« 世の中、創業者かサラリーマンしかいない! | トップページ | 人材ビジネス病??? »

2007-04-26

卵の大きさ・・・

バイオ関連企業の人とお話する機会があった。

鶏の生産というか、雛の生産・販売や
それに関わる抗体の研究や、乳製品の
開発などをやっているらしい。


子供頃に、近所のお家で鶏を飼っていて、
毎年、雛が届いた時に見に行くのが
楽しみだったり、

鶏が卵を産むのを見ていたり、
生んだばかりの卵が暖かかったり、

たくさん卵を産む日があったり、
全然産まない日もあったり、
子供ながらに不思議に思っていたこと、

を思い出しながら、お話を聞いた。


「ふーん、そうなんだ!」 
と思う話がいくつか・・・。
 
 
日本の鶏は、生む卵の数が少ないので、
たくさん卵を産む海外産の鶏が、たくさん
輸入されているらしい。

また、海外産の雛の方が、オス・メスの
見分けが簡単らしいのだ。

日本産の雛の場合は、オス・メスの見分けに
職人的技能が必要らしい。

鶏の世界も、国産が海外産に押されている・・・。
 

 
もう一つ、関東と関西では、好まれる卵の
大きさが違うらしい。

関東はMサイズなのに、関西はLサイズが
好まれているというのだ。


そう言えば、就職で東京に来た時に、

「こっちの卵は小さいなぁ・・・」
「Mサイズに比べて、Lサイズが安い?」

なんて思ったことを思い出した。


今頃、疑問が解決された・・・(笑)

鶏&卵、まだまだ面白い話がありそうだ。

|

« 世の中、創業者かサラリーマンしかいない! | トップページ | 人材ビジネス病??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世の中、創業者かサラリーマンしかいない! | トップページ | 人材ビジネス病??? »