« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007-07-31

飛び込み営業・・・ご苦労様です!

本当に飛び込みの営業が多くなった!

ピンポーン!

「この辺を担当しているものですが・・・」
「何の用?」
「求人広告のご案内です。」
「うち、人材会社なんですが・・・。」
   ・・・・・

そんな会話が毎日繰り返される。

en-japanさん、JACさん、リクルートさん、etc.
皆さん、大手企業だ・・・。


「ここから先は、履歴書&職務経歴書を
 持ってくれば、入れます・・・(笑)」

なんて、僕は冗談を言って、帰ってもらいます。
(未だに、履歴書を持ってきた人はいませんが・・・。)
 
 
 
 
飛び込み営業の電話も多い!

「社長さんは、いらっしゃいますか?」
「社長は、外出中ですが(居留守)、
 ご用件は何ですか?」
「・・・・」

とか、

「北田社長はいらっしゃいますか?」
「はい、私ですけど、何の御用ですか?」
「今日は、御社のHPを見させていただいて
 SEOのご提案を・・・」
「もうそんな電話ばかりで、結構です。」
「・・・・」

とか、・・・

それ以外には、個人投資用マンション、
転職サイト、求人広告、融資、etc.



その度に、頑張ってるなー!  ・・と思う反面、

確かに、飛び込み営業は、営業の基本の一つ
かもしれないが、この営業の人達は、これで
いいのかな? と思うことも多い!
 
 
 
皆さん、本当にご苦労様です。

仕事で悩んだら、迷わず、
履歴書&職務経歴書を持って、
僕の所へお越しください!

もっと高度な面白い仕事に
チャレンジできます!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-30

フリーターの若者を正社員に!

ある派遣会社の社長さんとのお話。

「うちはフリーターの若い子達が
 いっぱい登録していて、空港や工場、
 オフィスへ派遣させてもらっているんだけれど・・・。

 若い子達を見ていると、何とか正社員で
 働かせてあげられないかと思う。

 確かにキャリアはないけど、性格の良い子も
 たくさんいて ・・・。」


「そうですよね!
 でも、僕らに来る求人は、経験者を探していたり
 結構、学歴も問題になることも多い・・・。

 逆に、未経験の案件があっても、思い切って
 飛び込んでいけない人もいて、勿体無い!と
 思うことも何度かあります。」


「自信がないんだと思います。
 本当にその会社で働いていけるだろうか?
 前の会社のように、変な会社だったら嫌だな!
 ・・・なんて考えてしまう。

 ちょっと背中を押してあげないといけないかも・・。」


「まずは、正社員になって、修行というか
 正社員で働いたという実績を作ることが大切で、
 そこで自信も付けてもらって、次のステップへの
 足がかりを作ればいいのですが・・・。

 僕は、『2ステップで考えようよ!』って
 アドバイスすることが多いです。」

 
 
何とか正社員に!  僕も思います! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-29

選挙になると連絡が・・・

高校時代の同級生のNくん

3年間同じクラスだったこと、
お互いに関東に就職したこともあって、
今でもお付合いをさせてもらっている。

そのNくんは、選挙になるといつも連絡をくれる。
理由はご想像にお任せしますが、
最初のうちは、

「選挙の時しか連絡くれないねー(笑)」

なんて、嫌味を言っていたのだけれど、
最近は、Nくんも僕も慣れたもので、
電話で楽しい会話で、盛り上がることができる。

「たまには、会おうや!」

「そうやね。Mちゃんも呼ぼうよ!」

「メールで連絡するよ!」

   ・・・・・


今、テレビは、自民党の大敗を報じているが、

そんな選挙が、高校の同級生との距離を
縮めてくれていることに感謝している(笑)

再会が楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-27

僕が応募したい! (笑)

東証1部上場会社からの求人!

先週、新規事業推進部のTさんが
わざわざ事務所に来てくださった。

以前は、Tさんをスカウトしようと何度か
コンタクトを試みたが、それも叶わず・・・。

ところが、Tさんを紹介してくださった
Kさんから突然の電話、

「北田さんも、ようやくTさんに会えるよ!
 Tさんの部門で人探しをしているようなので
 相談にのってあげてよ!
 連れて行っていい?」

「転職相談でも、求人でも、OKです!(笑)」


新規の事業化を一緒にやってくれるプロマネを
探しているらしい。


「最初に、立ち上げたゴルフ関連事業が軌道に
 乗りつつあって、これからシステム開発や運用を
 マネージできるプロマネが必要で・・・。」

「やっぱりゴルフが好きでないとダメですか?」

「そうですね。それ以外の事業も立ち上げて
 行きますが、手始めはゴルフなので・・・。」

「以前、ゴルフ予約サイトを立ち上げた人が
 『それまでゴルフをしなかったけど、50才に
  なって始めました!』
 って言ってたのを聞いたなー・・。」

「やっぱり、お客さんにシステムを導入して
 もらうので、プレーをしないとね・・。

 週2回はゴルフをすることになります。」

「それ、僕がやりたいなー!」

「よくそう言われるんですけど、週2回は
 結構きついですよ!
 余程好きでないと!」

「僕、大丈夫だな!?」

  ・・・・・・

そんな冗談を言いながら、

「誰かいないかなー?」

と、頭の中で走馬灯のように人の顔が
ぐるぐる回る・・・。
 
 
どなたかいらっしゃいませんか?
ゴルフが好きで、
「新規事業に携わってみたい!」
と言う人!!!

ご連絡をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-25

Friday bomb!

文字通り、「金曜日の爆弾!」

○○業界のビジネスをしている会社の人が
教えてくれました。

「彼らは、金曜日なるといろんな難問を
 投げてきて、開発エンジニアは、土日は
 休めなくなる・・・。

 『どうして金曜日に言うんだ?
  水曜日とかに言ってくれ!』
 と何度お願いしても・・・。

 まるで奴隷のように・・・。」

 
そんなことあるんですね!


「ある!ある!」

って思っている人も多いのでは???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-24

結局は、社長との相性です・・!?

「社長との相性!?」

僕らの仕事では、良く聞く言葉ですし、
紹介する時に、僕らがよーく考えないと
いけない事柄の一つです。


先週もある会社を訪問した時のこと。

「中途採用の社員が長続きしなくて・・・。」

「理由は何だと考えていますか?」

「社長が個性豊かなので・・・。」

「でも、取締役は、中途で入社して10年近く
 勤め上げて、役員になってるじゃないですか!」

「・・・・・」

「そういう環境でも、残って活躍できる人って
 いるんじゃないですか?」

「自分の場合も、いろいろ言われましたけど、
 プライドを捨てて、一生懸命にやっているうちに
 信頼関係が出来てきて・・・、

 と言っても、いつ崩れるかわかりませんけど・・」

「普通は、いろいろ言われて我慢できなくなって
 やめてしまうと思いますが、頑張れた理由は
 何かありますか?」

「うーーん・・・。

 『うちの社長は凄いな!』 って思ったことが
 何回かあって、嫌でムカつくこともあるけど、
 頑張ってこれてるのかもしれません。

 ・・・・・

 理屈じゃないですね!
 相性!相性! ですよ。」
 
 
 
この仕事を20年近くやってきて、以前に比べれば
個性を前面に出す社長さんは少なくなった。

実は、個性豊かなんだけど、表面には出さず、
社員や社外の人の前では、役者になっている
(演じている)社長さんも多いような気がします。


僕の気のせいかな?
 
 
きっと、演じられるくらいじゃないと
社長は務まらないのかもしれませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-22

納涼屋形船 - 第5回‘北田’の食事会

今回は、47名もの大勢のご参加をいただき、
品川の船清さんの屋形船(おり姫)での食事会です。

あきない総研の吉田さんの乾杯の音頭で
賑やかな宴会の始まりです。
070721_006

ネット、ベンチャーキャピタル、ゲーム、商社、
スポーツ、アパレル、人材、臨床心理士、etc.
様々の業界から!!!

さらには、韓国、三重、佐渡島、大阪、etc.
国際&地方色豊かに!!!
070721_003_1


 
 
屋形船の楽しみは、やはり、とても美味しい
揚げたての天ぷらと、飲み放題のお酒!

そして、なんと言っても、綺麗な夜景です。

お台場沖には、たくさんの屋形船が出ていて
さらには、フジテレビ辺りの夜景は最高です。
070721_014


デッキに寝っころがって、「気持ちいいー!」
と奇声を上げる人、

しんみり夜景を観る人、
070721_013

サッカーのアジアカップの結果が気になって
ワンセグ携帯を見入っている人、etc.
(途中経過報告、ありがとうございました!)

それぞれの楽しみ方で・・・・!

070721_010


070721_011_1


070721_016


070721_009


070721_015_1

 
 
本当にありがとうございました!
0707211

 
 
PS. 今回のベストドレッサー賞!
    浴衣で登場の道明ちゃんです。
    格好良かったなー!
070721_001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-20

年令制限・・・・・!?

クライアントの総務の女性。
電話をするといつも明るく応対してくれる。
対応の小気味良さが、僕には心地よい!

先日、会社に訪問した時も、初対面を
感じさせない、ずっと前から知り合いの
ような錯覚さえ感じる。
 
 
「社長! あの総務の女性、いいですね!」

「ありがとうございます!
 社員のことを褒められるのは嬉しいです。
 
 実は、彼女45才なんですが、40才未満で
 求人広告を出したのに、応募してきたんです。

 『この人は年令オーバーですから、断っていいですか?』

 と人事の担当が聞いてきたのですが、

 『40才未満の求人なのに、どうして応募してきたのか聞きたい』 

 と僕が思って面接をしたんです。

 

 『年令オーバーなのに、どうして応募したの?』
 
 って面接でいきなり聞いたら、彼女は、

 『いきなりその質問ですか!?』

 と言った後に、間髪を入れずに、

 『求められている仕事内容が、自分の今までの経験と
 一緒だったからです』

 と答えてくれたんです。

 すぐに採用を決めました!」
 

縁というのはこういうものでしょうか?

彼女が、求人広告の年齢制限を見て、応募しなかったら?
人事の人が、社長に聞かずに断っていたら?
彼女が、社長の質問にうまく答えられなかったら?

     ・・・・・

もちろん、彼女の誰でも明るくさせる人柄の良さとか、
他に応募者が少なかったこととか、 etc.

いろんな要因はあると思うが・・・。
 
 
 

「僕も(私も)ダメ元で応募してみようかな?」
とこれを読んで思った人も多いかもしれませんね。


年令については、僕は

「20才の老人もいれば、50才の若者もいます。
 気持ちの持ちようです。
 心も体も、外見も若々しくいることが大切です。」

という話をいつもします。
 
 
けれども、実際に企業に紹介しようとすると、
やはり年令は大きな壁となります・・・。


理想と現実は・・・・厳しい!!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-19

GetRoboブログ

GetRobo」というブログから、ロボットの開発や
市場動向に関する情報を発信している
影木准子(かげき・のりこ)さんにお会いした。

影木さんは、元日経新聞社の記者で、
シリコンバレーに在住、フリージャーナリストとして
活躍される傍ら、GetRoboを立ち上げられた。

今回の来日中に、第1回GetRoboフォーラムを
開催されるなど、積極的に活動されている中、
貴重な時間を作ってくださった。


「ロボットの開発に携わるエンジニアが不足している。」

「ロボット・FAに関するショーをやっても、米国では
 200人位しか集まらないが、日本では、東京国際
 フォーラムや展示場に、たくさんの人が訪れる。」

     ・・・・・・・・・

それに、僕らが大変お世話になっているS社の
情報もしっかりキャッチされていたり、

影木さんの日経新聞社時代の上司が、僕が何度か
お世話になった方だったり、

楽しい&貴重なお話をたくさん聞くことができた。
 
 
 
影木さん! 本当にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。
 
 
そしてそして、
影木さんを僕にご紹介してくださったGさん!
本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-18

携帯電話も、Eメールもなかったら・・・

昨日の弊社メルマガの「四元的身辺雑記」への
お返事です(笑)


携帯電話もEメールもなかった時、転職相談、
人材スカウト、ヘッドハンティングetc. は、
どうやっていたのか?


10年以上前の時代は、もちろん、会社&自宅に
電話を掛けていました。


会社には就業時間中にも掛けたし、ちょっと
気を遣って、昼休み時間に掛けたり・・・。

外資系企業の人は、就業時間中に掛けても
慣れているのか、ちゃんと応対してくれて
後でお会いできることが多かったけれど、

日本企業の人は、
 「仕事中ですから!」とか、
 「今は考えていませんから・・」とか、
なかなか相手にしてもらえないことが多かったかな?
  
 
  
自宅へは、平日の夜か、土日に!

帰宅が遅い人も多くて、夜の11時or12時に
電話したこともあったり、朝早く掛けすぎて
相手がまだ寝ていたり・・・。

自宅への電話は、相手のプライベートの様子を
垣間見ることがあって、考えさせられることも
多かった・・・。

「自宅へは電話しないでください!
 家族には、内緒ですから・・・・・・。」

「うちの息子は、良い会社に勤めているん
 ですから、転職なんて勧めないでください!」

「うちの主人が何かやってるんですか?」

    ・・・・・・・

 
 
 
電話以外には、ダイレクトメールや手紙を
よく利用していた。

当時は、個人情報云々というのは、あまり
騒がれておらず、大学の卒業者名簿や
学会名簿を購入して、候補者を絞って

「転職しませんか?」

という内容の手紙を郵送していた。
 
 
ダイレクトメールの返信率は、1~2%だった。
それでも、自分の人脈を作るには、随分
役立ったと思う。
 
 
それと、18年前にこの仕事を始めた時は
手書きの手紙を書いたこともあったかな?

字が下手なので、何度も何度も書いては
破り、書いては破りして・・・(笑)

今となっては、懐かしい思い出だ・・・。


 
確かに、携帯電話とEメールの出現で、
僕らの仕事も随分とやり易くなったが、

何よりも、転職を考えている人達が、
簡単に情報を入手することが出来るように
なったことが、一番かも知れない。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-07-17

昇進試験に合格しました!

 
「実は、昇進試験を受けたんですよ!」

「それで、結果はどうだった?」

「落ちていたら、言いませんよー!
 合格しました! (笑)」

「おめでとう!!! 良かったね!」

「今の上司が結構、力になってくれて・・・」
 
   ・・・・・・・


Mさんとは、ある人の紹介で、6~7年前に
知り合ったのだが、転職相談にのった覚えは
少しもない。
それなのに、ゴルフコンペには参加してくれたり
時々会って話をしている。不思議な関係・・・。
 
 
実は、僕は、Mさんのことを凄く心配していた。

Mさんの希望ではないのに、結構頻繁に
部署を移動するからだ。

「使い辛くて、上司に嫌われるのかな?」

「大変な仕事ばかりさせられて、
 うまく利用されているのかな?」

なんて、いろいろ推測していた。
 
 
確かに、少し変わっているかも知れないが、
仕事は一生懸命するだろうし、人も悪くない。
 
 
そんなMさんが、昇進試験に合格したと言う。
そして、感謝の気持ちを忘れない。

「正直、昇進試験の声も掛からないかも
 しれないと思っていました。

 今の上司が熱心に推薦してくれて・・・。」
 
 
昇進試験に合格というのは、会社に認められた
というか、本人にはとても嬉しいことだろう!
 
 
「これでも、転職して行った先輩から
 『転職しないか?』
 って誘われたこともあるんです。

 かなり高い年収を提示されたけど、
 『僕は大手でのんびりやりますよ・・・』
 って断ったんです。」

「そうだよね。
 転職したら、のんびりできないよね(笑)
 転職は戦いだよね!」
 
 
そんな会話をしながら、
「本当に良かった!」
と思った。

管理職になれば、大変なこともたくさんあると
思うけど、Mさんには、是非頑張って欲しい!
 
 
 
Mさん 本当におめでとう!!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-16

台風一過・・・

僕は何となく台風が怖い・・・(笑)

小学校低学年の頃だったと思う・・・。

僕の実家では、大きな台風が接近すると
風で物が飛んできたり、強風で、ガラスが
割れないようにするために、父親が、
玄関や窓に板を打ち付けて、台風に備えていた。

(台風がくると一大イベントのようだった)


ある強い台風が来た時、
ヒュー!ヒュー!ヒュー! と不気味な音がする度に

なんと! 
玄関の木製の戸が、大きく曲がって、今にも
レールから外れて、家の中に飛んで来そうなのだ。

僕は子供ながらに、戸を押さえに行こうとすると

  「あほー!危ないからこっちに来い!」

と父親に怒鳴られた・・・。

 
あの時の「戸が大きく曲がって飛んで来そうな」
光景が今も忘れられない。

そんな体験のトラウマなのか、台風が来ると
何となく心配になる。
 
 
今回の台風も母親に聞いてみた。

「大丈夫だった?」

「板打ったのに、大したことなかったでー」

「もう打たなくてもいいんじゃない?」

「そんなことないで!
 物飛んできてガラス割れたらどうすんのよ?」
 
 
僕の実家は、今も、板を打って台風に備えている。

皆さんのお家は大丈夫でしたか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-11

ハマっているお店 - 和伊わい亭

070711_002


今、結構ハマっているお店がある。

会社の近くに最近出来た「和伊わい亭」という
イタリアンのお店・・・。

ランチタイムになると必ず思い出す。
さすがに、毎日とは行かないが・・・。

070711_003


カウンターが8席、2人掛けテーブルが2席
すぐに満員になってしまうので、ランチは
少しフライング気味に行かないと・・・。

オーナーシェフが1人で全ての料理を作っている。

どれを食べても、美味い!!!!!

070711_004


今日は、ツナとオニオンのトマトスパゲッティを
食べた。ボリュームがあって、お腹いっぱい!

800円です。


夜も一度行ったけど、やっぱり美味い!
 
 
残念なのが、1人いるアルバイト(日替わり)の
動きが鈍いこと・・・・(残念!)
 
わがままな僕は、一度アルバイトを怒ったことが
あって、その次に行った時に、シェフが、デザートを
サービスしてくれた(笑)


神保町に来られた時は、立ち寄ってみてください。
(土曜日もやってます!)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-10

近々ご相談したいことがあるのですが・・・

一瞬、『ドキッ!!!』 とした。

5年前位にある会社にご紹介したTさんからの
久しぶりのEメール・・・。

しかも、平日の夜に会いたいと言う。

「どうしたんだろう?
 また、転職したいのだろうか?」

そんな風に考えてしまうのは、この仕事の
いけない習慣?なのかもしれない。


「彼なら今どこの会社に紹介できるだろうか?」

なんて考えながら、待合せのホテルのロビーに
早めに行って待っていると、笑顔で現れ、

「どうも、ご無沙汰しています!」

「お仕事はどうですか?」

「大変ですよ・・・。」

「どうかしたの?相談って?」 

<ドキ!ドキ!>

「私の部下を探してほしんです。」

<ホッ!>

「どういうこと?」

「今は、私と部下の女性と2人で仕事を
 こなしているんですが、会社も上場して
 大きくなって、とても2人では回せないし、
 私の将来の後任も育てなきゃいけないし、
    ・・・・・・
 ようやく、『探してもいいよ。』という許可が
 会社から出たんです。」

「人事に話した?
 人材会社に求人を出しているんじゃないの?」

「人事に頼んでいるんですが、もう1ヶ月も
 音沙汰なしで、これは、自分で動かないと
 いけないかな? と思って、北田さんに
 連絡しました。」
 
    ・・・・・・・
 
取り越し苦労でした(笑)

その後、プライベートのことも含めて
話が盛り上がった。


ご紹介した人からの求人!
僕らにとっては、とても嬉しい求人です。

 
しかも、彼が入社した後に、会社は株式上場を
果たし、部長職になり、年収も入社時よりも
300万円以上もアップしたと言う。

 
こんな事例をたくさん増やしたい!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-07-09

10分1000円カットの技

関東では、駅構内や街角でよく見かける
1000円カットのお店の人の話。


「10分でカットするという能力は凄いんです!

 お客さんの頭の形、髪質、髪型は、それぞれ
 違うわけで、それを一瞬で見分けて、
 時間配分をして、10分で切り終わる。

 能力のない人はできません!」

 
・・・・なるほど!


僕も月1回は髪を切りに行くけれど、
短時間で終わると、

『手を抜かれたのかな?』

と思ってしまって、それなりに時間を掛けて
もらうと、

『今日は丁寧にやってくれたな!』

と出来映えに関係なく、満足してたりして、
これからは、考えを変えないといけないなー!
なんて思ってしまった・・・。
 
 
 
一方で、青山、表参道、代官山、etc.
高級な美容院もあるし・・・。

顧客ニーズに合わせて! ということだろうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-08

結婚記念七夕パーティー 

2007年7月7日(土)
Hさん&Kさんの、結婚式の2次会パーティーに
お誘いいただいて、表参道に出掛けていった。

Hさんとは、7年近いお付き合いだろうか?
クライアントの営業担当取締役として
お会いしたのがキッカケで・・・。

僕よりも15才近く年下なのに、僕の方がいろいろ
教えてもらうことが多い!

結婚パーティに呼んでもらって、本当に嬉しかった!

070707_003


 
 
・・・が、

「やっぱりネット業界の若い人ばかりだろうから、
 気後れしないようにしないとな・・・。」  とか、

「知った人もたくさん来るだろうから、どんな話を
 しようかな?」 とか、

「いろんな人に挨拶して回ろう!」 etc.

いろいろ考えてしまう・・・。
 
 
結局、開演30分前に会場に入って、パーティが
始まった時には、既に、ビールを3杯飲んでいた(笑)

続きを読む "結婚記念七夕パーティー "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-06

都内で戸建住宅を・・・

不動産業界からの求人が多い!

どこの会社からも依頼があるのは
「用地仕入れ」の人材・・・・・。

都内で戸建住宅の販売をしている
会社の人が言っていた。

「都内で戸建なんか買えないと
 思っている人が多くて、土地は
 小さいけれども、3階建てなどで
 5000万円位で販売すれば、
 喜んで買ってくれるんです。」

「狭い土地や斜面の土地を見た時に

 『ここだったらこんな家が建てられる。』
 『普通なら2戸の広さだけれど、
  うちなら3戸建てられるな。』

 って、予測できるのが、用地仕入れの
 優秀な人材なんですよ・・・。」

 
 
そう言えば、

「こんな所によく家(マンション)が建つなー・・。」
「ここってこんな広かったっけ?」

と思うことってよくある。

 
 
用地仕入れをする人は、

「土地を見た時に、どういう建物を建てられるかを
 想像できないといけない!

 それも、僕のような素人が想像も出来ないような
 場所に・・・・・・。」


また、勉強しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-04

カップルでハローワーク・・・

ハローワークの職員の人とお話した。


「最近は、カップルでハローワークにやってくる
 若者が多いんですよ。

 それ自体は悪いことじゃないんだけれど
 相談の時に、話していると、なんとなく
 自信がないのかな? って思う。

 自分で判断するのは不安だというか、
 相談できる人が欲しいというか・・・。」
 
 
 
「微笑ましいねー!」と思うか?
「だらしないなー!1人で行きなさい!」と思うか?

いろいろだと思うが、フリーターやニートの若者が
自分のこれからの仕事に不安を持っていることは
事実なのだと思う。


「この仕事は自分に向いているのだろうか?」
「こんな仕事をやりこなせるだろうか?」
「先輩&同僚とうまくやれるだろうか?」
   ・・・・・・・・

不安は尽きないらしい・・・。
 
 
 
今度、ハローワークを覗いてみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-03

人材紹介会社は信用できない!

こう言われたのは何度目だろうか?
いきなり先制パンチを食らわされた感じだ(笑)


「一生懸命紹介しているんだろうけど
 『この人は優秀ですよ。』 とか
 『こんなに実績があって、いい人はいないですよ。』etc.
 人材の良いことしか言わない。

 大手人材会社の推薦文なんかは、
 『よくここまで書くなー!』
 と思うくらいに、書いてくる・・・。

そこまで言うならと採用してみるけど、短期間で辞めていく。

『人材紹介会社と求職者が、手を握っていて
 次々と紹介して儲けているんじゃないか?』
 って思うことも良くある。

よく考えれば、そんなに素晴らしい人なら、人材紹介会社へ
相談に行かなくても、いろんな会社から声がかかるだろう。

嘘つきな人材紹介会社が殆どだ!

そんな経験をずーーとしながら、自分たちも人を見る目を
しっかり養ってきたから・・・。」
 
 
「・・・・・・・。」

「北田さん、嘘つかないよね。正直な人だもんね。
本音で話をしましょう!」
 
「嘘つくかもしれませんけど・・・・(笑)

 まずは、気楽に何でもご相談ください。
 求人は、電話でもEメールでもOKですから、
 まずは、ザックバランに依頼内容を教えてください。

 僕らの情報量は大手に比べてずっと少ないですけど、
 他とは一味ちがった面白い情報を提供できるように
 頑張ります。」

 
 
僅か40分程の打合せだったが、
身が引き締まる思いがした。
 

さぁー!この会社に紹介できる人材を探そう!


「オフ・ビートから紹介される人材は、
 他の会社からとは一味違う!」

と言わせたいなー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-02

35才で年収1000万円を達成したあとは・・・?

先日、ある人の紹介でお会いしたGさんの話。


「『35才になったら、
 年収1000万円は貰っていたい!』

 これを目標に頑張ってきた。
 転職の度に給料は上がって、
 思ったとおりになってきた。

 その代わり、
 友達を失くしていったかもしれない、
 家族ともあまり時間を作れなかったかも、・・・。

 いざ、35才・年収1000万円を達成してしまうと

 『次の目標はなんなのか?』

 『目標達成が、ちょっと早すぎたかな?』

 『回りにいる人のことも、
  どうも見切ってしまうというか、
  その程度の人なのか?』

 と思ってしまって、・・・・。
 
 
 
 次の転職を考えようとすると、
 自分がモチベーションを上げて
 取り組める会社・仕事というのは
 どういう仕事なのか?

 ヘッドハンターに紹介された会社に
 面談に行っても、面接してくれる人の
 雰囲気を見て、疑問に思ってしまう。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     」

 

実は、Gさんのような人が増えている。

ある意味実力主義というか、年令が若くても
一生懸命頑張れば、それなりのポジションと
年収を得られるようにはなってきた。

「あの人のようになりたい!
 あの人に追いつけ!追い越せ!」

で頑張ってきたんだけれど、目指す目標が
見えなくなって、さらに転職をしようとするが、

「大手企業では、最初からそんなに年収を
 出してくれたり、責任あるポジションを
 任せられたりはしない・・・。

 ベンチャーだと、なかなか目標にしたり
 いろいろ学べるような人材が少ない・・・。」

と悩んでしまったりする。
 
 

僕は、そういう人達には、

「まだまだ若いけれども、
 これからは、貴方を目指して頑張るような
 若い人材を育てる段階になってきているの
 かもしれないね・・・。」

と話したりしています。

 
 
先頭に立つ人間は、その立場での悩みがあり、
あとを追いかけている人間には、また、その
立場での悩みがある。
 
 
 
やっぱり、人それぞれですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »