、
 今までなかなか案件がなかったことを考えれば、
 贅沢は言っていられないと思います。

 入社後も、予想しなかったことが起こると思いますが、
 是非頑張っていただければと思います。

 新しい職場でのご活躍を祈念しています。

 今後ともよろしくお願いします。」
 
 

そして、2週間後、Mさんからのメール。

「新しい会社で、2週間を過ごしましたが、
 ベンチャーの貧乏暇なしの生活にも慣れてきました。
 幾つかの修羅場もしのぎつつ、社長の信任を得つつ
 あるのかなと感じています。

 そのような状況で人探し、いいエージェントをしらない?
 という話もするようになりました。

 実際、小職のチームでもエンジニアが足りず。
 急場しのぎでアジア系外国人を派遣で使ったりしています。

 もともと社員を採りたいのに見つからない、いないという
 現実に派遣、外注でしのいでいるという状況です。

 そこで、オフビートに相談しようと考え、メールをしました。」

 
早速、Mさんの会社を訪問して、人事の責任者の方と打合せ。
会社の雰囲気も含めて、何となく ?????

続きを読む "やっぱり・・・がっくり・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-07

エスキモー商売!?

あるベンチャー企業に営業マンを紹介した時の
社長の言葉。


「いつも親しくしてくれて、無理も聞いてくれる
 お得意さんを持つことも大切だけれど、
 ベンチャー企業はそれだけではダメで、
 エスキモー商売もやれないとダメなんだよ。」

「・・・・・・・」

「エスキモーのような、情報通信機器を
 必要としていない人達にも、物を売らなきゃ
 いけない時もあるということ!

 それができないと、ベンチャーは勤まらないよ!」

「・・・・・・・」
 
 

面接をされている側は、きょとーん・・と
してしまっていたが、きっと、この言葉を
いつか思い出すタイミングがあるはず!

いや、あって欲しい!

 
 
 
帰り際に、

「北田さん、
 本当に良い人材がいないね!
 筋金が入った奴がいない!
 何とか探してよー!」

「『はい!わかりました!』と
 スパッと言えないのが残念ですが、
 居たら必ず連絡します!」

そんな会話をして、帰ってきた。
 
 

どこも人材不足・・・。
良い人材が不足している!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-06

たまには愚痴らせてください!

先日お会いしたOさん

「一生懸命やってるんですが・・・。
 良かれと思ってやったことを、上司から
 否定されることが多くて・・・。」

「上司がOさんに望んでいることというか
 やって欲しい仕事と、Oさんのやっている
 ことが、ずれているんじゃないですか?

 『そんなことやってる時間があるんだったら、
  こっちをやってくれ!』

 と思われていたりして・・・。」

「その通りです(笑)
 でも、言われていることって、時間も掛るし
 簡単に出来ることではないし・・・。
 自分がやれることから・・・。」

「うーーん・・・・。
 上司が望んでいることをまずやって
 それで余裕があれば、他のことを
 やったら?」

「・・・・・・」

「でも、Oさんが愚痴るのって珍しいですね。」

「たまには、愚痴らせてくださいよ。
 なかなか成果が上がらないので、
 自分自身が、焦っちゃってるのかも
 しれません・・・・・」

  ・・・・・・
 
 
転職相談に来られる人の中にも

「上司が自分のやっていることを
 理解してくれない・・・。」

という人が時々いらっしゃいます。
 
 
そんなことを感じたら、上司にしっかり
相談して、話合うことが大切なのですが・・・。
 
 
上司が自分に何を望んでいるか?
会社は自分に何を期待しているか?

上司の立場に立って、会社の立場に立って、
時々は考えてみると面白い!


Oさん!
いつでも愚痴聞きますから、頑張ってくださいね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-04

蕎麦と言えば、「九段 一茶庵」

070705_002


土曜日に会社に出勤していると、
知り合いのYさんから、携帯に電話が・・・、

「今、会社にいる?
 近くまで来てるんだけど、近くの
 美味しい蕎麦屋さんで、一緒に
 お昼食べない?」

「うちの会社の近くに、美味しい蕎麦屋
 あったっけ?」

「知らないの? 有名だよ!」

    ・・・・・

それで、連れて行ってもらったのが
九段一茶庵

事務所から歩いて2分の距離にあるのに
本当に知らなかった・・・。

070705_001


それ以来、結構、病み付きになっている。

神保町といえば、安くてボリュームがある
お店が多いのだが、

一茶庵は、高級感を感じつつ、品があって
本当に美味しい!!!

僕の場合、
「夏は、胡麻せいろ、冬は、鴨南そば」
が多いかな!?

蕎麦の後に、デザートのわらび餅も
欠かせない一品だ!
 
 
 
皆さんも、是非一度、行ってみてください。

そう言えば、ソフトバンクの王監督にも
このお店で会いました(嬉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-03

オフィスのイメージは大切だけれど・・・

「決して外見で判断しているわけではないですが、
 あの事務所では、お客さんを呼べないでしょう!?
 ちょっと不安になりました。」

企業に面接に行った人から、時々、こういう声を
聞きます。


そう言えば、あるネットベンチャーの事務所に
始めて訪問した時、あまりに古い建物だったので

「社長! 事務所はもう少し綺麗な場所へ
 移転は考えてないのですか?」

「だって、まだ、売上がないんですから!
 売上が上がれば、移転しますよ・・・。」

「このビルでは、売上にも影響しているのでは
 ないですか? お客さんも心配になる。
 それに、人材も集めにくいですよ!」

   ・・・・・

なんて、僕は失礼な会話をしてしまった。

この会社は、その後、売上を伸ばし、株式上場し、
オフィスもあっと驚くビルに移転した。

その時の社長が

「これで、売上が上がらない? という言い訳が
 できなくなったよ!」

と、当時の営業本部長にプレッシャーを掛けて
いたのが、記憶に残っている。
 
 
 
この例以外にも、青山、銀座など都内のアチコチに
散らばっていたオフィスを、川崎に集結・移転させたら
社員の人達が、たくさん辞めたとか、

逆に、丸の内、青山にオフィスを移転した途端に
人材がたくさん応募してきた! とか・・・・。
 

オフィスのイメージはとても大切です!!!
転職する際の、判断材料になっていることは
間違いありません!


もちろん、それだけでないですが・・・。

創業したばかりのベンチャー企業が、
豪華なビルに入っていると

「大丈夫かな?」

と心配になったり、

儲かっている会社が、以外に地味な建物に
入っていると、

「うまくやってるな!」

と感心したり、・・・・。

 
一概には、判断できませんが、どんなオフィスに
入っているか?だけでも、いろいろ考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »