« 日本人逆輸入!? | トップページ | 社長自ら口説く時代!? - 優秀なエンジニア »

2007-05-13

インドのプログラマーは、年収50万円!?

某外資系企業のシステムのアジアパシフィックの
責任者の方とお話をさせていただいた。

「開発もグローバルに考えて、コストが安くて
 一定の品質が保たれれば、全世界の何処で
 開発しても良い状態を目指している。

 インドで契約しているプログラマーの人達の
 年収は、50万円。

 日本で同様の契約をしようとすると、
 年収800~1000万円、

 米国では、1500~2000万円 もする。

 どう考えても、インドで開発をした方が
 メリットが大きい。

 米国と日本は、リストラされるかも・・・。」
 
 
「インドは、本当にそんなに安いんですか?」

僕は思わず、聞きなおしたのだが、資料を見せられ
納得せざるを得なかった・・・。


もちろん、市場の論理が働いて、インドの人達も
いつまでも年収50万円では働かないと思うが、
年収格差があまりにも大きい・・・。
 
 
最後に、
 
「北田さん!
 だから、国際感覚を持っていて、英語と日本語が
 話せれば、どこの国籍の人でも採用するよ!」
 
と言ってくださった。 
 

|

« 日本人逆輸入!? | トップページ | 社長自ら口説く時代!? - 優秀なエンジニア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人逆輸入!? | トップページ | 社長自ら口説く時代!? - 優秀なエンジニア »