« 土下座をしてまで招きたくなる人材に・・・ | トップページ | やり手で、不正がない人! »

2007-01-17

可能性を感じさせる!

経営者から、土下座をして「来てくれ!」と
言われることなんて、実際問題として
殆どないと思うのです。

では、今、転職を考えている人、転職せざるを
得ない人は、どのように考えればいいのだろう?

この前のブログを読んで、
「自分は、土下座される程、優秀じゃないし・・・」
と思った人もいると思うのです。

でも、心配は無用です。

経営者の人達も、自分の会社の実力、
世の中からの評価も、口には出さなくても
よく理解できている。
自分たちの立ち位置をよく理解している。

「うちの会社もまだまだで、そんなに
 優秀な人は来てくれないだろう・・。」

「来てくれたとしても、現実を見て
 ガックリするんじゃないかな?」

「1番優秀な人じゃなくても、
 2番手、3番手の人でいい・・・。」

という声を良く聞く。 

じゃ何を期待しているか?

「今までの実績や経験は、あるにこしたことはない。
 それよりも大切なのは、うちの会社に来て、
 活躍してくれる可能性がある人材かどうか?!」


そう! 
「相手に可能性を感じさせる人間になること!」
が、とても重要なのです。


それは、突然できるようになるのではなく、
日々の仕事の中で、積み上げて行くものだと
思うのです。


可能性を感じさせる!

難しいことだけど、皆さん、考えてみてください。

|

« 土下座をしてまで招きたくなる人材に・・・ | トップページ | やり手で、不正がない人! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土下座をしてまで招きたくなる人材に・・・ | トップページ | やり手で、不正がない人! »