« 僕が聞きます! 会社・上司への愚痴 | トップページ | 故郷(和歌山) »

2004-12-19

仲間と離れることの重要さ!

この3年間、ずっと一緒にやってきた仲間4人との関係を
どうするか? 悩んでいる人がいる。

彼を含めた5人は、某周辺機器メーカーで知合い、その後、
ベンチャー企業に転職、ところが、脆弱な財務内容で、
再度、ソフトハウスに転職したのだが・・・。

いずれも、相手企業は彼の技術力に注目し、それによって
他の4人も一緒に採用してくれた。4人のうち2人は営業だが、
なかなか実績が上がらない。彼は2人のエンジニアと必死に、
「取り敢えずの飯」を食うために、奔走している。

一方、ソフトハウスそのものも、派遣を主体にしており、
決して儲かっているとは言えない状況で、彼らのグループも
独立採算を求められている。

僕は、「仲間を切って、別々の道を歩んで行った方が、お互いの
ためになるし、それぞれが自立できれば、また、一緒に仕事を
しても良いじゃないか!」と彼にアドバイスをしているのだが、
「営業の2人は、食べていけないかも知れないし、自分が頑張って
なんとか食べさせて行きたい・・・」というのだ。

一方、彼も本心は、「自分にそこまでの能力がない?もう限界だ」
とも思っていて、悩んでいる。

ずっと一緒にやってきた仲間を切るのは難しい。
義理・人情も大切だ。
しかし、共倒れになってしまってはどうしようもない。
僕は、「申し訳ない!」と彼が仲間に頭を下げて、お互いに
別の道を進むことを願っている。

お互いの将来のために、辛い決断をしなければならないこともある!


|

« 僕が聞きます! 会社・上司への愚痴 | トップページ | 故郷(和歌山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51902/2318089

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間と離れることの重要さ!:

« 僕が聞きます! 会社・上司への愚痴 | トップページ | 故郷(和歌山) »