« 失敗することを期待される! | トップページ | コールセンターの人集め・・・ »

2005-07-02

社長からの熱いラブコールがなくなってきた・・・

ある上場会社の社長の一言・・・。

「僕と仕事がしたいと思って、入社してくる人は
求めていません。。それよりは、このビジネスで
世の中の役に立ちたい!ユーザーに喜んで
もらいたい!と言う人の方が面白いと思います。」

この一言で、僕がずっと持っていたある疑問が
解けたような気がした。

・・・というのは、採用面談で、特に社長との面談で
「私と一緒にこのビジネスをやろうよ!」
あるいは、「一緒にやってくれないか!」
という、候補者へ熱いラブコールを贈る社長が
少なくなってきたような気がしていたのだ。

特に、優秀な人材をスカウトする場合、社長からの
熱いラブコールが、その人の心を動かす大きな要因
なのだ。

それなのに、どうして・・・?
その疑問が解けました。

株式上場を果たした、20才代、30才代の若い経営者の
人達は、ずっと今の会社で経営者として、君臨しようとは
思っていないような気がした。

会社をある程度の規模にまで成長させれば、経営からは
身を退き、自分が保有している持ち株を売却し、新たな
ビジネス・会社を立ち上げようと考えているなと感じた。

「北田さん、今頃、そんなこと言ってるの?」と言われそうだが
「それでいいのかなぁ・・・」、「もっともっと大きな企業にして
ほしいなぁ・・・」という気持ちが僕の心の隅に残っているのも
確かなのだ・・・。

皆さんは、どう思いますか?

|

« 失敗することを期待される! | トップページ | コールセンターの人集め・・・ »

コメント

俺は55になったらやめます。
しかしその後っちゅ~てももうないか。

投稿: さかなやおやじ | 2005-07-03 20:28

そういえば、吉田さんがこの前、和歌山に来た時に言ってました。大きくなれば大きくなるほど、自分の会社ではなくなるって。

投稿: カフェマスター | 2005-07-05 01:24

さかなやおやじさん

いつもありがとうございます。
僕も55才くらいで引退したいなぁ・・・。違うビジネスもやってみたい。仕事は年令じゃないです。元気&向上心だと僕は思います。

カフェマスターさん

いつもありがとうございます。
株式上場するということは、パブリックカンパニーになるということですからね・・・。
でも、「一緒にやろうよ!」という一言は欲しいですね。

投稿: 北田 | 2005-07-05 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/4791720

この記事へのトラックバック一覧です: 社長からの熱いラブコールがなくなってきた・・・:

« 失敗することを期待される! | トップページ | コールセンターの人集め・・・ »