« お酒と和食と本の店 | トップページ | クオリカ社長杯 »

2004-12-03

コミュニケーション力不足

爽やかな外見、真面目な性格なので、何とか再就職をさせて
あげたい人がいる。ただ、コミュニケーション力が不足している
ので、心配して面接に立ち会った時のことだ。

事前に、1)しっかり相手の話を聞くこと、2)自分が体験して
きたことをそのまま答えること、等をアドバイスして、いざ面接に
出向いた。

ビルに入ろうとした時に、面接相手の部長とエレべーターで
一緒になったのだが、辛うじて挨拶をしたものの、僕が部長と
話している間も、顔を背けたままで、会話にも加わってこない。
ああ、緊張しちゃってるのかな?と思いつつも、面接の部屋に
入った。

面接の相手は、2人の部長さん。非常にザックバランな言葉で
彼が実際に携わってきた仕事に関して、質問してくださっている。

ところが、自分の体験を話すのではなく、在籍した会社全体の
ことを説明してしまったり、その結果、自分がわからないことまで
一生懸命答えようとして、話の内容に矛盾が出てきてしまい、
自ら墓穴を掘ってしまう。
結局、彼は面接の間、平常心を取り戻せないと言うか、自分の
良いところを発揮できずに、面接が終了した。

面接の部長は、「わからないことは、わからないと答えたら
いいんだよ。今回の募集は、経験不問だから、今までの体験を
どう生かして行こうと考えているか、貴方の考えを知りたいし、
そういうコミュニケーションを取れる人を探しているんだよ。・・・と
いうことで・・・」と優しく言ってくださった。

僕は、「申し訳ありません。夜の遅くに貴重な時間をいただいて
ありがとうございました。」と深く頭を下げた。

その帰りに、彼と居酒屋に入って反省会をしたのだが、「今日の
面接は90%ダメでしょうか?」と彼が聞いたので、「100%ダメ
だよ」と僕が答えた。

彼の場合、社会人になってから、相手は何を言おうとしているのか、
わからなければ質問するとか、自分がやっている仕事に対して、
深く考えたり、etc.という経験が少なかったんだろうと思う。

いろんなことに疑問を持って、なぜだ?どうしたらうまく行くのか?
こんなやり方もあるのでは? と何才になっても忘れてはならない。

インターネットの普及で、メールや文字での表現は向上しているが、
接近戦での直接コミュニケーション力を磨く必要がある人が、
益々多くなってくるように思う。 

|

« お酒と和食と本の店 | トップページ | クオリカ社長杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/2141929

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション力不足:

« お酒と和食と本の店 | トップページ | クオリカ社長杯 »