« 中国からの留学生の就職・・・ | トップページ | 久右衛門勝久!? »

2007-03-24

たった1人のプレッシャー!

Photo_1


世界フィギュアスケート選手権をテレビで
観戦したが、いつも思うのは・・・、

「この人達は凄い!

 リンクの上に出てしまえば、たった1人!
 誰の力も借りれない!

 たった1人!!!

 みんなの注目が、たった1人に集中する。

 そのプレッシャーは、僕にはとても・・・・・。」

ということ。

成功するか?しないか?わからない難易度の
高い演技に挑戦する。
 
 
マスコミも視聴率を上げるためか、早い時期から
特番を組んで、ムードを盛り上げる。

個人的には、
 『そっとしておいて上げたら良いのに!』
と思うが、
トップアスリートは、これも克服しなければ
頂点に昇れない・・ということなのだろう。
 
 
 
 
金メダルの安藤美姫さんが、優勝インタビューで、
家族やコーチ、応援してくれた人達への感謝の
メッセージは、「たった1人!」のプレッシャーを
物語っていると思った。

良かった!良かった! (笑)
 
 
 
そして、残念だったが銀メダルの浅田真央さんが
インタビューで感想を求められて、

「とても嬉しいです・・・。
 ショートプログラムの大切さを痛感しました。」

と、決して嬉しくなさそうに、いや、悔しそうに
話していたのが印象的だった。


ショートプログラムが5位に終わったあとも、

「逆転して、優勝を狙います!」

と言っていた。


彼女のそんな勝気な所が、僕は大好きです!


「真央ちゃん、今は、優勝しなくていいよ!
 次のオリンピックで優勝しようよ!」

と言いたくなります(笑)


 

|

« 中国からの留学生の就職・・・ | トップページ | 久右衛門勝久!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国からの留学生の就職・・・ | トップページ | 久右衛門勝久!? »