« 大連からの電話 - カルチャーショック! | トップページ | 幸せ沿線希望! »

2005-11-24

喪中ハガキ・・・同期の死

今日は、悲しいお話です。

1通の喪中ハガキが届きました。
富士通の同期入社で親しくしていた
黒田清彦くんの奥様からでした。

「夫 清彦が5月1日に47歳で永眠
 致しました ・・・・・ 。」

僕は信じられなかったし、亡くなってから
半年以上経過しているのに、彼の死を
自分が知らなかったことが、ショックで・・・。

なかなか眠れませんでした。

奥様には、とても直接電話はできないので、
Eメールを出したのですが、それだけでは、
落ち着かなくて、やっぱり同期の河合くんと
神舘くんに電話してしまいました。


黒田くん、河合くん、神舘くんと僕の4人は
富士通の新人研修時代からのお友達です。

一緒に、工場実習をし、COBOL研修を受けた仲です。

河合くんは、月亭可朝似(本人は、嫌がってます)で
通信ソフトの開発をやっていて、米国にも駐在し、
今は、関連会社へ出向して、愛知県で仕事をして
います。

神舘くんは、柳ジョージ似(本人は気に入っている)で、
端末設計をやっていたが、5年で富士通を辞めて、
外資系金融システム会社へ転職、今は、ベンチャー
企業で仕事をしています。

黒田くんは、通信ハード開発(交換機)をやっていて
最近は、「景気が悪い」といつもぼやいていました。

彼らは、富士通時代から付き合っている数少ない
大切な友人なのですが、これを機会に、お互いの
健康に関して留意しなければならない・・と
思うのでした。


近々、一度、河合君、神舘くんと僕の3人で集まろう!
ということになりました。

皆さんも、健康には十分注意しましょう!!!

|

« 大連からの電話 - カルチャーショック! | トップページ | 幸せ沿線希望! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/7289990

この記事へのトラックバック一覧です: 喪中ハガキ・・・同期の死:

« 大連からの電話 - カルチャーショック! | トップページ | 幸せ沿線希望! »