« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006-08-29

20年近いお付き合い!

僕がこの業界に入ったのが、ちょうど18年前。

コンサルタントとしては駆け出しの、右も左も
わからない時にお会いしたSさんとNさん。
昨日、久しぶりに会って、食事をしながら、
懐かしい話に盛り上がった。

紹介した会社が、

「とんでもない状況だから、状況報告に!」

とオフィスに来られた時に、上司と2人で
会ったのがお付き合いの始まりだった。


「バリバリのオーナー会社で社長と専務は、
毎日豪遊、仕事は現場に任せきり、・・・。」

駆け出し&初心な(?)僕は、目を白黒させて

「そんなとんでもない会社があるんだー・・・・」

と思ったのを思い出す。

(今では、そんな話を聞いてもビクともしない
 図太い神経を持ってしまったが、同時に、
 それを見抜く『眼力』も育ってきているかも?)

でも、彼らは会社を辞めたりしなかった。

2人で経理・財務の実務面を切り盛りし、
見事、株式上場に貢献した。

その会社に10年近く在籍しただろうか?!

今は、別の会社でそれぞれ頑張っている。
いろいろ大変なことはあるらしいが・・・。


こんなに長くお付き合いさせていただいて
本当に嬉しいし、僕の人材コンサルタントとしての
歴史を知っているSさんとNさんに、これからも
いろんな意見を聞かせてもらいたいと思っている。


よろしくお願いしまーーーす!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-08-23

「もう一度ベンチャー企業で!」と言って欲しい!

昨年まで、ベンチャー企業の社長をやっていた
Hさんから連絡があった。

「もうベンチャー企業はコリゴリだよ。
 資金の心配やVC・証券会社との交渉、
 良い人材は集まらないし・・・。

 ある程度の規模で、資金力もあって・・・
 そんな会社の技術部門の責任者のような
 ポジションはないかな?」

Hさんは、創業者ではなく、某ベンチャー企業の
建て直しの切り札として、2000万円以上の年俸で
スカウトされてきたと聞いている。
2000万円と言えば、ベンチャー企業では破格だ。

思ったように業績が伸びず、VCからの支援も絶たれ、
会社は解散し、次の職を探しているのだ。


いろんなご苦労をされたのだと思う。
自分の本意でないこともやらなきゃいけない時も
あったとは思う。
きっと、歯がゆい思いもたくさんしただろうと思う。

でも、でも、

「資金力があって、良い人材が集めれば、
 極端な話だが、Hさんじゃなくても、
 ある意味、誰でもやれると思う。

 Hさんだったら、何とか! 
 と思ってスカウトされたのだろうから!

 依頼した株主からすれば、
 Hさんに、売上を上げて、良い人材が集まる
 良い会社にして欲しかったのだから・・・。」


「北田くん、
 もう1回チャレンジしたいから、面白いベンチャー
 企業を紹介してくれ!」

と僕は言って欲しかった・・・。


何となく、Hさんが小さく見えてしまった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-08-22

あの人はどうされていますか?

半年程前に株式上場を目指す会社(2社)に紹介させてもらったが
うなく行かなかったKさん・・・。

A社:「今の会社を退社するまでに2ヶ月掛かる」と言ったKさんに
   対して、「そこまでは待てない」と上手く行かず・・・

B社:KさんとB社社長は意気投合するも、「まずは責任者クラスの
   人材を採用しなくては・・・」と、残念な結果に終わった。


ところが、1ヶ月前に、A社の社長から

「Kさんはどうされていますか?
 経理部長が体調を壊して退社することになったのですが、
 もしまだKさんが、転職をお考えなら、再検討をしたいの
 ですが・・・。」

というEメールが届いた。

「経理だけでなく、総務・人事も担当して欲しい。」

とA社から言われたが、

「総務・人事の経験がないので、お役に立てない。」

と、今度はKさんが断った。


「残念!」と思っていたら、今度は、B社の社長から
僕の携帯電話に

「Kさん、どうしてますか?
 責任者の下で、マネージャー又は主任として、
 働いてもらえる人を探したいのですが、Kさんの
 ことを思い出して・・・」

という連絡が入った。

続きを読む "あの人はどうされていますか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-17

29才で直談判! - 営業権を譲ってください!

元日本IBMの・・・と言えばいいのか?
元SAPジャパンの・・・と言えばいいのか?
元パワードコムの・・・と言えばいいのか?

野呂良材さんから、
絶対、儲かる! 法人営業のすすめ
という本が届いた。
もちろん、著者は野呂さん!


野呂さんとの出会いは、2年以上も前だろうか?
日本IBMで野呂さんと同期だというMさんに

「野呂さんにお会いさせてください!」

と、いつもの図々しいお願いをしてご紹介いただいた。

当時、パワードコムの再生に取り組まれていて、
とてもお忙しい時期だったにもかかわらず、
秘書の方経由で、スケジュール調整をお願いして
器ながや」で食事をしたのだ。

野呂さんは、僕が何者なのかも殆どご存知なく、
Mさんからの紹介だからと気さくにお話をしてくださった。


その時に聞いたお話が、この本にも書かれているのだが、
僕の心に深く残っていることが2つある。

一つ目は、IBMの営業マンだった野呂さん(29才)が、
会社を立ち上げようと、当時のSAPジャパンの中根社長に
「SAPの西日本エリアにおける販売権を譲ってください!」
と直談判したこと、

二つ目は、パワードコム社長に就任した中根さんから、
「野呂ちゃん、パワードコムの再生をやるんだけど、手伝ってよ!」
と言われて、
「はい!」
と即答したことだ。


「とんでもなく優秀&面白い人だなぁ。
 こんな人をスカウトできたら・・・と思う反面、
 僕なんかの話を聞いてくれるわけがない・・・、
 『北田さん、もっと良い案件を持ってきてよ!』
 って言われそうだな・・・、こうやって、一緒に
 食事をしてくれただけでも、ありがたく思わないと!

それにしても、『良材(良い材料)』とは、野呂さんは
名前そのものの人だなぁ・・・。」

と、その時、僕は思ったのだ(今も思っているが・・)。


詳しくは、野呂さんの本を読んでください。
「なるほど!」、
「自分の周りにも同じようなことが・・・」etc.
と思うこと、勉強になることが、たくさん書かれています。

続きを読む "29才で直談判! - 営業権を譲ってください!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-15

人と人がぶつかりあって・・・

新幹線の中で、何気に「WEDGE8月号」を手に取って
パラパラとめくって見た。

原丈人さん の記事が目に飛び込んできた。

15年位前だったと思うが、原さんは、アメリカで
活躍されていた有名なベンチャーキャピタリストで、
日本企業へも積極的に投資を始めていた時期で、
テレビやマスコミに時々登場していた。

偶然その頃に、原さんと従兄弟だという人に
お会いする機会があって、

「原丈人さんに会わせてください!」

と図々しくもお願いしたのだが、僕ごときの人間に
会ってくれるはずもない(当然です!!!・・・笑)


WEDGEには、原さんが、光ファイバーを使った
超大型ディスプレーのビジネスを立ち上げた時の
ことが紹介されていたのだが、その中で・・・。


続きを読む "人と人がぶつかりあって・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-14

エンジニアの悩み・・・

最近、転職相談に来たエンジニアの人達の悩み・・・。


「ユーザーが求めていることと、社長がやろうとしている
 方向が違ってきているように思う。」

「社員の半分以上の人が遊んでいる。
 売上に直結する仕事をしているのは、少数の真面目で
 実力のあるエンジニアだけだ・・・。」

「社員が少数の時は、社長が部門を回ってきて、
 『どうだ?頑張ってる? 何やってるの?
  こんな面白い開発をやってみないか? .etc』
 気楽に話せたりして、身近に感じられたのに
 今は、遠い存在になってしまった。」

「実際の開発は、どんどん外部に委託して、社内の
 ノウハウがどんどん流出して、社内では何も開発
 できなくなっている。」

「実際の実力での採用ではなく、高学歴&大手企業出身と
 いうだけで採用していて、実際にその人をあずかる現場は、
 困っている。」

「採用前に約束していた仕事とは違う部門に配属された。」

「いつまで経っても末端での開発で、リーダー的な仕事、
 システム的な仕事をさせてもらえない。」

「来る日も来る日も開発に明け暮れているが、もっと勉強したり、
 教育を受けたりする機会が欲しい。」

「尊敬できる優秀な先輩エンジニアが少ない。」


まだまだ、いろんな悩みはあるのだが・・・。

エンジニアの転職事情、今は完全な売手市場!!!

企業は、こういうエンジニアの悩みを少しでも解決できる
環境を、いち早く用意して、優秀なエンジニアを集めて
もらいたいと思う。


まだまだ、隠れています。
企業が本当に必要としている優秀なエンジニア!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-13

趣味が仕事に! 電動飛行機ラジコン

060809_163055_m


リトルベランカの小林社長にお会いした。

「これから始めたい50歳代、60歳代の人達に
 ラジコン飛行機を普及させたい!」

・・・とそんな思いで、外資系企業の経営幹部を
退職して、創業されたそうです。

小林社長のことが、「ドリームワーク実践者25人
という本に紹介されています。


市ヶ谷のショップにお邪魔すると、天井から
綺麗なラジコン飛行機が、何機か吊るされていて、
思わず楽しくなるというか、子供に戻った気分に
なるというか・・・、

「僕も飛ばしてみたいなぁ・・・」

と思ってしまうのは、僕だけでしょうか?


「でも、操縦に失敗して、すぐに壊してしまいそうだなぁ・・」

「操縦シミュレーターがありますから、十分に
 練習することができますよ!」

「お値段は?」

「機体だけだと、一番大きいもので2万円位で、
 その他、操縦器など、もろもろを入れると
 9万円位でしょうか・・」


お会いしてすぐに小林社長が話してくれた言葉が
印象に残った。

「『趣味を仕事にするなんて、羨ましいですね』
 とよく言われるんですけど、

 いろいろ苦労はありますよ。

 でも、これで夢を与えるというか、楽しんで
 もらいたいのに、深刻な顔をしていたら
 お客さんが来なくなっちゃいますよ・・・。」

皆さんも、一度、ショップに立ち寄ってみてください。
「やってみたい!」と思うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-11

福岡・広島の人材事情・・・。

1年ぶりとは言わないが、半年以上ぶりなことに違いない。
以前からお声を掛けてもらっていた人達が気になって、
夏休み前に、福岡と広島を訪問した。


福岡のベンチャーキャピタルの人の話。

「私達も、ベンチャー企業に人材を紹介しようとするけれど
 年収レベルが低くて、なかなかうまく行かない。

 経理・財務の責任者・・・と言っても、年収600万円位、
 年令も45才以上になると、簡単に断ってくる企業が多い。

 東京や大阪からのUターン希望者や、地元の1部上場
 企業の人材は、年収が高くて・・・。 

 株式上場経験者を採用するのは、不可能に近いので
 若くて元気があって、経理の基礎ができていれば・・・
 と言うのが、正直なところ・・・・・・。」


福岡の人材紹介会社の人の話。

「東京のように、企業が人材採用にたくさんのお金を
 支払うことが少ない。

 東京では、年収の30%が平均だと思うが、福岡では
 20%や15%というのが、通常だと思ってください。

 東京が羨ましい。」


広島の人材紹介会社の人の話。

「最近は、地銀の人達が転職相談にくることが多い。
 年令35才~45才の中堅クラス・・・。

 凄くできる!という感じではないが、筋が良いと言うか
 そもそも、力がある人達なので、何とか紹介したいのだが、
 広島を離れたくない人が多くて・・・。」

「中国やフィリピンの外国人労働者が増えている。
 製造業や食品加工業・・・。」


東京とは随分異なる現実がある。
その中で、頑張っている人達がいて・・・。

考えさせられることも多く、凄く勉強になった。

時々は、地方の人達との情報交換も必要だ!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-04

上司になる人の人柄・・・

昨日、お話したYさん

その後、3社の最終面接に臨んだのですが、
面接というよりは、企業側からの説得大会というか、
最後にYさんのハートを射止めるのは?

「転職先の会社ですが、さんざん迷いました結果
 C社にしようかと思います。

 本来考えていた業種とは異なったため、かなり
 迷いましたが、決め手は上司になるMさんの
 お人柄がとても好印象で、この人の下で働いて
 みたいと思ったことです。

 正直、システム開発を行うと言うことにも未練を
 感じるのですが、心機一転新しい分野に挑戦して
 みようと思います。

 現状、Mさんのお話を伺ったところ、かなり大変そう
 なのですが、ここは覚悟を決めて頑張りたいと思います。」


僕は大変驚きました。
あれだけ、「開発がしたい!!!」 と言っていたYさんが、
最も開発の比重が少ないC社を選んだのです。


わからないものです。

これだから、この仕事は面白い!
勝手に決め付けてしまってはいけません。


続きを読む "上司になる人の人柄・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-08-03

おばさんになっても、開発をしていたい!

「おばさんになっても、システムの開発を
 やっていたいと思っています。

 50才を過ぎたら、そんな考えの人間を
 集めて、会社をつくれたらなぁ・・・。

 そのために、新しい言語やシステム作りに
 どんどんチャレンジできる会社が良いです。

 今は、調整係りのような仕事で、全然、
 面白くないんです。

 とにかく、作っていたい!!!」


そう言って、転職相談に来られたYさん。

「面白いことを言うなぁ・・・。
 でも、Yさんなら本当に実現しそうかも?」

・・・と思った。


そんなYさんに、それぞれタイプの違う会社を
3社紹介した。

A社 : 新規設立会社でWebシステム開発
B社 : 大手子会社でWebシステム開発
C社 : サービス会社の社内システム開発・運用

それぞれ2回の面接が終ったところで、企業側は
3社共に、「是非採用したい!!!」とラブコール。


さて、Yさんの選択は?

Yさんの「開発したい!新しい技術も身に付けたい!」
という言葉から、僕の予想だと、

 B社 → A社 → C社

の順に可能性が高いと思っていた。


Yさんと会って考えを聞くと・・・

「うーーん、悩ましいところですが、
 無理に順番をつけるとすると、
 
 A社 → B社 → C社

 かなーー? 」

(この続きは次回!)

続きを読む "おばさんになっても、開発をしていたい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-08-02

ぐるぐるぐる・・・

この2日間は、ちょっとヘビー・・・。

昨日は、名古屋・大阪へ出張。

名古屋では、2時間の打合せを2回、
ゆっくりする間もなく、新幹線の飛び乗り、
大阪駅近くで、先月、某社へ転職したTさんと食事、
さらに、転職相談に来ているYさんと軽くビールを
飲みながら・・・。

大阪泊だったが、今朝6時台ののぞみに乗って、
朝一番の来客に・・・。

その後、外出して、溜池山王、麹町、新宿と移動して、
やっと会社に戻って、メールを返信、ブログ・・・。

この後に、まだ、1人お会いする。

お蔭様で、忙しい時間を過させてもらっている。


そうそう昨日のYさんとの話・・・。

「人材会社に紹介されたS社があるんですが、
 今の会社の同僚が、以前いた会社なんです。

 『大変ですよ・・・』って言われました。」

面白いですね。

S社からK社に転職してきた人がいて、
K社を辞めて転職しようと考えている人が
人材会社の紹介で、S社の面接を受けて
今まさに内定しようとしている。

人ぞれぞれ、合う合わないがあるとは思うが、
関西には、もう少し別の求人情報がないものかと
思ってしまうのだ・・・。

意外に、ぐるぐる情報が回っている・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »