« もう少し謙虚さがあったら・・・ | トップページ | 男坂 - 神保町~御茶ノ水へ »

2007-04-06

出版会社の海外進出・・・

出版関係の人とお話する機会がありました。

皆さんは既にご存知だと思うのですが、
出版会社の海外進出は政治的な障壁で
簡単には行かないそうです。
(特に、共産圏には・・・)


いろんな出版物が制限なく入り込んできて
その国の国民の思想に影響を及ぼす
可能性があるからです。

そして、国策として作家を育てることも、
漫画家を育てることも、一生懸命に
考えているそうです。


こういう話を聞くと、

「僕らも何気にテレビや雑誌・本を見たり
 読んだりする中で、知らず知らずのうちに
 洗脳されているかも・・・。
 全てを鵜呑みにしてはいけないかも?」

・・・と、曲がった(?)考えが頭を過ぎって
しまうのです。

ただでもヘソが曲がっているのにこれ以上・・・(笑)
 
 
これだけたくさんの、出版物、インターネット、
テレビ・ラジオ、新聞などの情報が氾濫して
いるけれども、

そういう情報に僕らが誘導されてしまって
いることって、たくさんあるんじゃないかな?

・・・て思います。
 
 
 
どれだけピュアに、先入観なく、物事を見つめ
判断していくのは、本当に難しいですね。

 

|

« もう少し謙虚さがあったら・・・ | トップページ | 男坂 - 神保町~御茶ノ水へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう少し謙虚さがあったら・・・ | トップページ | 男坂 - 神保町~御茶ノ水へ »