« オーナー社長が怖い・・・!? | トップページ | 若者キラー・・・ »

2007-03-13

若者達のヒーローから、オジサン&オバサンキラーへ!

「50・60才代の人と
 どうコミュニケーションを取るかが、
 これからの僕の課題なんです。」

ネット企業の役員の人の話。

ネットビジネスの大半は、若い経営者が
若い社員を集めて、ある意味勢いで、
ネットの普及スピードとの相乗効果で
急成長をしてきた。

株式上場もして、世の中に認められて、
それなりのステイタスを持ってくると、
大企業の経営者の人達、そう50・60才代の
人達が目の前に現れ、あれやこれやと
意見も言われ、苦言も言われ、一緒に
ビジネスをしようとした時には、いろんな
考え方の違いが露呈して、・・・。


50・60才の人達は、ビジネス経験も豊富で、
プライドも、しっかりした哲学・考え方を
持っていて、

さらには、

「若造がやっていることだから・・・」

と、ある意味、大目にというか、見下していると
いうか、同じレベルとはなかなか認めてくれない。

そういう世代を今までは、無視しても良かったが、
これからは簡単には行かなくなる。


 
 
 
皆さんもお判りのように、少子化&高齢化が
進んでいて、35才以下の人口比率は低くなり、
すなわち、少数派になってしまうのだ。

「年寄りは放っておいて、僕ら若者だけで
 やろうよ!」

なんて言っていられなくなる。

多数決で行くと、若者が負けてしまうのだ!!!

ビジネスを大きくするためには、50才代以上の
世代を無視できない。


若い経営者の人達は、大変だ!

自分達と同年代や年下の若者とだけでなく、
自分よりも年上の世代の人達と、しっかり
お付合いをしていかなければならない。


今までは、若者達が憧れている若いヒーローが、
ビジネスを引っ張ってきたが、

これからは、「オジサン&オバサン キラー」的な人材が、
ビジネスを引っ張っていく時代になるように思う。


さて、僕は???  どっち???

|

« オーナー社長が怖い・・・!? | トップページ | 若者キラー・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーナー社長が怖い・・・!? | トップページ | 若者キラー・・・ »