« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005-11-30

仕事が楽しいなんて、思ったことがない!

ITベンチャーの営業をやっている若者に会った。


「仕事が面白くなくなった」

と、自分が尊敬している凄く仕事ができる
先輩マネージャーに相談したら、

「仕事が楽しいだなんて、思ったことはない!」

という返事が返ってきて、ショックを受けたらしい。


あんなに活躍しているのだから、きっと楽しいはずだと
思っていたのに・・・。


仕事は楽しい時ばかりじゃない。

売上げが上がらなかったり、トラブルが発生したり、
お客さんや上司に叱られたり、仕事を放ったらかして、
逃げ出したいこともある。

長い長い人生、サラリーマン生活、いや、経営者に
なっても、悩みは尽きない。

その都度、周りの人達に助けられたりしながら、
乗り越えて行くのだけども・・・。


仕事はいつも楽しいものだ・・・とか、
楽しくなきゃいけない・・・とか

・・・思っていると、楽しくなくなった時が大変・。

「楽しくないものだ!」 と思っておけば、
いろんな問題も頑張ってクリアして行けるし、
本当に嬉しいことがあれば、その楽しさも
倍増・・・いや、もっともっと楽しく感じるのだ。


そういう僕は・・・・というと・・・

続きを読む "仕事が楽しいなんて、思ったことがない!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005-11-29

「きただの転職相談室」開設!

今日から、ブログをご覧頂いている方々対象に
きただの転職相談室」を開設しました。
(画面左上のバナーをクリックして下さい。)


●現在、具体的に転職を考えている人

●転職活動を始めたけども、企業の内情などの
  情報が少なくて、判断しかねている人

●今の会社に不満はあるけども、転職活動を
  しようかどうか悩んでいる人

●もっと、世の中の実態を知りたい人

●転職するつもりはないが、今の会社での
  キャリアプランに悩んでいる人

●「是非、自分をスカウトして欲しい!」 という人

●年収をアップさせたい人

●仕事のレベルを上げたい人

●Uターン・Ⅰターンを考えている人  
                        etc.


ご自身のキャリア、仕事、転職に関することなら
何でも気楽にご相談ください。


平日の夜、土日、僕のできる限りの時間を使って、
必要とあれば、全国どこへでも馳せ参じます。


皆さんからのご相談を心からお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もてる男性、もてる女性になる!

元ザ・リッツカールトン大阪営業統括支配人の
林田正光さんが書かれた

リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと

という本を読んだ。


特に、印象に残っていることが2つある。

まず一つ目は、
「第4章 
 リッツ・マンに負けない魅力ある自分を作る」
に書かれている。

「顔、形は親からの授かりものですから
 変えようがありません。自分の内面や
 おしゃれ、明るさ、会話力、そういった
 もので魅力ある個性、パーソナル・
 アイデンティティを作るのです。

 魅力=個人のブランド 
 あなた自身がブランドになること・・・。」


うーーん・・・
僕らの仕事もまさに個人ブランドが勝負!

そして、もう一つは・・・、

続きを読む "もてる男性、もてる女性になる!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-26

幸せ沿線希望!

自宅が日吉(東横線)、勤務先が木場(東西線)の
女性に「通勤はどういう経路で?」と聞いた時のこと。


「木場から茅場町で日比谷線に乗り換えて、
 東横線の日吉まで、ドアtoドアで1時間ちょっと
 でしょうか?

 銀座、六本木、広尾、恵比寿、自由が丘・・・。

 いい駅を通るんです。
 そう、幸せ路線なんです!!!」


僕は思わず、

「うまく言うねぇ!
確かにお洒落な町を通っている。
ブログネタにいただきます。」


そういう目で見てみると、日比谷線いいですね。

日比谷線以外に、そういう路線はあるかなぁ?
あったら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-24

喪中ハガキ・・・同期の死

今日は、悲しいお話です。

1通の喪中ハガキが届きました。
富士通の同期入社で親しくしていた
黒田清彦くんの奥様からでした。

「夫 清彦が5月1日に47歳で永眠
 致しました ・・・・・ 。」

僕は信じられなかったし、亡くなってから
半年以上経過しているのに、彼の死を
自分が知らなかったことが、ショックで・・・。

なかなか眠れませんでした。

奥様には、とても直接電話はできないので、
Eメールを出したのですが、それだけでは、
落ち着かなくて、やっぱり同期の河合くんと
神舘くんに電話してしまいました。


黒田くん、河合くん、神舘くんと僕の4人は
富士通の新人研修時代からのお友達です。

続きを読む "喪中ハガキ・・・同期の死"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-22

大連からの電話 - カルチャーショック!

中国の大連に出張している道明から電話・・・。

「いやー、カルチャーショックを受けました。
中国の人達の意欲というか、
日本で働きたい! という積極的な気持ち、
日本の若い人達に聞かせてやりたいですよ。」

僕は、その言葉を聴いた瞬間に
「彼に行ってもらってよかった!!!」
と思った。 嬉しかった!


「中国の人達は、大したことないですね。
日本で働くのは難しいです。」

というような知ったか振りというか、
見下したコメントであったら、
僕は、どんなにガックリ来ただろう・・・。


人間誰でも、自分の体験をベースに、
意見を言ったり、行動したり、判断したり
しているのだが、体験にだけ縛られていては
成長が止まってしまう。

新しい体験、未知の体験を、如何にたくさん
経験できるか、そういう環境に自分を置けるか、
俗に言うと、「未体験ゾーンに突っ込んでいけるか」が 
勝負のような気がしている。


思えば、僕も10数年前・・・。

続きを読む "大連からの電話 - カルチャーショック!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-21

楽しい「たつべー杯」!?

051119_174435_M

先日、K社のUさんが主催するゴルフコンペに
参加してきました。

このコンペは、UさんがT社の大阪勤務時代から
続いていて、今回で53回?だそうです。

僕も大阪の頃から参加していますが、いつも
楽しくて、賞品争奪ジャンケンなんかがあって
大いに盛り上がるのです。

当然、K社の社員の方が多く参加されていて、
僕のような取引先の人間もいるのですが、
本当に和気藹々というか、社内外に関わらず
思いっきり楽しいのです。


いろんな会社のコンペに参加しますが、
この楽しい雰囲気は、他にはないのでは?と
いつも思っています。

社外の人間でも、自然に溶け込める。

やはり、Uさんのお人柄というか、人望でしょうか?
社風でしょうか?

仕事では、いろいろあるんでしょうが、
こういう時は、大勢で思いっきり楽しめるのが
良いですね。

K社の皆さん、大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

RIMG0151


RIMG0168


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-18

新卒 悪の3K

今日は、またまた優成コンサルティングの
セミナーに行ってきた。

講師は、ザメディアジョンの山近社長
タイトルは、「中堅・ベンチャー企業のための
人材採用戦略セミナー」

熱く語る山近社長に圧倒されながらも、
「新卒も中途も同じ視点で、人材を見ているな!」
と実感・・・。

面白かったのは、「新卒、悪の3K」

「給料」、「教育」、「休日」について
最初から、質問する学生はダメだし、

会社説明会で、この3Kを一生懸命
説明する企業もダメ・・・。

フムフム・・・中途も同じ!!!


この他にも、いくつか僕の心に残る
言葉があったので、列挙して見ます。

続きを読む "新卒 悪の3K"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005-11-17

お父さんは、メカニック!

先週、相談に来られたSさん。
某ネット系の会社で、法務のお仕事をされている。

何となく緊張した面持ちなので、趣味の話をしたところ、
小学生の息子さんが、ラジコンカーの日本選手権に
出場すると言う。

「キッカケは何ですか?」

「息子と2人で、車のプラモデルを作って楽しんでいたけど、
 動かないのがつまらなくなって、ラジコンカーを買うことに
 なったのだけれど・・・。

 遊ぶようになると、自分よりも息子の腕前がグングン
 上達して・・・。

 結局、私は、操作するのを諦めて、息子に・・・。
 息子は全国大会になるまでに・・・。

 私は、メカニックを担当しています。

 大会の参加費用は、20万円で、銀行口座から
 降ろしてきました。

 今週は、休暇を取っています。」


実に楽しいそうに、生き生きした表情で話してくれた。

趣味の話をして良かった・・・。


Sさん、応援しています。 頑張ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-16

社長の平均年齢は、51.7才!?

今年、株式上場を果たした会社の社長さんの
平均年齢です。

意外!!!
もっと、低いと思っていたけど・・・。


優成コンサルティング主催の「株式公開分科会」の
セミナーでの、フィナンテック・コミュニケーションの
西堀社長(東京IPO編集長
)のお話です。


ちなみに、1999年~2005年の間に株式上場した
社長さんの年齢別人数は以下の通りだそうです。

20才代 7
30才代 110
40才代 247
50才代 341
60才代 233
70才代 53

またまた驚き! 70才代が 53人も!!!

若い社長さんのサクセスストーリーが
大きく取り上げられているが、実態は・・・
ですね。

でも、1999年の平均年令が、55.4才なので
少しずつ平均年齢は下がって来ています。


そこで、もう一つ!!!

会社が設立されてから、株式上場までの
経過年数の平均は、どれくらいだと思いますか?

続きを読む "社長の平均年齢は、51.7才!?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-11-15

人の元気に酔う幸せ。

日本リガメントという会社の方から、
芋の元気」という芋焼酎を頂いた。

元気の素プロジェクトが、世に送り出した
オリジナル品らしい(非売品)。

僕がドキっとしたのは、箱に張られたラベルに
書かれていた

「人の元気に酔う幸せ。」

という言葉だ。


人材ビジネスに携わる人間の気持ち、いや、
僕だけかもしれないが・・・。

「たくさんの人の元気に酔ってみたい!
自分の元気でたくさんの人を酔わせてみたい!」

・・・と、僕も思うのだ。


そして、タイトルの下に以下の文章が・・・。

続きを読む "人の元気に酔う幸せ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-11

B型人間は大嫌い!?

昨夜、久しぶりにクライアントのYさんと食事をした。


「えー、北田さん、B型なのー!?
 嫌な奴だねー!
 自分の話はしても、他人の話は全然聞いていない!
 マイペースで自己中心!」


血液型の話になると、B型は責められること多い。
良く言われたことが、記憶にない・・・。

周囲の人間に、多大なる迷惑をかけているらしい。


最近は、それを掴みにして話題を盛り上げることが
できるようになったが、掴みにすること自体が、
B型らしい・・・そうだ。

どう弁解しても・・・、無駄・・・(涙)


そう言って僕を責めた、Yさんの奥さんも子供さんも
全員B型で、Yさんは、O型らしい。


皆さん、B型の良い所を教えてください。
・・・え? ない!?  そーですかー・・・。
 

続きを読む "B型人間は大嫌い!?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005-11-10

男性なんかに任せておけない!

先日お会いしたある社長さん

「北田さん、男性はいらない!
 女性で一生懸命やってくれる人が欲しい!

 男性は、目標達成していなくても、平気な
 顔をしてるし、詰め寄ると言い訳ばっかり!

 男性には、懲りました!」


「たまたま、採用した人がそうだったんですよ。
 男性でも良い人はいますよ。」

・・・と返したものの、確かに最近、

「女性が欲しい!!!」

という求人が多くなっていることも事実だ。


続きを読む "男性なんかに任せておけない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-09

初対面の印象とは・・・

「おかしいなぁ・・・。
最初に会った時のイメージとは違うなぁ。」

・・・そんな風に思うことも多い。

僕らの前では、パリっとして受け答えが
できていても、いざ企業との面接になると
ガラっと変わって、話ができなくなったり、

電話では明るく元気で、イメージが良くても、
実際に会ってみると、モゴモゴ・・・。

初対面の印象は大切だけれど、それだけでは
判断できない・・・。


続きを読む "初対面の印象とは・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-07

専務の後任?

「専務が、社長の思ったように動いてくれないので
 後任を探しています・・・」

・・・とヘッドハンティング会社に言われたのだけれど、
いざ入社してみると、ポジションは、専務付き、
いろんな提案をしても、専務は知らん顔、言うのは
「もっと、うちの業界の勉強をしなさい・・」、
社長に相談に行けば、「専務と相談してくれ・・」・・と。

疲れた感じで、相談に来たTさん。

社長は、最初から専務を変えるつもりはなかったん
だろうな・・って、僕は思う。

それを迂闊にも信じてしまったTさんにも甘さはあるが、
その気もないのに、採用してしまった企業側の責任は
どうなるのか? ヘッドハンティング会社の責任は?
いろいろ考えてしまう。

きっと、お互いに何か事情があったのだろう・・・。

本当にいろんなことがある。この仕事をしていると・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋が、かなり面白い!

最近、名古屋への出張が増えている。

名古屋と言えば、

「自動車業界が好況だから・・・」とか、
「よそ者を受け入れてもらえない・・・」とか、
「閉鎖的では?・・・」とか、

先入観を持っていたのだが、何度も通って
いるうちに、

「自動車業界以外も、かなり熱い!」
「関東、関西、九州など、他の地域から来て、
活躍している人がたくさんいる」

・・・ということが、わかってきた。


ベンチャーの社長さんたちも、楽しくて
アイデアマンで、エネルギッシュな人が多く、
これからも注目して行きたいと思っている。

関東や関西で活躍している人でも、
一度、名古屋に行って一旗上げるというのも
面白いと思うのだ。


スカウト情報の一部を紹介しますので、我こそは!
という方は、ご連絡ください。

続きを読む "名古屋が、かなり面白い!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-11-05

ファミタク - コンビニと卓球

051105_123521_M


先月、会社の近くにオープンしたファミリーマート・・。

「目と鼻の先に、既にファミマがあるのに、
 こんな至近距離で競争してどうするの?」

と思っていたのだが・・・。


お店の前に、写真の看板が!!!
店内に入り、すーーーっと奥に行くと
ガラス張りの向こうに卓球台が6台!

覗いてみると、学生風2人組みが、
結構、必死に卓球をしていた。


「やりたいなぁ!」

・・・と思ったが、僕1人だったので、
今度、誰かを誘って来てみよう。


皆さんも、神保町にお越しの際は、
当社事務所と、ファミタクにお立寄り
ください。

お1人の場合は、僕がお相手します。

051105_123636_M


| | コメント (0) | トラックバック (1)

組織は人を作らない!

「どいつもこいつも、組織にぶら下がっている
 奴ばかりだ! 周囲で問題が起こっていても
 自分の責任じゃない!とばかりに知らん顔。

 お客さんの工場が動かなくて困っているのに
 誰も腰を上げようとしない・・・。

 人は組織を作るけど、組織は人を作らんな!」


いつもぼやいている社長がいる。
自分の会社の社員にではなく、取引先の
大手企業(製造業)の社員に対してだ・・・。

確かに、組織が大きくなって、分業化が進むと
セクショナリズムが出てきて、部分的には
業務の効率化は図れるが、全体的なシステムと
しては、いろんな問題が出てくる。

組織が大きく、確固なものになればなるほど、
責任と権限を持って、プロジェクトをマネージメント
する優秀な人材が、育ちにくく、不足気味になるのだ。


「日本の製造業は、ますます衰退する!
 中国にやられてしまう!」

・・・と、その社長はまたまたぼやくのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-03

流されるのも大切な能力!

「おまえは、リーダーシップを取って
会社を引っ張って行けるようなタイプでは
ないんだから、勘違いして、偉そうに
能書きばかり言っていないで、
目の前の仕事をしっかりやるように
心がけろ!

自分では、イニシアティブを取れなくても
リーダーの下で、コツコツやる人間も
会社には必要なんだから!

流されるということも、大切な能力だよ!」


ある会社の役員が、転職していく元部下に
贈った言葉だ。

確かに、みんながみんな、役員になれる
訳ではないし、会社には、いろんな役目の
社員が必要だ。

自分なりの生きて行く方法を見つけ出すのも
仕事を面白くするために、重要なポイントかも
しれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-11-01

社長の右腕は難しい!

「社長の右腕になれる人を探して欲しい!」

僕らの所に、こういう求人がたくさん寄せられます。

殆どは、社長さんが孤軍奮闘していたり、急激に
事業が伸びて、社長が全てに関与できなくなって
来ている時だったり、逆に、事業に行き詰まり感が
出てきている場合だったり、・・・etc. 求人の
理由は様々だ。


先日、ある人に、
「E社が社長の右腕を探してるんだけどどう?」
と話したところ、

「社長の右腕という求人は、難しいよなぁ・・って
仲間と話しているんです。なんだかんだ言っても
社長の意向に左右されることが多く、なかなか
自分の思い通りにならない・・・。
自分で独立した方がいいよね・・・」

そうです。それが当たり前なんです。

社長の右腕と言うのは、誰にでも簡単にできる
仕事ではない。

時には自分を押し殺したり、社長と議論を
しなければならなかったり、・・・。

いろんな経験・知識も、人を見る目も、実行力も
信用される人柄も、必要とされる。

え? 難しいことばかり? いえいえ!

なぜ「社長の右腕」という仕事は面白いのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »