« Windows Vista ・・・ | トップページ | 株式上場直前に・・・ »

2007-01-29

上場審査で問題になったのは?

優成コンサルティングのセミナーに参加して、
証券取引所で上場審査をしている方の
お話を聞いた。


上場審査でよく問題になる事項に関して
興味深く聞かせてもらった。

●サービス残業をさせている会社

  例え社員が自主的にやっていたとしても
  企業は残業手当を支払う義務があります。
  向こう2年間に遡って、残業代を払って
  もらうこともあるそうです。

●役職兼務が多い会社

  取締役の1人が、CTOでもあり、総務・IRも
  担当していたり・・・。

  「1人で全て役目をこなせるんですか?」
  「できます。」
  「もしあなたが病気か何かで倒れたらどうします?」
  「健康ですから、倒れることはないです。」
    ・・・・・・・
  そんな論外の会話になることもあるようです。

●社内不満暴露された会社

  監査役面談の時に、監査役が、
  「役員会に呼ばれてない」とか、
  「自分の意見を聞いてくれない」とか、
  社内不満をタラタラ・・・・・・。
   
  2時間以上経っても面談終わらなかったことも
  あるようです。

興味津々で、質疑応答の時に、思い切って
質問をしてみた。

「これ以外に、最近のエピソードはありますか?」

「守秘義務もあるし、今も上場に向かっている
 会社もあるので、話せません!」

と一蹴されたのだが、

「最近じゃなくても、時効になっているような
 事柄はないですか?」

と聞いてみたところ、

「社用車の欄に、ポルシェ(白)という表現が
 あったので、聞いてみたら、ご子息が使って
 いる車だったり・・・。」

ということを話してくださった。


実際には、信じられないというか、とんでも
ないこともあるんだろうな・・・と思った。


|

« Windows Vista ・・・ | トップページ | 株式上場直前に・・・ »

コメント

ご無沙汰しております。
日々、、駆け回り、多様なご意見を発する社長に感心されるばかりです。。
いつもご意見を参考にさせて頂いております。
これからも貴重な社会情勢・ご意見期待しております。

投稿: mochizuki | 2007-01-31 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows Vista ・・・ | トップページ | 株式上場直前に・・・ »