« 可能性を信じない!? | トップページ | 新幹線の中から・・・ »

2005-05-30

外資系企業からの引き抜き電話・・・

「最近、外資系のC社から、社員に直接引き抜きの電話が
掛かってきて困ってるんです。

C社の役員・部長クラスから電話が入ったり、C社から依頼
されたという人材会社から電話が入ったり、

C社は何を考えているんだろうね・・・。」

A社の人から相談を受けた。

それにしても露骨なやり方だ。
特定の人をターゲットにしているのではなく、ほとんどの
営業マンに電話が掛かってきているらしい。

よく聞いてみると、

「C社の売上げが伸び悩んでいて、それはA社が原因で、
特に地方でやられている・・・」

と言うことらしいが、

「うちとC社が、ビジネスでバッティングしていることは、殆ど
ないと思うのだけれど・・・。」

とA社の人が不思議そうに言う。

最近、A社からC社に転職した人がいるので、その人から
情報が出ているのかもしれないが・・・。

こういうことを聞くと、

「C社も末期状態かな? 

日本法人の社長さんや役員さんが、自分達の延命のために
最後のアガキをしているのかな?

その気になって転職してしまったら、兵隊さんとして扱き
使われて、使い捨てにされてしまうのだろうな・・・。」

なんて、考えてしまうのだ・・・。


皆さん、こういうのにひっからないでくださいね。
良い情報は、こっそり、本当に話したい人にだけに
提供されるものなのです。

もちろん、こういう話に乗っかる時は、相手の状況を
知っていながら、それを逆手にとって、相手に交渉して
いく「強かさ」を持っていて欲しいものです。

|

« 可能性を信じない!? | トップページ | 新幹線の中から・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/4340872

この記事へのトラックバック一覧です: 外資系企業からの引き抜き電話・・・:

« 可能性を信じない!? | トップページ | 新幹線の中から・・・ »