« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007-04-30

どうしてなのか? わかってないなぁ・・・

ある会社(J社)にSさんを紹介しようと推薦したが、
返事がないまま、時間が過ぎて、結果は、

「年令を考えるとポジションを用意できない」

ということで、面談にまで進まず・・・。
  
 
 
最近、J社の人が、Sさんの会社に来て

「自分達にはノウハウがないので、御社に
 開発をお願いできないでしょうか?」

と言って来たそうだ。


それに対応したSさんは、

「理由はいろいろあっただろうけど、

 だったらどうして僕を断ったかな?
 何にもわかってないじゃない?
 誰が僕の経歴書を見たんだろうね?

 一度は面接しても良かったのにね!」

と思ったことを、笑いながら教えてくれた。
 
 
「J社が考えていることが良くわかりました。
 でも、J社内にそれがわかる人は、
 いなさそうですね・・・」

Sさんの言葉が、心に残った。
 
 
 
世の中は本当に狭い!

人材を面接する側も、される側も、相手の状況を
考えながら話をする必要がある。

とんだところで、ライバルに内情を知られてしまう。
 
 
 
Sさんの会社を訪問したJ社の人は、Sさんが
J社に応募したことがあることを知っていたの
だろうか?

多分、知らなかっただろう!

いや、知っていて訪問したとしたら・・・・・。

| | コメント (0)

2007-04-29

若者が感じる閉塞感・・・

「若者はなぜ3年で辞めるのか?」を読んだ。

著者は、城繁幸さん・・・
『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』
という著書で、一躍注目を浴びた人。

僕も、1981年~1989年の8年間、富士通に
お世話になった者として、無視していられない
気持ちで、頑張って読んでみた。

実は、この本は、昨年末に買って読み始めた
のだけれど、なかなか頭に入ってこなくて、
途中で放っておいたのだが、GW休みに
入ったので、再度トライしてみた。


??? だけど、ダメなんです。
とにかく、すーっと頭に入ってこない・・・。
読んでもなんかすっきりしない・・・。


書いてあるテーマの一つ一つは、

「なるほど、そういう見方もあるなぁ・・」

とは思うのだが、

「そんなことは、少し考える人ならわかって
 いることで、それでどうすればいいの?
 あなたはどうなの?」

と思ってしまう。
 
 
僕の読む能力がないのか?
なぜだろう?
 ・・・・・

そんなことを思っていると、

「城さんってどんな人なんだろう?」

という興味に駆られて、Webで検索して
城さんのブログを読んでみたのだが、
やっはり、書いていることが頭に入ってこない。
 
 
「余程、富士通でひどい目にあったのかな?」
なんて思ってしまったり・・・。

城さんに面会を申し入れてみようかな?


今度、富士通の人に会ったら聞いてみよう!
この本を読んだ人がいたら、感想を聞かせて
くださいね。
 

| | コメント (0)

2007-04-28

神保町といえば、「いもや(天ぷら)」

070421_003


神保町は、安くて美味しいお店が多いが、
そのナンバーワンが、天ぷら「いもや」と
僕は思っている。

天ぷら定食600円! えび定食700円!

カウンター席の目の前で、天ぷらを揚げて
揚げたてホヤホヤ&熱々の天ぷらを
食べさせてくれる。

いつも驚かされるのは、

順番を待っている間に、注文を聞かれ、
おじさんがそれをキチンと覚えていて、
席に座ると、ちゃんと間違いなく順番に
出てくること、

天ぷらを揚げているおじさんの手が、指が、
鍋の油の中に、入っているのでは? 
熱くないのかな? と心配になっちゃうこと、

『プロだーー!』 と思う!
 
 
 
天ぷら「いもや」は、何店舗かあって、さらに
「天丼いもや」、「とんかついもや」もあるので、
いろいろ楽しめます!

070421_004

| | コメント (0)

2007-04-27

人材ビジネス病???

3月末で人材派遣会社を辞めた人に会った。


人材派遣会社経験者を求める企業は
とても多いのだが、

「もう同じ業界はいいです。

 必死になって、寝る時間も惜しんで
 働く自分の姿が目に見えるんです。

 何のために転職するのか・・・。」
 
 
それ以外にも、人材ビジネスに在籍した
ことのある人は、誰もが思うことだと
思うのだが・・・。

「テレビや新聞・雑誌などのマスコミで
 イメージ良く取り上げられていても、

 『実態は違うんけどなー・・・・』って
 思うことも多いですよね・・・。

 実際に紹介してみると、イメージとの
 違いというか、ギャップがあって、
 悩んでしまう人も多いですよね・・・。」

ということも、ポツリを言っていた。
 
 
そういう仕事なんです。僕らの仕事!

突っ込めば突っ込むほど、いろんなことが
わかってくる。それが、良いことよりも
マイナスになることが多くなる。

知りすぎると紹介し辛くなることも・・・。

僕らの業界の、「病」の一つでしょうか?
それが嫌で、我慢できなくて、僕らの
業界から去って行った人もいます。
 
 
大手人材会社や転職サイトのように、
一つ一つに深く入り込まずに、
定型情報だけを提供して、あとは、
企業と人、当事者の判断に任せるというのが、
ビジネスとして儲けるためには、
一番効率が良いといます。
 
 
・・・が! 

僕らがそういう紹介をしてしまうと、
僕らの存在価値がなくなってしまう!!!
 
 
 
何度考えても、結論は同じ!

僕らは、「量より質!」 を求めて行きます!

ご協力よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2007-04-26

卵の大きさ・・・

バイオ関連企業の人とお話する機会があった。

鶏の生産というか、雛の生産・販売や
それに関わる抗体の研究や、乳製品の
開発などをやっているらしい。


子供頃に、近所のお家で鶏を飼っていて、
毎年、雛が届いた時に見に行くのが
楽しみだったり、

鶏が卵を産むのを見ていたり、
生んだばかりの卵が暖かかったり、

たくさん卵を産む日があったり、
全然産まない日もあったり、
子供ながらに不思議に思っていたこと、

を思い出しながら、お話を聞いた。


「ふーん、そうなんだ!」 
と思う話がいくつか・・・。
 
 
日本の鶏は、生む卵の数が少ないので、
たくさん卵を産む海外産の鶏が、たくさん
輸入されているらしい。

また、海外産の雛の方が、オス・メスの
見分けが簡単らしいのだ。

日本産の雛の場合は、オス・メスの見分けに
職人的技能が必要らしい。

鶏の世界も、国産が海外産に押されている・・・。
 

 
もう一つ、関東と関西では、好まれる卵の
大きさが違うらしい。

関東はMサイズなのに、関西はLサイズが
好まれているというのだ。


そう言えば、就職で東京に来た時に、

「こっちの卵は小さいなぁ・・・」
「Mサイズに比べて、Lサイズが安い?」

なんて思ったことを思い出した。


今頃、疑問が解決された・・・(笑)

鶏&卵、まだまだ面白い話がありそうだ。

| | コメント (0)

2007-04-24

世の中、創業者かサラリーマンしかいない!

Tさんとは、15年以上のお付合いだろうか?

僕は、Tさんをスカウトしたくて!したくて!
Tさんの会社によく訪ねて行ったのだが、
全然その気になってくれる気配はなし(涙)

そして、僕が会社を設立して、しばらくして
日経新聞を見ていると、ある会社の記事が
載っていて、Tさんの名前が・・・。

同姓同名かと思いつつ、併記されていた
電話番号に電話をしてみると、

やっぱりTさんでした。
僕と同じ月に独立したのです。

「なにーーー! がっくり!」

なんて、思いつつ、ちゃっかり会社に訪問して
その後、求人企業を紹介していただいたり、
お世話になりっぱなしです。
 
 
最近、Tさんにお会いする機会があった。
僕と同じ時期に会社を立ち上げて、
既に社員数は100人近い・・・、
僕とは大きな違いだ・・・(涙)
 
 
いろんな苦労話を聞かせてもらった。

 
「サラリーマン社長はいいよねー!
 就任挨拶を聞いていると、

 『死に物狂いで頑張ります。
  ダメな場合は、辞めます!』

 なんて、平気で言っている。
 気楽だよね!

 
 創業社長は、ダメでも辞められないよ!
 社員100人の家族の生活が掛っている。

 
 世の中、創業者か、サラリーマンの
 どちらかしかいないんだよ!」


Tさんの重い言葉が、ズシンと心に来た。
 
 
 
創業社長なのか?
サラリーマン社長なのか?

 
企業を判断する時の、大切な要員の一つです。
そんな目で見ると、面白い!!!
 

| | コメント (0)

2007-04-23

「使い勝手の良い社員」が勝つ!

070423_003


AERAの今週号の記事・・・。

「使い勝手の良い部下になれ!」

思わず 「その通り!」
と言いたくなる記事だった。


「『やりたいことと違う』 や 『上司と顔を
 合わせたくない』 といったマイナス要因で
 転職する場合は、ほとんどうまく行きません。」

「キャリアを積まないといけないとばかり思って
 頭でっかちなんですよ。会社はビジネスマンと
 しての基礎を学ぶのに最高の場所なのに
 生かしきれない。」

「電話番もバカにしない。」

「使い勝手の悪い部下には共通点がある。
 『怒った時に落ち込むんです。』
 気を使って次の仕事を頼みづらくなる。」

070423_004

 
 
 
僕も、「ちょっと考えが甘いな!?」と
思える人には、よく言います。

「会社は、やりたいことをやらせてくれないよ。
 皆にやりたいことをやらせていたら、会社が
 潰れてしまうよ。

 第一、お金をもらってるんだから、会社の
 言うことを聞くのは当たり前なんだよ。

 あなたにその仕事をやらせている理由や
 会社の事情があって、それをしっかりと
 こなすことが、まず一番の目標だと思う。

 ただ、そのままで良いとは思わないよ。

 一生懸命にやっている貴方を見て、

 『よし、あいつに重要な仕事を任せよう!』
 『あいつがやりたいと言っていた仕事を
  やらせてみよう!』

 と、声が掛かることがある。その時がチャンス!
 
 もし、そういうチャンスをいつまで経っても
 くれないようなら、その時は転職しなさい!

 むちゃくちゃ働かされたり、法律や倫理に反する
 ことを強要された時は、転職しなさい!」

070423_005


 
 
 
それにしても、企業の方もいけないと思う。

面接の時に、

「貴方は何をやりたいですか?」

と必ずと聞くようだ。

 

続きを読む "「使い勝手の良い社員」が勝つ!"

| | コメント (0)

2007-04-22

人間万事が塞翁が馬

本屋さんに行って、何気に
松井秀喜選手の「不動心」という本を買って読んだ。


昨年、左手を骨折して、4ヶ月間も戦列を離れて
からの苦悩、子供の頃からの出来事、・・・etc.


いくつか僕の心に留まった箇所がある。


「絶対にコントロール不能なもの。
 それは人の心です。
   ・・・・・
 例えば、高い地位にいれば、いろんな人に命令
 することができ、多くの人は命令に従うでしょう。
 しかし、行動で従ったからといって、気持ちまで
 従っているかどうかは分かりません。

 けれども、人の心を動かすことはできます。
   ・・・・・
 全力プレーを続けることで、この世で最も
 コントロール不能な 『人の心』 を
 動かしたいと思います。」


僕らも、企業の人から、
「○○さんを是非説得してください!」
とよく言われます。

「出来るだけのことはさせていただきます。」
と僕は答えますが、本音は、
「そんなに簡単に人の心は動かないよ!」
と思ったりしています。


僕らがやれることは、

「正確な情報を提供すること、

 その人の本当の力と考え方を理解して、
 その企業の期待に答えられる人かを
 判断すること、

 それをベースに、その人にとっての
 メリット・デメリットをアドバイスし、
 企業と人の双方にとって、良い決断が
 できるような状況を準備すること、etc.」

だと思っている。


それにしても難しい・・・人の心・・・。
何度も悔しい思いをしました!!!
 
 
 
 
そして、もう1箇所・・・。

「安易に口に出さないことです。
 不思議なもので、口に出すと、気持ちが
 エスカレートしてしまう気がするのです。
   ・・・・・
 試合が終わると報道陣の取材を受けます。
 記者の方からすれば、・・・・・、
 感情を前面に出して悔しがるコメントが
 欲しいのかも知れません。
   ・・・・・
 でも、勤めて冷静に、・・・・
 前向きに話すようにしています。
   ・・・・・
 よく知人からも、もっと感情を表に出せば
 いいのに・・と言われることがあります。

 しかし、僕は感情を口や顔に出すと、
 その感情に負けてしまいます。

 悔しさは胸にしまっておきます。
   ・・・・・
 コントロールできない過去よりも、
 変えていける未来にかけます。
   ・・・・・
 口に出してすっきりする人もいれば
 そうじゃない人もいる。

 腹が立ったり、不満が出てきたりするのは
 仕方ありません。思ってしまうのだから、
 自分にも止められない。でも、口に出すか
 出さないかは自分で決められます。

 そこに一線を画した方が、自分をコントロール
 できるような気がします。」
 
 
松井選手とはレベルが違いすぎるけれど
僕も同じような感じです(笑)

感情が、口や表情に出ちゃった時は、
大抵、うまく行きません。
多分、僕がエスカレートして行ってしまう。

それが良いか悪いかは、賛否両論だと思うが、
僕もそんな感じです。

 
 
 
そして、最後に、松井選手が、ケガと戦っている
こともあると思うが、

「人間万事が塞翁が馬」

という故事がよく出てきます。

 
『福と思われる出来事が災いを呼び、
 災いと思われる出来事が福を呼ぶこともある。
 つまり、人間にとって何が幸いで何が災いか、
 表面的な現象だけでは分からない。』

という意味です。
 
 
その通り!!! と思ってしまいました。 



松井 秀喜 / 新潮社(2007/02/16)
Amazonランキング:385位
Amazonおすすめ度:

| | コメント (0)

2007-04-19

あきない総合研究所 - 創業10周年!

吉田さん!
創業10周年おめでとうございます!

いつもお世話になっている「あきない総研」の
創業10周年特別講演&懇親会に参加してきました。

070417_001


「会社の名前はベタやけど、
 講演内容は、最先端やでー!」

という吉田さんの言葉通り、僕にとっては
とても面白い話が聞けました。


まず、最初は、メタバーズの島谷社長
「セカンドライフの歩き方」についてでした。

土地を買って、建物を建てて、・・・
カジノへ行ってみたり、・・・
チャットでお話をしたり、・・・


「そんな仮想世界で・・・?」

と、今まで話を聞いても、無視していた僕だが
ちょっと興味を持ってしまいました。


東京に帰ってきて、早速、島谷社長にメールして
訪問させていただくことになりました。

実は、島谷社長とは、ドリームゲート北海道で
知り合って以来で、ゆっくりお会いできるのが
とても楽しみです。

2人目は、昨年も特別講演でお話を聞いた
米国在住、インタービジネスコーポレーションの
野口社長です。

野口社長は、いろんな会社の社外取締役を
やっていて、

「プロの社外取締役」

と呼ばれている人です。


ユーモアを交えて、テンポ良く、話してくださり、
あまりインターネットの最先端がわからない僕でも
楽しく聞くことが出来ました。


Web2.0の特徴の一つである 「SaaS」って
皆さん、わかりますか?

「Software as a Serve」 の略で、
ソフトをサービスとして提供する ということです。


例えば、Googleは、無料でいろんなことが検索
できますが、広告収入で儲けているとか、・・・

マイクロソフトも、今までワード、エクセル、
パワーポイント、オフィスのソフトプロダクトを
販売していたが、今後は方針変更して・・・、

   ・・・・・・

これ以上は、僕には難しい・・・すみません。
もっと、勉強しなくてはいけません(反省!)


一つ面白い話をされていました。


「日本のITユーザー企業」とかけて

「日本料理屋での定食」と解く、

その心は、「おまかせ主義」


だそうです。
 
 
 
あとは、懇親会です。

1年ぶりにお会いした人が殆どですが、
面白い話ができました。
何か一緒に出来そうです。

070417_003


070417_004

| | コメント (0)

2007-04-18

真面目そうだけど、暗かった・・・

ショック!!!(笑)


15才も年上のYさんと初めてお会いしたのは、
人材ビジネスの業界に入ったばかりの頃、
前の会社の上司に連れられて、Yさんの
オフィスへ訪問した時だったと思う。

まだ、右も左もわからずに、
異業種へ転職したカルチャーショックに
悩んでいた頃だった・・・。


先日、Yさんと食事をさせていただいて
その時に言われた。


「真面目そうに見えたけど
 暗かったぞー・・・!!!(笑)」


「そうですかぁ・・・。 その頃は、

 『とんでもない世界に入ってしまった』

 と、悩んでいた頃だったと思います。」

自分は何も感じていなかったけれど、
人はちゃんと見ているんだなー・・・。


以前もこのブログに書いたと思うが、
人材ビジネスの業界に入って6年経った頃に
お会いしたKさんは、

「なんて軽い奴だ!」

と思ったらしいので、・・・。

僕が相手に与える印象の変遷は?

 18年前 「真面目だけれど、暗い!」
           ↓
 12年前 「なんて軽い奴だ!」
           ↓
 現在      ???


皆さん!
今は、どう見えていますか?


僕と会った時の印象を、教えてくださいね。

人間、日々修行!鍛錬! です。
まだまだ成長したいと思っています!

| | コメント (2)

2007-04-16

素晴らしい人脈!

元TBSアナウンサーで、今はフリーでお仕事を
されている「山本文郎さん」のゴルフコンペに
ご招待いただき参加しました。

070412_004


3日間ゴルフ場を借り切って、延べ300人以上の
人達が参加しています。

新人アナウンサー時代にお世話になった人、
番組で共演した人、
今、山本さんにお世話になっている人、

  ・・・・・

アントニオ古賀さんのギター&歌、
070412_002

西口久美子さんの歌、
070412_001

団しん也さんのトーク、
070412_003

仲本工事さんの歌、
岡田可愛さん、
黒江さん(元巨人)、

 ・・・・・

070412_005

山本さんが1人1人にお礼&感謝の言葉を!


仕事柄、多くの人と知り合う機会は多かったと
思うけれど、それにしても、これだけ大勢の
人達が集まるということは、

山本さんの人望というか、
参加者全員が、山本さんに感謝しているというか、

本当に素晴らしいと思いました。


素晴らしい人脈は、一夜にしてできるのではなく、
日々の言動の積み重ねだと思うのです。

自分が70才になった時に、果たしてこれだけ
大勢の人が集まってくれるだろうか?

 ・・・・・・・

皆さんは、どうですか?

| | コメント (0)

2007-04-14

洋食 - ムッシュ

070406_004


事務所がある神保町で、
最近、お気に入りの洋食屋さん
「ムッシュ」

お店の中は狭くて、カウンターに6名、
奥の4人掛けテーブルが2つ・・・。

特に、カウンターにお客さんが座っていると
後ろを通るのがやっと・・・。
 
 
 
名物は、トンプラ定食(豚+天ぷら)なんですが
僕は、エビフライ定食が一番大好き!

巨大なエビフライが、2尾! うまい!


さらに、どの定食も、650円! 安い!


070406_005


神保町界隈へお越しの際は、ご賞味ください。

| | コメント (0)

2007-04-12

涙が出るほど嬉しかったです!

ある上場会社の社長さんが言っていた。

「マネージャー職以上の人間を集めて
 定期的に会議をするんだけど、

 どうしても報告会議的になっていて
 硬直感があって、どうしようか?と
 悩んでいた時に、

 若手のマネージャーが

 『こんな会議やる意味がないですよ!
  時間の無駄です!』

 と発言してくれた時は、本当に涙が
 出るほど嬉しかったんです。

 
 他の役員からは、

 『社長が仕組んだんでしょう!?
  彼に言わせたでしょう!? 』

 と疑うんですが、それなら涙なんか
 出ませんよ!!! 」
 
 
 
 
皆さんの会社も、無駄な会議ないですか?
あるのなら、貴方が勇気を持って、

「こんな会議は止めて、
 もっと前向きな議論の場にしましょう!」

と言ってみませんか?

  ・・・・・・

難しいかな?
言えば、その後の責任が付いてくるから?


僕は、言える人は素晴らしい!と思います。

もちろん、非難だけではダメですけど・・・、
まずは、言えることが大切でだと思います!


僕は、そんな人をスカウトしたいです!!!


この社長の会社の人、意義を唱えた若手の
マネージャーさんに会ってみたい!!!(笑)

| | コメント (0)

2007-04-11

技術家庭の先生を探しています!

某私立大学附属中学校の職員の方と
お会いする機会がありました。


「北田さんは、人材紹介をやってるって
 聞きましたけど・・・。
 技術家庭の先生いませんか?」


「どうして技術家庭の先生なんですか?」


「技術家庭の先生は、1つの学校に
 何人も必要なくて、1~2人で十分なんです。
 一度採用すれば、定年まで働いてもらえる。

 ただ、募集も少ないので、技術家庭の先生に
 なろうとする人も少なくて・・・。

 また、定年退職したり、病気で長期で休むことに
 なったりした時に、後任又は非常勤の先生を
 探すのが難しいんです。

 いろんな手を使って、探すんですが・・・。」


「先生の紹介を専門にやっている人材会社は
 あるんですか?」


「塾を経営している会社が、よくやっていますね。

 塾講師で、教員免許を持っている人が
 多いですし、教員試験に落ちて、
 仕方なく塾講師をやっている人もいるので・・・。」

 

正直、学校の先生になりたい人はたくさんいて
学校が先生の採用に困っているとは・・・、
思っていませんでした。

勉強させてもらいました!

 

『技術家庭の先生』 いませんか?

日本史の先生も探しているそうです!

| | コメント (0)

2007-04-10

テンパッテ仕事する人が・・・

3年前に株式上場した会社の役員の人と
お話する機会があった。


「社員数が、上場直前の5倍以上になって、
 現場は、部長クラスの人達に任せて
 やってきたけれど、やっぱり、現場の声を
 聞いてみたくなって、社員全員のインタビューを
 始めたら、

 『上場前のように、テンパッテ仕事をする人が
  少なくなりました。』

 という声が多かったんです。」
 
 

「テンパッテ」 = 「必死に、一生懸命に」 と
いう意味なんですが・・・。
 
 
 
「100人社員がいるとすると、
 テンパッテ仕事をしているのが、
 20~30人で、

 その他の人達は、一線を引いているというか
 一歩下がったところで、会社に関わろうと
 している。」
 
 
「それに、言い訳する人が多くなりますね。
 
 『自分が出来ないのは、会社がこういう環境を
  準備していないからだ』

 と言う声が多くなります。」
 
 
 
 
企業の成長過程で、社風、働いている社員の
雰囲気は、いろんな変化を見せるものだ。
 
 
会社設立から株式上場までのベンチャーは、
社長も役員も平社員も一緒になって、
一つの目標に向かって仕事をしているので、

例え、徹夜が続いても、遊ぶ時間がなくても、
ある意味の充実感、楽しさを感じながら、
仕事をしている。

それが、上場したり、事業が拡大してくると、

続きを読む "テンパッテ仕事する人が・・・"

| | コメント (0)

2007-04-09

政治家のキャリアシートが欲しい!

昨日の統一地方選挙、
皆さんは投票に行きましたか?

僕は土曜日に、期日前投票(不在者投票)に
行ってきました。

県知事、県議会議員、市議会議員と
たくさんの名前が並んでいて、
誰がいいのやら・・・(笑)


その時に、ふと思った・・。

最近、マニュフェスト、マニュフェスト・・・と
良く言われているが、これは選挙公約を
まとめたものだし、

選挙運動中も、
「私は○○○をやります!」
と盛んに連呼しているけれど、

今までどんなことをやってきたのか?
どんなことがやれる人なのか?
つまり、実績は、あまり表現されていない。

「○○大臣就任」とか、
「県議会議長就任」とか、
「○○委員会理事」とか、

は、書かれていたりするけど、
もっと具体的に、

「福祉予算を○○%拡大した・・・」とか、
「教育改革を推進した・・・」とか、
「○○道路の延長した・・・」とか、
「低所得者の減税を提案・実施に向けて・・・」とか、
  ・・・・・・・

中途採用と同じように、今までのキャリア・
実績を、しっかりまとめたものを、提示して
もらうというのはどうでしょうか?


「こんなことをやってきた人だから
 マニュフェストに書かれていることも
 期待できるんじゃないだろうか?」

「前回のマニュフェストに書かれたことが
 実現できていないのは、なぜかな?」

「他の業界でこんなことをしてきたから
 期待できるんじゃないかな?」

  ・・・・・・


これからは、政治家にもキャリアシートを
作ってもらおう!


皆さん、どうですか?

| | コメント (2)

2007-04-07

男坂 - 神保町~御茶ノ水へ

事務所のある神保町から御茶ノ水へは、
歩いて行くことが多いが、難問は、上り坂で
あること・・・。

遠回りをすればのんびり坂を上っていけるが
直線距離で行こうとすると、明大附属高校・
中学校の校舎の間のこの急な坂を、
登って行くことになる。

070406_003


最近、この男坂を上ったところに、
クライアント企業ができたので、
何度か連続して上った。

結構、きつい!
一緒に上った人も、

「息切れします!」

2人でハアハア・・・(笑)

070406_002


結構、一生懸命に上っている自分が
面白くなってしまう・・・。


ちなみに、帰りに上から見るとこんな感じ・・。

070406_001


| | コメント (0)

2007-04-06

出版会社の海外進出・・・

出版関係の人とお話する機会がありました。

皆さんは既にご存知だと思うのですが、
出版会社の海外進出は政治的な障壁で
簡単には行かないそうです。
(特に、共産圏には・・・)


いろんな出版物が制限なく入り込んできて
その国の国民の思想に影響を及ぼす
可能性があるからです。

そして、国策として作家を育てることも、
漫画家を育てることも、一生懸命に
考えているそうです。


こういう話を聞くと、

「僕らも何気にテレビや雑誌・本を見たり
 読んだりする中で、知らず知らずのうちに
 洗脳されているかも・・・。
 全てを鵜呑みにしてはいけないかも?」

・・・と、曲がった(?)考えが頭を過ぎって
しまうのです。

ただでもヘソが曲がっているのにこれ以上・・・(笑)
 
 
これだけたくさんの、出版物、インターネット、
テレビ・ラジオ、新聞などの情報が氾濫して
いるけれども、

そういう情報に僕らが誘導されてしまって
いることって、たくさんあるんじゃないかな?

・・・て思います。
 
 
 
どれだけピュアに、先入観なく、物事を見つめ
判断していくのは、本当に難しいですね。

続きを読む "出版会社の海外進出・・・"

| | コメント (0)

2007-04-05

もう少し謙虚さがあったら・・・

ある企業の面接担当者からのコメント・・・。


「これは私の印象ですが、

 『何でもできます。大丈夫です。
  自信があります。経験もあります。』

 というのが、前面に出すぎていて、
 逆にそう言われると、

 『本当なのかな?
 一つぐらいはこれはできないと言って
 もらえると逆に信用できるんだけど。』

 と思ってしまったのも事実でした。

 多分頑張って売り込もうとされたのだと
 思いますが、それが逆効果になっている
 ような気がしました。

 もうちょっと謙虚さがあった方がよいかな?
 とも思いました。

 偉そうなことを言って申し訳ありません。」
 
 
 
その通りなんです。

実は、面接前にも何とか理解してもらおうと
したのですが、今まで転職活動に苦労していて
余計に自分を大きく見せようとしてしまう。

残念だなー・・・。


ほんの少し考え方を変えるだけで
随分と違ってくるんだけど、

長年の経験で培ってきたことを
変えるということは、

それがほんの少しであっても、
なかなか出来ない、

恐怖が先に来てしまう・・・。

 
 
もったいないなー・・・

| | コメント (0)

2007-04-04

お客さんと離れたくない!

あるベンチャー企業の社長さんの話。
 
 
新卒で入社した会社を3年で退社し、
FA業界のベンチャーに転職、

飛ぶ鳥を落す勢いで、業績は伸びたが
個人株主が会社を自分の物にしようと
ドタバタが起こり、社員は徐々に減り、
自分も大手子会社へ転職・・・。

新規事業に取り組むが、これからと
言う時に事業撤退・・・。


「お前から装置を買いたいから・・・」

「何とか、継続できないのか?」

「一緒にビジネスをやろうよ!」

     ・・・・・
 
 
 
「以前の会社のお客さんも含めて
 嘘でもそう言ってくれるお客さんと
 離れたくはなかったんです。

 それが独立のキッカケです。」
 
 
 
何となく、僕の独立のキッカケと似ているような・・・。
(「全然違うよ!」って言われそうですが・・・)
 
 
僕は、転職先を探す前に、前の会社を
辞めることを先に決めた。
いろいろあって、これ以上、この会社に
いることが無駄なように思えたから・・。

「どこか転職先を探さなきゃ・・・。
 でも、現状の仕事も最後までしっかり
 やらなきゃ!」

と思いながら、仕事をしていると、
 
 
「北田さん、
 また相談にのって欲しいんだけど・・・」

「知り合いが転職を考えていて・・・。」

「また、人材を探して欲しいんだけど・・・。」


そんな時期に限って(笑)、なぜかコンタクト
してくる人が多い。
 
 
 
「『人材紹介を辞めたんです』
 って簡単に言えないな・・・。

 お世話になった人達が相談にきたら
 ちゃんと相談にのってあげないと・・・」


なんて、変に使命感に燃えちゃって、
現実は、相談相手が僕である必然性はない
のだけれど、

そんな人との繋がりが心地よかったのかな?
  
  
 
ベンチャーの社長に共感を覚えたのでした。

| | コメント (0)

2007-04-02

自分を大きく見せたい!?

誰でも自分を格好良く、素晴らしい人間に、
大きな人間に見せたい気持ちがあると思う。

僕も、クライアントの社長さんとお会いする時は

「しっかりしなきゃ!」
「甘く見られないようにしなきゃ!」
「気に入られるように頑張らなきゃ!」
  ・・・・・・
なんて考えて、気負ってしまうことがある。
 
 
 
実は、転職相談に来る人の中にも
一生懸命に自分のことを大きくというか、
アピールしようとするばかりに、あまりに
自分のやってきたこと&実力とかけ離れて
しまって、逆に墓穴を掘ってしまうことがある。
 
 
「良い人なのに勿体無い!
 背伸びしないで、自分のことを表現すれば
 もっと良く見えるのになー・・・。」

と僕はいつも思ってしまう。


そういう人の経歴書は、

「・・・・・に貢献した。」
「・・・・・が高く評価された。」
「・・・・・のスキルを高めることができた。」

などの言葉がたくさん並んでいることが多い。
 
 
気持ちは良くわかります。
何とか良い案件に巡り合いたいという思いで、
一生懸命アピールしてくれている。
 
 
 
でも、僕が知りたいのは、

「そんなに貢献してきたのに、どうして
 次の仕事が見つかりにくいのか?

 その原因に対して、どう考え、どう対処
 して行こうと考えているのか?

 そして、貴方の良い所はどこなのか?

 素直な気持ちとして、貴方には、どんな
 仕事・会社が合っていると思うのか?」

ということなのだ・・・。
 
 
 
自分が行きたいと思っていても、
会社に「いらない!」と言われれば
どうしようもない!

それよりも、「是非、来て欲しい!」
と言ってくれる会社を探そうよ!

・・・といつも思いながら、転職相談に
来られる人に接している。
 
 
 
もちろん、年収、勤務地など、一筋縄では
行かないこともわかっている。
でも、仕事がなければどうしようもない!
生活もしていけない。

何とか誤魔化して、会社に入れたとしても
すぐに化けの皮が剥がれて、またまた
転職しなければならなくなる。
 
 
 
「今までがどうだったか? よりも
 これからどうするか? を
 相談したい!」

と僕は思っている。

| | コメント (2)

桜満開 - お花見

先週末から、東京は桜見物で賑わっている。

事務所のある神保町界隈は、桜の名所である
千鳥ヶ淵や靖国神社があることもあって、
土曜日は、夜になっても、たくさんの人が
歩いていて、いつもの神保町とはちょっと違った・・・。


実は、土曜日は、栃木県にあるサンヒルズCC
ゴルフに行って来た。

滅多にないのだが、家を出る予定の時間よりも
1時間も朝寝坊をしてしまい、待ち合わせた人達には
大変な迷惑を掛けてしまった・・・(トホホ)


さすがに栃木県は、桜はまだまだ・・・。
桜が咲いていたら、綺麗なのになー・・と思いながら
プレーしていると、ショートホールで、ひっそりと
咲いている桜の木を見つけた。

思わずデジカメを取り出してカシャ・・・!


070331_002


たくさんの桜が咲き乱れている千鳥ヶ淵や
靖国神社もいいのだが、こういうひっそりと
咲いている桜も大好きだ。

「頑張ってるなー!
 もっと大きくなれよー!」

なんて思うのだ。


今週、時間を見て、靖国神社に行って見よう!

| | コメント (8)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »